2019年03月31日

9出ましたねぇ

今んとこ、買う気にはなれないですねぇ
騎手や調教師との人脈がなかなか広がらない、とかは、ある意味リアルですし昔のウイポみたいでそれはそれで楽しめそうではありますが、
先方から押し掛けてきて出逢うイベントがなくなったとか、厩舎の所属騎手なのに出逢いイベント発生しなきゃ知り合えないとかで、絆コマンド強要されるのは何か違うだろうと
そして91年にゲーム開始って設定で、開始時に持てる馬がレオダーバンかシャコーグレイドの二択のみで、引き継ぎプレイだろうがどうにもならないというのはかなり悲報
どっちもまあまあ好きな方の馬ですが、トウカイテイオーもナイスネイチャも持てない、まして1歳上のヤマニングローバルは絶対に無理とか、何がプレイの多様性だよと(笑)
グローバルが持てるか持てないかでやる気全然変わるんだなあと痛感したのでした
3でもパック版ならオリジナル種牡馬で持てたぞ(笑)
posted by ムノー at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

確立状況1988

3月の、未勝利戦も、ドベだがや
まあ先月の時点で予想は出来てましたが、やっぱり悔しい
早く代わりとなる馬を作らないといけませんがまだ88年の種付け中なのです
オートでサクサク進めることができそうなのはまだ5年はかかりそうです
トウショウボーイとロイヤルスキーが確立、ニジンスキー(とネヴァーベンド)が昇格、するまでが一つ目の山で、目途がつくまでは1週ずつ丁寧なプレイで
その後もリアルシャダイとミスターシービーの確立に、ニジンスキーの昇格失敗してるようなら(マルゼンスキーと)ヤマノスキー(と架空ヤマノスキー産駒)確立が結構リミットギリギリになりますし
21世紀に入ってもアグネスタキオン、ジャイアンツコーズウェイ、エルプラドと確立しつつミスプロの分割ありますし

で、88年1月時点の確立動向です
前年までにミルリーフとミスタープロスペクターが確立し、ミスターシービーを史実より1年前倒して引退させたらテスコボーイが確立してしまったのでそこはやり直して史実通りの引退=テスコボーイは確立を阻止
この後の予定は
89年にロベルト、90年にブラッシンググルームを共にリミット年で確立
93年がリミットのトウショウボーイ、94年がリミットのロイヤルスキーを何とか1〜2年前倒しで確立
90年代前半にダンジグが勝手に確立(上手いこと隙間に入ってくれ)
同じ頃にニジンスキーが(日本12%または世界10%の)支配率で昇格
ロイヤルスキーと重なったりニジンスキー昇格前に確立しない程度にマルゼンスキー確立(リミットは96年)
95年リミット年でリヴァーマン確立=それに伴いネヴァーベンド昇格
となっています
リアルシャダイは所有してますのでリミットが97年→06年に延長されています、史実馬の充実している20世紀の内に確立しときたいですが

この予定に対して88年時点で系統支配率と種牡馬の種付け料はこうなっています
ヘイルトゥリーズン系 世界支配率3.4% 種付け料6900万(21頭)
・内ロベルト系 3700万(11頭)
推定1.8%、後一息ですが来年末がリミットです
エディット強化したブライアンズタイム(3歳)を所有して活躍させてますし、それまで外れしか生まれなかった架空直仔の当たりっぽいのも4歳に1頭、3歳に2頭いるので、年末に引退させりゃ5000万以上は増えるでしょうから多分大丈夫

ナスルーラ系 世界支配率4.7% 種付け料9000万(26頭)
・内ブラッシンググルーム系 5200万(8頭)
推定2.5%ですが立ってません、牝馬や現役馬が足りないのでしょうか?はたまた88年の年末に2年も前倒し?
海外馬をデインヒルから予定変更してまでナシュワン所有しましたし、ナシュワンが来年活躍→引退で大丈夫でしょう

ネヴァーベンド系 世界支配率2.0% 種付け料5300万(8頭)
・内リヴァーマン系 3850万(5頭)
ちょうど2%です、ブラグルはギリギリ足りてない?
こちらは確立が大分先ですが、(年末の輸入時に)リヴリア所有して、ナリタタイシン頑張らせるぐらいしか予定してません
7年後だと相場が上がってて1億近く必要かもしれませんし何とも判りませんが、とりあえずベルマンも輸入時に所有したので引退だけはないですね

ニジンスキー系 世界支配率7.3% 種付け料15850(33頭)
(日本支配率5.6% 種付け料9000万・18頭)
内マルゼンスキー系 5400万(5頭)
世界2%を越えてそうですが、日本支配率が推定3.3%のマルゼンスキー(笑)
確立して欲しいけど先に昇格して欲しい微妙な所です
昇格には種付け料基準でざっと1億円程足りない感じですね
3歳馬にスーパークリーク、サクラチヨノオー、ヤエノムテキの三羽烏がいます
古馬にもブラックスキーに引退引き伸ばしたロングハヤブサがいます
クリークとヤエノムテキがどんだけ高額種牡馬になってくれるか、(ロングハヤブサは1000万超え確実)
クリークの父、ノーアテンションを購入できなかった(資金不足、リアルシャダイが値上がりし過ぎた)のが痛いですね、間もなく引退してしまいます
1歳幼駒のスカイクラシックに期待です
マルゼンスキーはロイヤルスキーと同い年ですが、確立年が被るとマルゼンスキーが優先されてしまうのも痛いです
92年までにニジンスキーが昇格して、トウショウボーイもダンジグも確立して、93年にマルゼンスキーが確立なら、ロイヤルスキーがリミットの94年に確立と行けるんですが綱渡りですね(リヴァーマンが前倒しされたらアウトだし)

プリンスリーギフト系 日本支配率8.7% 種付け料8250万(15頭)
内トウショウボーイ系 4250万(4頭)
推定4.4%ながら、種牡馬の数が条件満たしてないトウショウボーイ系
マルゼンスキー系より安いし数少ないのに率は高いですね
古馬のウインドストースは高額種牡馬入りできそうですので彼の引退を遅らせた上で、2歳のサクラホクトオー、1歳のヤマニングローバルらが頑張ることでリミット迄には届きそうですが前倒しとなると微妙かもしれません

ボールドルーラー系 日本支配率6.6% 種付け料5850万(17頭)
内ロイヤルスキー系 4600万(7頭)
推定4.8%?ながら史実有力馬(エディット強化)が軒並み繁殖入りした為にこの先は値下がりが心配、架空馬含めて現役馬に有力なものはいません
当歳幼駒でソコソコかも?な牡馬が2頭生まれたのと、牝馬ながら1歳にはアグネスフローラがいるので、90年生まれ=89年種付け分、まで後2年、数を稼ぎつつ当たりを引けたらリミット年ギリギリで行ける可能性は残ってますね
当たりが生まれたけど晩成型だった、って心配はなさそうなのが救いですが、89生はブルボン・ライスと、90年はビワ・タイシン・チケットと同い年、クラシックで稼ぐのは難しそうです
ライスは繁殖として使うので海外含むいずれかの三冠を、タイシンはリヴァーマン確立を目的に父リヴリアの種付け料を上げる為に国内G1を稼がせなきゃなりませんから、架空馬が割り込む余地はダートか海外か、短距離か2歳戦かってなりますので、なかなか高額種牡馬入りは難しそう

ダンジグ系は勝手に立つだろう&ノーザンダンサー系多過ぎで面倒、なので調べなかったのですが、本来は調整して91年狙うとかすべきでしたかねぇ
グリーンデザートは所有しましたが

90年代半ばまで海外を荒らすと、ヌレイエフやストームバードの確立の邪魔になりそうなのも怖いですね
サドラーは流石に立つでしょうが

2019年03月04日

進捗停止報告

結局雛祭り=昨日の日曜日は朝から晩まで
86年12月4週のデータをロード→年末処理→オート進行で88年12月4週→年末処理→オート進行で91年1月(→毎回ではないが95年1月まで試すことも)
を、繰り返して終わってしまいました
手持ちの「85年生まれのロベルト系牡馬の幼駒」が、ブライアンズタイム、ミュゲロワイヤル、架空馬でロベルト産駒が3頭、の計5頭いるのですが、史実2頭だけの所持では確立できず、といって5頭全部持ちでは他の持ちたい馬がクラブ行きでその後(主にトウショウボーイ確立)に悪影響
で、何頭持つのが良いやらトライ&エラーを繰り返してました
結局史実の2頭と架空馬から2頭所持(=架空馬1頭クラブ送り)なら当てにできそうでした
あとは腹括って進めるだけなんですがもう1つ難題が

ブラグルも、確立するかしないか微妙なのです
86年生まれの海外幼駒を1頭だけ購入できる、87年1月2週のイベント、ナシュワン買って活躍させて(難易度イージーなので多分簡単)、89年(3歳)で引退させりゃ多分余裕で確立しますが、その年の海外幼駒は豪華メンバーが揃っていて、こちらとしてはデインヒルが欲しいのです
デインヒルは、やはり同年生まれのサンデーサイレンス同様、後に種牡馬として輸入されるのですが、輸入種牡馬は史実の年代に必ずしも輸入されるとは限らないという罠がありまして…
ゲームのシステム上の種牡馬数の上限が地域(日米欧)毎に決まっていて、日本に空き枠がないと輸入されなくなるんですよね
ゲーム内の年数が進むと、架空馬だったり、1月に幼駒で購入された外国馬だったり、本来は夭逝・廃用したのがプレイヤー牧場繋養なので種牡馬続行中の史実馬だったりで、日本の種牡馬の枠は上限いっぱいになりがちで、デインヒルは正直輸入されるか怪しいのです

まあ輸入されなくても史実の引退(死亡)年の03年までに確立するならすればよし、確立しなかったら因子1つ損するし親昇格もないけどSP昇華にはむしろ好都合と言えなくもないから、ナシュワンが正解かなあ
ヘイロー確立する気なら(強化した)サンデーサイレンスを所有したかもしれないぐらいだし
今回もヘイローはスルーしてロベルトに賭けてますが

確立条件もっと甘けりゃなあ、ヘイローやロベルトぐらい自動確立にしてくれよぉ


ナシュワンで進めて、ヤマニンペニーとか購入して架空牝馬の売買で産み分けもして、5月の種付けは基本的に全部にシービー、再現配合ある馬はそちら優先にするし、インブリードとか(爆発型じゃない)同系配合なら避けるし、爆発力5以下とかなら流石に考えるけど
で、シービー以外はワカオライデンで全部行けると良いが、それでもダメならリアルシャダイで
流石に3つありゃ行けるでしょ、88年までそんな感じで
89年はワカオライデンの次はリアルシャダイの前にヤマノスキーで
90年はシービーやめてワカオライデンスタートで、あまりにギリギリだから現役馬の支配率目当ての91年まで
88年からは分場あるし間に合ってくれー!

2019年03月03日

平行作業は難しいなあ

87年1月からタイムマシンで未来を覗き見
ロベルトとブラグルは立ったけど、トウショウボーイとロイヤルスキーは立たず、ニジンスキーは昇格せず
どっちも4%は超えてたの間違いないから、87〜89の種付け頑張れば何とかなるかもだけど、89はボーイは間に合わないしなあ
86年12月末のロベルト産駒の所有減らして、ボーイ産駒増やすって調整で2頭ぐらいは何とかなるからそこで勝負かなあ
問題はニジンスキーの昇格もだし
ノーアテンションを購入出来なかったのが痛いなあ
って昇格には全然足りない7〜8%だったし、でも種付け頑張るとは言えない状況だし
史実馬購入と90、91年の種付けでマルゼンスキーの確立だけはリミットの96年で行けるかも知れないが
あとは、所有馬をオートの時より活躍させる事が必要
あんまり頑張ると今度はブラグルを阻止しちゃうかもしれないけどどっちが大事だよって話です
ここを乗りきってもリアルシャダイとミスターシービーの確立が待ってますから、やはり90年代はオートではなく手動で進めるしかないですかねぇ

そしてこういったずれ込み、遅れがあると、ブライアンズタイムの確立は諦め濃厚になっていく…
ロベルト用に強化したブライアンズタイムですが、SP昇華目的の周回なので自家生産架空馬を作る予定はないという勿体なさ
なので史実馬で頑張るしかないのですが、確立予定が遅れた馬の架空産駒を所有するとなると、史実馬を持つ余裕がなくなる、持たなかった馬は所有した馬に邪魔されて(=勝ってもリセットで負けさせられたりするし)成績伸びないしで
負のスパイラルですね

2019年03月02日

前回の紹介馬のお相手

2030年頃の締め配合を想定した牝馬がこちら
確立作業が完璧に無駄無く理想的に進んだらこうしたいって奴です
┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃   ┃    ┃グローバル孫世代   ┃グローバル産駒種牡馬 ┃
┃ ┃ 架 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃架空馬or史実馬    ┃仮メダグリアドーロ(99) ┃
┃架┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃エルコンドルパサー (96)┃キングマンボ(90)   ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃架空馬or史実馬    ┃ジャイアンツコーズウェイ(97)   ┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃ナイト ┃ドバヴィ (02)     ┃ドバイミレニアム(96) ┃
┃ ┃ 架 ┃オブ  ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃サンダー┃ フォレストストーム(06)┃ガリレオ(98)     ┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃マスタークラフツマン(06)    ┃デインヒルダンサー(93)     ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ 架空馬or史実馬    ┃アグネスタキオン(98) ┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

メダグリアドーロのところにタキオンが入って、タキオンのところにエンドスウィープ辺りが入ってとか
メダグリアドーロのところにグリーンデザートが入ってとかが充分考えられますが
一番の肝はシーキングザゴールドを確立できるかです

シーキングザゴールドが確立できなかったら、ドバイミレニアム以降をガン無視になるので、その場合はドバヴィのところにマスタークラフツマン、ナイトオブサンダーのところは架空馬か、史実馬ならキングストンヒルになり、キングストンヒルが入るならガリレオの位置はレインボークエストになります
元々マスタークラフツマンを予定していた位置がそれこそメダグリアドーロになりそうですしかなり流動的ですが、そもそも前回記事の締め父も流動的ですからこれは仕方ない

後は上の血統表で父々、もしくはそれ以前のメールラインの馬が確立→親系統昇格していれば、締め配合時に血脈8本になります
ゲームスタート時の親系統で言ったら血脈活性化に程遠いですけどね
親ネイティブダンサー、親ノーザンダンサー、親ナスルーラ、親ロイヤルチャージャーで昇格繰り返して使ってるだけですから
上の表の3代祖の位置を上からだと
親ナスルーラ→プリンスリーギフト→トウショウボーイ→(ミスターシービー→)ヤマニングローバル→架空馬
親ノーザンダンサー→サドラーズウェルズ(→子エルプラド)
親ネイティブダンサー→ミスタープロスペクター→(昇格間に合えば)キングマンボ
親ノーザンダンサー→ストームキャット(→子ジャイアンツコーズウェイ)
親ネイティブダンサー→ミスタープロスペクター→シーキングザゴールド
親ノーザンダンサー→サドラーズウェルズ→ガリレオ
親ノーザンダンサー→ダンジグ→デインヒル
親ロイヤルチャージャー→ヘイルトゥリーズン→サンデーサイレンス

この馬を作ること自体は、確立予定の史実馬を順番に大量種付けしていくだけで似たような馬ができる筈で難しくないと思うんですけどね


今回は牝馬を想定した血統表ですが、こいつが牡馬だった時につける相手は想像もつきません
そこそこの内容の配合なら、手持ち牝馬でインブリード発生しない組み合わせで良いでしょうが、ベストと言えるような相手は10年以上(恐らく20年前後)待ってその時の流行血統を盛り込んだ牝馬になりましょうか?
実際前回記事の馬(牡馬)と今回記事の馬も誕生年が10〜20年ズレています

前回の馬が牝馬に出た時に、締め配合並みに使える種牡馬も用意できればベストですが、史実期間中、確立ラッシュの時期なのでなかなか難しい注文ですね
それこそマスタークラフツマンやドバヴィ辺りの確立用でしょうか

posted by ムノー at 12:00| Comment(0) | 構想・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする