2019年05月20日

海外幼駒購入履歴

今回の周回で1月2週に購入した馬の一覧
購入年で記載するので原則的に前年生

82年ヤマノシラギク
プレイ初年度なのでこの年のみ別イベントで、日本の3歳以上の現役馬譲渡
この選択プレイヤーの生産、確立等の予定次第で変わる(79年以前に生まれた馬を所有できる例外的な機会)が、一番最初(オープニングイベント中)に購入する80年生まれの馬とのペアで考えるのが吉
両方牡馬(種牡馬入り後を睨んで)もしくは牡牝1頭ずつ(レース選択を睨んで)にして、少なくとも片方は現役競走馬として強い馬でないと序盤で詰む可能性

ヤマノシラギクは周回プレイではなく初回でも購入可能な赤札馬で、成長型遅めで寿命長めなので長く現役で走れる3歳牝馬
遅めでも初期所有馬なので成長度ボーナスがつくので桜花賞すら低難易度なら勝てるし、勝てば育成効果もあって三冠一直線
高難易度ならクラシックは流石に難しいものの、NHKマイルカップで一発狙ったり、サマー2000等のローカルシリーズで資金と御守り回収できる優れもの
更に繁殖入り後も父がオーバーサーブ=ニジンスキーの直仔種牡馬なので使い易い血統
ただし、いくら低難易度でも海外重賞となると有名レースは厳しい面もある(少なくとも3歳時は、勝てなくはない)ので、ペアとなる2歳馬が海外の2歳G1を勝ちまくれるような馬でないと、翌年以降のイベントのフラグ立てが遅れる
まあ今回扱う海外幼駒購入イベントは資金と金札を大量消費するので、周回プレイ時でなければいきなり最初の年から発生させても意味がないが
最初のペアで欲しい馬がどちらもイマイチの能力しかなくとも、スタート前から決めてるならエディットという手段もあるので、ちゃっちゃとフラグ管理(人物友好度やプレイヤーの名声値)の為に海外重賞勝利を重ねておきたいところ
自分は2歳馬はミスターシービーでほぼ固定なので普通に使って連戦連勝ですが、それでも出逢いフラグや名声値クリアの為に少し無理めのローテーション→結果取りこぼしてリセットで結構ギリギリでクリアしてます

83年トリプティク
82年のうちに樫本桃子(欧州)、高井駆(米国)の両キャラクターに出会っておくなどの条件を満たせば、この83年から「1月2週の海外史実幼駒購入イベント」が発生します
条件を満たすのが遅れるほどイベント発生年が遅れます
前年に生まれた(ゲームに登場する)海外(で競走生活を送った)史実馬のうち
・自身の名前がカナ表記で9文字以内
・牝馬の場合後に再現配合で産まれる子孫の全ても名前がカナ表記で9文字以内
が対象として、年に1頭だけ買えます
・日本産まれの海外馬や○外として日本で走った馬は対象外
・ゲームに収録されていない子孫の名前は何文字でも無関係
・子孫は牝系の子孫、牡馬を産んで生まれた牡馬が種牡馬になってその先の子孫(孫世代以降)の文字数は無関係だが、牝馬を産んで生まれた牝馬が産んだ子(孫世代)は文字数制限の対象、以下の世代も同様に対象範囲が決まる
・カナ表記の基準はコーエー(メーカー)次第、アメリカンフェイロー(カナ10文字)と呼ばれることも少なくない史実馬は、ゲーム内ではアメリカンファラオ(カナ9文字)表記なので所有可能などの例がある

という条件下で、可能な限り最速で購入イベントの83年、購入したのはトリプティク、リヴァーマン直仔の牝馬です
シャーペンアップを確立したい人なら同じ牝馬でもオーソーシャープを
ヌレイエフ系発展させたい人ならシアトリカルを選ぶんでしょうが
トリプティクはリヴァーマン確立にはあんまり役立ちません
リヴァーマン確立は積極的に自家生産していっても90年代に入ってしまう可能性が
高く、逆にベルマンとリヴリアが種牡馬として輸入された時に購入して寿命を伸ばしてしまえば、後は放置でも確立リミットの95年に確立可能性が高いという系統です
リヴァーマンの種付け料をトリプティクの活躍で上げたところでその分は、確立する頃には結構下がってしまうと考えて良いかと
それでもトリプティクを選ぶのは名声や御守りや資金を簡単に稼ぎ出す強さと、決して良いとは言えない仔出しでも、能力の高さでそれなり以上の産駒を産めるから
リヴァーマン確立後は母父◎になりますが、それはタイミングが遅くてあんまり有効利用はできないかも

84年グリーンデザート
ダンジグ直仔の名種牡馬ですが、ウイポの確立ルールを基準にするとちょい足りない馬
所有し続けることでちょっとだけ寿命(種牡馬引退年)が伸びますが、その数年があれば大抵確立する馬です
同じダンジグ直仔で大種牡馬と言えるデインヒルが、確立するとSP系→ST系に変わってしまうこと、デインヒルの確立タイミング次第じゃダンジグの親系統昇格を邪魔してしまうことから、デインヒル系以外にダンジグからの派生系統を作っておきたい、という願望を、最も手軽に叶えてくれます
競走馬としてもまずまず有能
同い年にダンシングブレーヴやトニービンといった名馬で名種牡馬がいますが彼らは史実通りに輸入されることを待つことにしました
今周回では基本的に使いませんから輸入時もダンシングブレーヴはスルー、トニービンは牧場に余裕あったんで念の為所有しときましたが
後はミスプロ系分割目的でウッドマンを幼駒で購入しとくとかですかね


85年グルームダンサー
特に意識せずプレイしていても、リミット年の90年に勝手に確立することも少なくないブラッシンググルーム
ですが今周回ではロベルト確立の為にロベルト系をエディットで強化した上、同じくロイヤルスキー系も確立の為強化、ゲームバランスが崩れている危険も考えられるので、ブラグル系支援の為に所有

86年ブライアンズタイム
ロベルト系確立の為に競走馬として大活躍させるべく所有
元々高い能力をエディットで更に強化済みの為やりたい放題
皮肉にも同い年として自家生産架空馬にも当たりが4頭(それまでハズレしか引けなかったのに)で、使い分けに苦労したもののギリギリ確立へ
種牡馬としても史実以上の活躍を期待していたが、確立させる年数の空きがないので断念
種牡馬としてだけなら輸入待ちで充分だった

87年ナシュワン
グルームダンサーだけではブラッシンググルームの確立が不安だったので購入
この年はサンデーサイレンスやデインヒルも買える
予定ではデインヒル購入だったが、それはデインヒルが稀に「種牡馬として輸入されないことがある」と聞いていたから
架空馬やセン馬、史実じゃ種牡馬入りしなかった馬、史実じゃ種牡馬引退済みまたは死んだ馬の種牡馬延長、等で日本の種牡馬枠がいっぱいだと、史実で輸入された馬が弾かれることがあるんだとか
デインヒルの輸入は95年の年末、それこそリヴァーマン確立の為に死んでる筈のリヴリアとベルマン所有してますし、ロイヤルスキー確立の為に架空馬いっぱい種牡馬にしてるタイミングなので、デインヒルが輸入されるか不安でしたが無事輸入されて良かった
サンデーは、ヘイロー系の確立を目指すなら、前年にロベルト系の為にブライアンズタイム買ったのと同様購入必至ですが、今回ヘイローは諦めてるのでスルーして種牡馬として輸入時に所有

88年スカイクラシック
ニジンスキー直仔の名馬、ニジンスキー系を「日本支配率12%以上で親系統昇格」させる為に購入
大活躍させて満額種牡馬入りさせましたが、これだけではまだ届いてないところでした

89年スワーブダンサー
こちらはニジンスキーの孫(グリーンダンサー産駒)、前年スカイクラシックと同じ理由で購入
もう1頭の候補のジェネラス(こちらも孫ですがカーリアン産駒)とどちらが優秀だったかはわかりませんが、狙い通り大活躍してくれました
が、それでも本来なら届かないところでした、マルゼンスキー系の活躍と、マルゼンスキーの確立を阻止したトウショウボーイ系のアシストのおかげでギリギリ昇格

90年エルプラド
競走馬としては駄馬ではない(重賞勝利)が名馬でもないレベル、種牡馬としては大活躍したサドラーズウェルズ産駒
確立するとSP系で、自家生産の後押しが必要とはいえ軽い手間で確立に届くタイプなので所有
競走馬としてはクラブ送り

91年キングマンボ
グリーンデザート同様、ちょっと寿命を引き延ばせば勝手に確立するタイプの種牡馬
史実じゃ産駒が○外として日本で活躍ですが所有しちゃいます(笑)

92年ボーンゴールド
競走馬としては駄目だった名繁殖牝馬でブラッシンググルーム直仔
クラブ送りからの繁殖所有

93年スマートストライク
そこそこ優秀な競走馬で名種牡馬な、ミスタープロスペクター後期の傑作
ウイポのシステム上通常は確立しませんが、プレイヤーがミスプロ系の分岐をガンガン作っていると勝手に確立することも少なくないらしい
これは同系の種牡馬が多いと殿堂馬ですら種牡馬入りできなかったり、収録されている史実産駒の分の種付けが終わり次第、寿命より先に繁殖から引退させられたりするからで、ミスプロ系が(プレイヤー介入で)分割されていればスマートストライクの産駒が種牡馬入りしやすい&種牡馬引退しにくいから
この年特に欲しい馬がいなかったのでなんとなく所有、スマートストライクの寿命伸ばしておけば引退間際に勝手に確立しないかなと
2010頃に確立されたら邪魔なんですがどうなるか
競走馬としてはクラブ送り

94デインヒルダンサー
デインヒル直仔で、確立予定のマスタークラフツマン(所有できない)の父
所有して寿命を伸ばしておけば、息子を確立する過程で勝手に確立するので所有
息子に関係なく、寿命延長だけで確立するかもしれないくらいに優秀な種牡馬でもある
競走馬としてはクラブ送り

95ケープクロス
グリーンデザート産駒
競走馬としても種牡馬としても、名馬の内にはいるぐらいには優秀だが、怪物級という程ではない?
父の確立の支援として購入したが、クラブに送ったレベルの薄い期待

96ヴェルティジニュー
クリスエス産駒の名繁殖牝馬