2019年05月22日

支配率1997

前年末にヌレイエフが確立し、この年はストームバードが確立します(確認済み)
翌年以降にシアトルスルーを阻止してリアルシャダイ確立、となれば理想的なのですが、シアトルスルーはおそらく(世界ではなく)米国支配率で確立するので、歳下のリアルシャダイで阻止するにには
シアトルスルー系の現役競争馬を勝たせない→シアトルスルー系種牡馬の種付け料が上がらない
これ以外できません
諦めて、99頃の連続確立を目指します
サドラーズウェルズ(81)、リアルシャダイ(79)、ミスターシービー(80)、ストームキャット(83)、サンデーサイレンス(86)、デインヒル(86)と確立してる間に、次の確立予定分の支配率上げて
グリーンデザート(83)、フォーティナイナー(85)、ヤマニングローバル(87)と確立
ゴーンウエスト(84)、エーピーインディ(89)の割り込みがあるかもしれないが少なくともエーピーインディは後回しになる(生年から)
ヤマノスキー(81)はリミットが08年になるけど準備整い次第割り込めるから問題ない

と、今後の目標に向けて、97年の現状把握です
多分サドラーは支配率はクリア済みで順番待ち何だろうなあ

トウショウボーイ系
94年5.6%→95年6.3%→96年6.0%→97年5.8%
下げ止まりません
種牡馬のラインアップはシービー系もその他系も前年と変わらず
シービー系種牡馬8頭で7500万円(950万減)、現役産駒88頭(20増)
(シービー自身は1800万円、34頭)
その他系は6頭で2150万円(750万減)、46頭(6増)
合わせて14頭、9650万円(1700万減)、134頭(26増)
揃って微減も、グローバル産駒の活躍も始まったし問題ないか


マルゼンスキー系
94年5.6%→95年5.4%→96年5.6%→97年5.5%
ヤマノスキー系が4頭(1増)で2950万円(800万増)、57頭(14増)、ヤマノスキー自身は1250万円(300万増)
その他系が9頭(1減)で3600万円(2300減)、111頭(28減)
合わせて13頭(増減無し)で6550万円(1500万減)、168頭(14減)
マルゼンスキー引退での減少幅をよく埋めたってところで、ヤマノスキーは順調と言って良いかと
ヤマノスキー系が2%、残りで3.5%が目安ですかね
スズカコバンも引退して、息子のササノコバンにチェンジしました



ロイヤルスキー系
95年5.7%→96年6.1%→97年6.3%
無駄に増え続けています
ワカオライデン系を諦めたからには、抱え込んだ種牡馬を放出→引退させなくとはなりません
種牡馬17頭(内ワカオライデン系6頭)は変わらず


世界のボールドルーラー系支配率4.3%→97年3.8、アメリカでは9.1%→97年8.4
ストームバードが立ったということは、シアトルスルーはギリギリ届いてなかったんでしょうね、なんか下がってるし

ロベルト系
94年5.2%→95年5.9%→96年6.6%→97年8.1%
リアルシャダイ系種牡馬が11頭(2増)で7000万円(1700万増)、166頭(25増)
(リアルシャダイ自身は3100万円、92頭)
その他系が8頭(1増)、4800万円(1450万増)、130頭(16減)
大きく伸びましたがブライアンズタイム系の伸び(新種牡馬ナリタブライアン)もあるので
今後マヤノトップガンらも控えてますから、相場を押し上げる厄介な要因になりそうです
ブライアンズタイム系の確立を諦めたので、ナリタブライアンはシンジケートへ、余命僅かです
ステージチャンプは7歳現役、6歳終了時にG1を10勝なので1000万円超えは堅いところまで
チャンプ引退で5%に届くかギリギリ足りないかって予想しています
96年で引退させても、たとえ5%超えようがストームバードの方が優先されますし


ダンジグ系
95年2.7%→96年3.2%→97年3.6%、世界だと3.9%→4.0%→4.6%
日本国内では
グリーンデザート系種牡馬4頭(1増)、3350万円(900万増)、現役産駒50頭(2減)
(グリーンデザート自身は1900万円)
デインヒル系種牡馬1頭(自身のみ、増減無し)、500万円(増減無し)、28頭(5増)
その他系種牡馬5頭(1減)、1400万円(150万減)、現役産駒50頭(6減)
合わせて種牡馬10頭(増減無し)、5250万円(750万増)、128頭(3減)
伸びた分はグリーンデザート分なので、推定で2%弱まできましたかね

世界の種牡馬数では、ダンジグ系全体で25頭(2増)、内グリーンデザート系6頭(1増)、デインヒル系は自身のみ
グリーンデザート系、世界2%の方が早いかな?


ミスタープロスペクター系
95年4.3%→96年5.5%→97年5.8%、世界だと7.7%→9.0%→9.7%、米国15.2%→16.8%→18.3%
日本国内ではフォーティナイナーもキングマンボも自身のみ、全種牡馬19頭(増減無し)
フォーティナイナーが700万円(増減無し)、32頭(2増)
キングマンボが150万円(増減無し)、13頭(13増)
米国にいるフォーティナイナー産駒種牡馬は1減で2頭
世界全体のミスプロ系種牡馬は60頭(4増)



この年確立するストームバード系の状態は
ストームバード自身は米国で400万円、現役産駒3頭
米国にいる後継種牡馬は直仔がサマースコールとストームキャット、ストームキャットの産駒が4頭の計6頭で3900万円
日本には後継種牡馬不在
欧州(含むアジア・オセアニア)に直仔がブルーバードを含む3頭に孫が2頭の5頭で850万円
ノーザンダンサー系の支配率は米国20.1%、世界23.0%
米国のノーザンダンサー系種牡馬がストームバード系(7頭)を含めて18頭なので、米国5%だと思われますが
世界だと65頭中の12頭、こっちの2%も超えてそう
posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする