2019年05月26日

支配率1998、ついでにリドパレス

97年の年末処理、引退競走馬を変えてみたりしてた結果、98年末にリアルシャダイ確立です
やったね!
これで来年(99年)末にシアトルスルーが確立しないで、ミスターシービーかサドラーズウェルズが確立してくれたらベストです→シアトルスルー引退=確立失敗で、00年にシービー・サドラーのもう一方が確立
01年以降、ストームキャット、サンデーサイレンス、デインヒルの勝手に確立から昇格するトリオ、前倒しを狙ってるグリーンデザートとフォーティナイナー、確立に向け大量生産中のヤマニングローバルとヤマノスキー、割り込みありそうなゴーンウエストとエーピーインディ、で、最大9年、最小でも7年を要するので
この7〜9年が終わる頃にキングマンボ確立、もしかしたら架空のグローバル産駒も確立、同時期にディストーテットヒューモアとジャイアンツコーズウェイのリミットを迎えますからね
ここまでカツカツだと余計な(配合に不要な)確立は無いに限る

海外幼駒は特に欲しい馬がいなかったので、フォーティナイナーの孫からリドパレスを所有
もう1頭、フォーティナイナーの孫で牡馬がいましたが
ヌレイエフ直仔で確立するとSP系になるファスリエフも気になったんですが

さて、98年の支配率状況です

トウショウボーイ系
94年5.6%→95年6.3%→96年6.0%→97年5.8%→98年5.7%
一向に下げ止まりません
種牡馬のラインアップはシービー系もその他系も近年全く動きなし
シービー系種牡馬が8頭で7050万円(450万減)、現役産駒111頭(23増)
うちシービー自身は1500万円(300万減)、33頭(1減)
その他系は種牡馬6頭で1600万(550万減)、46頭(増減無)
合わせて14頭、8650万円(1000万減)、157頭(23増)
グローバル自身は97年に、2年目産駒からクラシック三冠馬(有馬も勝ち)と牝馬三冠馬、古馬になった初年度産駒からは春天勝ち牝馬とエリ女勝ち馬も出て、皐月賞馬も海外ではG1を追加勝利(NHKマイルカップ馬は不振)でリーディング2位、種付け料は初年度を超える1600万円まで戻しています
全馬現役続行してますので、この辺りが繁殖入りすると確立するんじゃないかなあ、とは思いますが、この(98)年の2、3歳馬がちょっと弱いかなあという気はします

マルゼンスキー系
94年5.6%→95年5.4%→96年5.6%→97年5.5%→98年5.2%
ヤマノスキー系が4頭(増減無)、3000万円(50万増)、63頭(6増)
うち、ヤマノスキー自身は1300万円、63頭(=全て)
その他系が8頭(1減)、2850万円(750万減)、106頭(5減)
合わせて12頭(1減)、5850万円(700万減)、169頭(1増)

確立にはまだ暫く必要そうですがまずまず順調か?



ロイヤルスキー系
95年5.7%→96年6.1%→97年6.3%→98年6.2%
ようやく上げ止まり
種牡馬17頭(内ワカオライデン系6頭)は変わらず
そして世界2%で目安になりますね

世界のボールドルーラー系支配率4.3%→97年3.8%→98年3.9%、アメリカでは9.1%→97年8.4%→98年8.6%
リアルシャダイが立ったということは、シアトルスルーはギリギリ届いてなかったんでしょうが、ホント紙一重なんでしょうね
12月4週のデータをリロードして週送り(年末処理)で結果変わるとか
アメリカ5%行かれたらどうしようもないですが、世界2%だけは阻止したいですね


ロベルト系
94年5.2%→95年5.9%→96年6.6%→97年8.1%→98年9.2%
大きく伸びた前年から、更に1%以上の伸びですが、ブライアンズタイム系らの分もありますし、そもそもリアルシャダイ系も前年から越えていた可能性すらありますが(ストームバードの方が優先されるので)
リアルシャダイ系種牡馬が13頭(2増)、8700万円(1700万増)、180頭(14増)
リアルシャダイ自身は3250万円(150万増)、86頭(6減)
その他系が9頭(1増)、5700万円(900万増)、110頭(20減)
合わせて種牡馬22頭(3増)、14400万円(2600万増)、290頭(6減)

その他はマヤノトップガン(自己所有、850万)、サニーブライアン(クラブ所有、250万)が新種牡馬で、○外で競り購入→種牡馬にしてたロベリーノ産駒の架空馬が引退、という入れ替わりがありました(ロベリーノも海外で同年引退)
ブライアンズタイム系は前年にシンジケート送りにしたナリタブライアン(1150万)と、ブライアンズタイム自身(1650万、産駒64頭)の、種牡馬4頭です

リアルシャダイ確立、ブライアンズタイム確立断念の為、すみやかに支配率を下げていきたいですね
後継予定してたライスシャワーは確立すると無特性になるので元々確立予定なしですし
能力、血統、所有因子、(今周回での)競走成績でライスシャワーを上回る架空馬(トップガンと同世代、母はニッソウブラック)とライスの2頭だけ残して売却、更に種付けも10年ぐらいはしない(目安としては少なくともサンデー確立=ヘイルトゥリーズン昇格するまで)で、支配率下げて他の確立を進めようかと
そのぐらいからはリアルシャダイ系の牝馬の確保と、リアルシャダイ系後継種牡馬作りの為に種付け再開で

サンデーの確立時期?プレイヤー干渉で勢力が(史実と較べたら)抑え込まれるから、05年ぐらいまで遅れるかなと
デインヒルもだけど
その遅らせた分にグリーンデザートやフォーティナイナー、ヤマノスキーらを入れちゃおうと



ダンジグ系
95年2.7%→96年3.2%→97年3.6%→98年4.3%、世界だと3.9%→4.0%→4.6%→5.2%
日本国内では
グリーンデザート系種牡馬4頭(増減無)、3450万円(100万増)、55頭(5増)
グリーンデザート自身は2000万円(100万増)、48頭(2減)
デインヒル系種牡馬2頭(1増)、900万円(400万増)、28頭(増減無)
デインヒル自身は600万(100万増)
その他系種牡馬6頭(1増)、2000万円(600万増)、51頭(1増)
全て合わせて種牡馬12頭(2増)、6350万円(1100万増)、134頭(6増)

この年はグリーンデザート系は横ばいで、他が伸びた感じですね

世界の種牡馬数では、ダンジグ系全体で30頭(5増)、内、グリーンデザート系6頭(増減無)、デインヒル系3頭(2増)

こちらでもグリーンデザート系は横ばい、デインヒル系をはじめダンジグ系全体では伸びてます


ミスタープロスペクター系
95年4.3%→96年5.5%→97年5.8%→98年6.3%、世界だと7.7%→9.0%→9.7%→10.2%、米国15.2%→16.8%→18.3%→18.2%
日本国内ではフォーティナイナーもキングマンボも自身のみ、全種牡馬19頭(増減無し)
フォーティナイナーが800万円(100万増)、39頭(7増)
キングマンボが400万円(250万増)、27頭(14増)
米国にいるフォーティナイナー産駒種牡馬は5頭(3増)
世界全体のミスプロ系種牡馬は61頭(1増)


確立待ちと思われるサドラーズウェルズ系の状態は
サドラーズウェルズ自身が欧州(イタリア?)で2350万円、産駒21頭
直仔種牡馬13頭は欧州5頭、日本5頭、アメリカ2頭、引退済み1頭です
他に孫世代のシングスピール(インザウイング産駒)が欧州にいます
ノーザンダンサー系全体では世界では支配率11.2%、種牡馬52頭
欧州では支配率16.3%、種牡馬21頭
まず間違いなく欧州5%も世界2%も超えていますので(そしてむしろ勢いを増していくので)、確立は間違いないですね
いつ確立するかはシアトルスルー(74生)とミスターシービー(80年生)次第です

そして01年(シアトルスルーを阻止できなければ02年)の確立を予定しているストームキャット系ですが
前年立ったばかりのストームバード系のアメリカ支配率が4.7%、世界支配率だと2.1%
ストームバード系の種牡馬がアメリカ8頭、世界だと12頭
ストームキャット系はアメリカに自身を含む6頭、世界だと欧州にいるキャットレールを加えた7頭
シアトルスルーを阻止できても確立無しの年があっては無意味ですが届きますかねぇ
サンデーサイレンス、デインヒル、グリーンデザート、フォーティナイナー、ヤマニングローバル、ヤマノスキーと、他に候補がいない訳ではないですが

ちなみに96年に確立したヌレイエフ系は98年現在アメリカ3.9%、世界3.3%です
おそらく世界2%で確立(アメリカ5%は未達だったと推定)ですしこんなものかと

ノーザンテーストは確立せぬまま引退
両立させる腕がなくてごめんよ、88年辺りにねじ込めたら良かったんだけど