2019年05月31日

支配率00

ダブルオーじゃないよ
確認したところ、年末にサドラーズウェルズ確立します
シービーはまだでした
この1〜3年のデータでは安定して01はストームキャット確立、1〜2年のデータだとその次の年にサンデーサイレンス確立、昨年のデータでようやく、更にその翌年の03年にシービー確立です
(所有)種牡馬枠を空ける為にもとっととシービー確立させたいのですが、遅れたついでに04年辺りからシービー、ヤマノスキー、グリーンデザートと重ねたらゴーンウエスト(05年がリミット)を阻止できるなあと
ではシアトルスルー系が確立して(阻止出来ず)迎えた、20世紀最後の年の状況です
コースポのレイアウトが変わりましたね


トウショウボーイ系
94年5.6%→95年6.3%→96年6.0%→97年5.8%→98年5.7%→99年6.0%→00年5.8%

シービー系種牡馬が11頭(2増)で7000万円(500万減)、現役産駒133頭(6増)
シービー自身は1000万円(250万減)、21頭(8減)
グローバルは2000万円(100万増)、34頭(5減)、グローバル産駒種牡馬が2頭増えて3頭、1100万、300万、150万です
その他系が種牡馬4頭(2減)、850万円(450万減)、18頭(30減)
合わせて種牡馬15頭(増減無)、7850万円(950万減)、151頭(24減)

クラブに送ったセキテイリュウオーらは種牡馬入りを果たせず、保険で所有し続けているサクラホクトオーから後継作らないと、プリンスリーギフト系やトウショウボーイ系の昇格ができなくなりますね
ウインドストース他が引退
確立目前まできていますがなんせ他系統の史実馬が強烈だった世代とモロ被りしてましたからね、今繁殖入りしてくる世代は
蹴散らせる程の名馬も生まれず、こまめなローテーション管理はオート進行でスッ飛ばしですから、高額種牡馬入りはなかなか難しくなります
グローバル系の確立もあるので、変わらず生産は続けていく故に、時間の問題で確立ですが、当初の予定よりは苦しむ展開です


マルゼンスキー系
94年5.6%→95年5.4%→96年5.6%→97年5.5%→98年5.2%→99年5.0%→00年5.0%

ヤマノスキー系種牡馬が4頭(増減無)、3250万円(500万増)、産駒85頭(15増)
ヤマノスキー自身は1850万円(450万増)、産駒65頭(2増)
その他系は種牡馬7頭(増減無)、2250万円(100万減)、産駒105頭(1減)
合わせて種牡馬11頭(増減無)、5500万円(400万増)、190頭(14増)

マルゼンスキー系が5%ってことからも、ミスターシービーが確立目前と判りますね(笑)
ヤマノスキー系はまだ2%ってとこです
年齢からするとちょっと急がないと失敗する?
殿堂入り級は牝馬ばかりなのは、運が足りないのか能力が足りないのか(史実馬の能力査定は牝馬は牡馬より大分弱い、にもかかわらず牝馬限定戦がある)
高額以前に種牡馬数が不足し過ぎています


ロイヤルスキー系
95年5.7%→96年6.1%→97年6.3%→98年6.2%→99年6.1%→00年5.5%
ベルベットグローブやアサカサイレントと、ようやく繁殖馬が引退しはじめました
総種牡馬数は3頭減って12頭


シアトルスルー系確立の翌年の状況ですが、
世界のボールドルーラー系支配率4.3%→97年3.8%→98年3.9%→99年4.0%→00年シアトルスルー系2.2%+ボールドルーラー系1.6%
アメリカでは9.1%→97年8.4%→98年8.6%→99年9.2%→00年シアトルスルー系6.0%+ボールドルーラー系2.8%

シアトルスルー系の日本支配率は0.6%(その他のボールドルーラー系は1.0%)
シアトルスルーは世界2%は微妙と書きましたが世界もクリアしてたかもですね
アメリカ5%は余裕で超えていたんでしょう
21世紀分からは、ボールドルーラー系いらないかなと思いましたが、エーピーインディ系(確立阻止)がありました、どうしましょうか


ロベルト系(リアルシャダイ系)
94年5.2%→95年5.9%→96年6.6%→97年8.1%→98年9.2%→リアルシャダイ系6.0%+ロベルト系3.7%→00年リアルシャダイ系5.3%、ロベルト系5.0%
リアルシャダイ系種牡馬が16頭(増減無)、6000万円(3200万減)、121頭(59減)
史実より2年遅れて99年の年末でリアルシャダイ引退、その分支配率低下です
前年のリアルシャダイが3250万円、71頭ですからね

ロベルト系種牡馬は11頭(4増)、8150万円(2700万増)、100頭(11増)
内ブライアンズタイム系が(()内はブライアンズタイム自身)種牡馬7頭、5700(1900)万円、73(69)頭
ロベルト系確立時の架空馬は引退したのですが、輸入あったり史実より早い99年年末でグラスワンダー、マイネルマックスが繁殖入りしたり
マイネルマックスは現実だとグランプリボスに毛が生えたような成績を残して殿堂馬、シンジケート組まれました
史実をなぞって廃用されるのは時間の問題ですが
ブライアンズタイム系ってその気になって支援したら割りとすぐ立ちそうですね、
ナリブー、トップガン、サニブー、ジャスティスに今回のマイネルマックスを所有し、競走馬時代に史実以上に活躍させたら、繁殖入り後も手放さずに所有し続ける、これだけでも他の初期史実馬もいるので4%近くまでいきそう
そっからのもう一押しがキツいのかもしれませんが、サンデー全盛期ですし
心情的には確立して欲しいけど、確立されたらスケジュールパンクしちゃうブライアンズタイム系、多分しないとは思うけど…




ダンジグ系
95年2.7%→96年3.2%→97年3.6%→98年4.3%→99年5.6%→00年5.8%、世界だと3.9%→4.0%→4.6%→5.2%→忘れ→6.1%

日本国内では
グリーンデザート系種牡馬7頭(1増)、4350万円(50万増)、産駒89頭(18増)
グリーンデザート自身は2200万円(100万増)、産駒40頭(4減)
デインヒル系種牡馬2頭(増減無)、1050万円(増減無)、48頭(7増)
デインヒル自身は750万円(増減無)、48頭(7増)
その他系種牡馬6頭(1減)、2900万円(400万減)、37頭(10減)
全て合わせて種牡馬15頭(増減無し)、8300万円(350万減)、産駒174頭(15増)

その他系に新種牡馬が1頭(トレジャーアイランド)いるので、引退or輸出が2頭いたことになります
グリデザ系、3%近くまでは来ましたね
デインヒル系が伸びない内に確立まで持っていきたいところです
理想はヤマノスキー系と合わせて04、05年での確立(=ゴーンウエスト系確立阻止)
デインヒル、フォーティナイナー、ヤマニングローバルと続けて、エーピーインディに割り込まれてで09迄の確立枠が埋まり、10年代(キングマンボからか?)に備えたいです
世界の種牡馬数では、ダンジグ系全体で36頭(5増)、内、グリーンデザート系9頭(1増)、デインヒル系7頭(3増)

グリーンデザート系、世界だと1.5%近くあるかもしれません、ってかデインヒル系も1%ぐらいまで来てそう



ミスタープロスペクター系
95年4.3%→96年5.5%→97年5.8%→98年6.3%→99年6.9%→00年9.0%、世界だと7.7%→9.0%→9.7%→10.2%→10.6%→12.3%、米国15.2%→16.8%→18.3%→18.2%→18.8%→21.5%

日本国内にミスプロ系種牡馬は22頭(5増)
フォーティナイナー系はエンドスウィープとトワイニングが輸入されたので3頭(2増)、1700万円、産駒68頭
フォーティナイナー自身は1250万円(300万増)、50頭(8増)
キングマンボ系はエルコンドルパサーが種牡馬入りして2頭(1増)、2400万円、産駒46頭
キングマンボ自身は900万円(200万増)、46頭(5増)
なんせ(世界的に)ミスプロの直仔種牡馬が多過ぎて、なかなか系統確立には至りません
日本では直仔を除けばこの時代はウッドマン系が強いですね

世界全体ではミスプロ系種牡馬は63頭(4増)
フォーティナイナー系は7頭(日本3頭米州4頭)(輸入で所属が変わっただけ)
キングマンボ系は未だ日本のみの2頭


この年にサドラーズウェルズ系が確立するノーザンダンサー系は
サドラーズウェルズのいる欧州が16.4%、世界では11.4%
サドラーズウェルズ系は計算するまでもなく余裕でどちらもクリアしてそうですから来年の数字が楽しみです
01年に確立するであろうストームキャット系の状況は
ストームバード系のアメリカ支配率が98年4.7%→99年4.5%→00年6.5%、世界支配率だと98年2.1%→99年2.1%→00年2.8%
ストームバード系の種牡馬がアメリカ13頭(5増)、世界で17頭(5増)
内ストームキャット系はアメリカ11頭(4増)、世界で13頭(4増)

凄い伸びで、アメリカでも世界でも、00年の内に条件満たしてそうです(サドラーズウェルズが優先の為に順番待ち)
ストームキャット自身は1650万円、現役産駒18頭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。