2019年09月05日

秋バテかな?

夏の疲れがドッと出てるのか?22時前にいつの間にか寝落ちしてしまう日々…
来週火曜日に職場はお休み、再来週とその次の週は月曜日が祝日と、週休3日が続くのでそこで立て直したいなあ、体調もプレイの進捗も

posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

支配率25

編集中
24年末に何も確立せず、25年末も何も確立しないことを確認済み


ヤマニングローバル系
09年6.4%→10年6.5%→11年6.9%→12年7.0%→13年6.8%→14年6.9%→15年5.7%→16年5.6%→17年5.8%→18年5.4%→19年5.1%→20年5.3%→21年5.4%→22年5.2%→23年5.7%→24年6.2%→25年6.9%
種牡馬13頭(増減無)、9350万円(1450万増)、152頭(22増)
新種牡馬2頭と引退馬2頭で増減ないまま種付け料アップで支配率上昇
新種牡馬はアシットラグロー(父アシリエヤグロー、母は代重ねしてきた架空馬で、イットーからハビタット、ワカオライデン、エルコンドルパサーとかけてある)
、古馬三冠は逃すも春秋グランプリら27戦15勝でシンジケート売却した1450万円
と、アシゴルデバル(父は架空のアシトラデバル、父々ヤマニングローバル父母父ワカオライデン、母はゴルディコヴァ)ヴィンセントオブライエンS含む10戦4勝の早熟馬で350万円
アシリエヤグローは種付け料2200万円(300万増)、現役産駒51頭(4増)
2年連続でリーディング2位からついに前年リーディングを奪取した20歳
産駒種牡馬2頭とあわせると3頭、4600万円、51頭

アシコクサイジは26歳、1150万円(150万減)、現役産駒18頭(10増)

海外送り組も26歳、欧州のアシフローバルが100万円(増減無)、現役産駒21頭(8増)、アメリカのアシワカグローが50万円(増減無)、現役産駒27頭(15増)


キングマンボ系
22年4.4%→23年4.2%→24年4.4%→25年4.7%
キングカメハメハ系種牡馬は12頭(1増)、4650万円(550万増)、163頭(10増)
キングカメハメハ自身は、650万円(300万減)、32頭(2増)
その他系1頭(増減無、エイシンフラッシュ)、50万円(増減無)、現役産駒8頭(4減)
合わせて13頭(1増)、4700万円(550万増)、171頭(6増)
新種牡馬は自家生産→クラブ所有の架空馬アキワルツ(400万円)で重賞3勝(日本ダービー、弥生賞、毎日王冠)含む27戦6勝、父はロードカナロア、母は自家生産、自己所有の架空馬(母父はリアルシャダイ系架空馬)




ガリレオ系
世界17年2.3%→18年2.3%→19年2.4%→20年2.5%→21年3.2%→22年3.1%→23年3.5%→24年3.7%→25年3.7%
欧州5.2%→5.2%→5.4%→6.0%→7.5%→6.6%→7.5%→8.0%→8.5%
ガリレオ系は12頭(1減)、9550万円(300万増)、137頭(26減)
欧州所属は9頭(増減無)、7750万円(1000万増)、113頭(6減)
新種牡馬はCPU生産の架空馬でオーストラリア産駒のバラードシュペール・(8歳900万円)

2019年09月02日

24年末抹消分殿堂馬

史実馬は全て抹消済みで、現在は称号を持たない銅殿堂馬を古いものから消しています
殿堂入り年度が22年末(プレイ開始から40年&生年がだいたい史実終了(2015生)と重なる)ぐらいまではここを消し、足りなくなったら銀殿堂馬の「称号を持たず22年末迄に殿堂入りした馬」を消していきます
そこ迄行ってから、その次を考えるとしますか
・称号無し金殿堂馬
・称号持ち銅殿堂馬
・追加された(=新しい年代の)称号無し銅殿堂馬
さあ、どうするか

以下を見ての通り、10年ぐらいはすぐ進むので、27年末ぐらいに銀突入して30年末ぐらいにはその次の手を打たなくてはならないでしょうか

アオチューライデン(89生、93殿堂)
IMG_20190901_100645_1.jpg
母のアイシークレットはサウンドトラック×イットー
初のアオチューイベント馬でしたがスタミナ不足(パワーも?)
ワカオライデン後継馬として、現在(2025)も血をつないでいる

アシヤマノトップ(90生、95殿堂)
IMG_20190901_100719.jpg
父がマルゼンスキーの半兄2頭は勝ちまくった為、銅殿堂でも外れ感あった
母のハギノトップレディは再現配合馬のダイイチルビー以外は牡馬ばかり出したので牝系はダメダメ

アシトップデザート(91生、96殿堂)
IMG_20190901_100720.jpg
父がグリーンデザートに変わっているハギノトップレディ産駒
母はスタミナ不足以外は文句なしの名牝だったなあ

アシッドスキー(90生、96殿堂)
IMG_20190901_100837.jpg
ヤマノスキー×サイドホース
この辺りはニジンスキー昇格、(マルゼンスキーと)ヤマノスキー確立に向けて量産しているのが判りますね

アイフレーバー(94生、98殿堂)
IMG_20190901_100907.jpg
プレイ前の計画=妄想時点でめちゃくちゃ期待していた、ヤマニングローバル×アグネスフローラの配合での最高傑作
銅殿堂でも最高傑作、つまりは外れ
産み分けするか悩んだ末、まだまだ当たり引けると思って断念も、これ以上はなかったなんて
って予定での三冠配合はフローラがオークスをどうリセットしようが取れなくて失敗、御披露目配合も確立の都合上引退年ずれて成立せずでしたが
しかし再現配合のアグネスフライト&アグネスタキオン以外、ひたすらヤマニングローバルを付け、フローラの仔出しはこのフレーバーとフライトとタキオンで上がった筈なのになあ
この馬自身は繁殖入り後は現役時代以上に活躍、(確立確認等の)オート進行時に何度か牝系確立したレベルですが、結果的に確立しなかったのでアグネスレディ系の名牝昇格にはプラス?
いや、現状(25年)はインブリード回避や血脈活性化配合に邪魔になることも多いですね

アシルグリンマイル(97生、01殿堂)
IMG_20190901_100930.jpg

アシットグロート(98生、02殿堂)
IMG_20190901_100953.jpg

アイットミスキー(96生、02殿堂)
IMG_20190901_101019.jpg
アシソタキー(98生、02殿堂)
IMG_20190901_101048.jpg