2020年02月16日

PSVitaorz

4年振りぐらいに起動させたらメモリーカード認識しなくて
色々調べて再起動やら繰り返して
ようやくスタートしたところで力尽きた

まあ最初はフル拡張してお守りマックスにするだけですが
posted by ムノー at 23:18| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

新ソフト

PSVita版で8の2017買って1からやってみる?
はたまたswitchの8の2018買って、今の17のデータ読ませる?
switch版の2つの欠点、セーブポイント10しかないのとスクショできないこと
4周回目やるのに3周回目のデータ消したくないんだよね
posted by ムノー at 23:10| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

ニックス操作

3周目は殆どやる余裕なかったなあ
確立に精一杯で
90年代半ばぐらいからはニックス操作用に牝馬回したいもんだよなあ
posted by ムノー at 20:14| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

1年後に向け宣伝

愛はあっても腕はない、ヘタレストライカーなので
今ちょうど見に来てる人がいるタイミングで宣伝
1
バイオロボ良いよ
デッキに入れても負担の少ない2体合体、なんならアイシー2匹でも出せる、巨獣特捜でもフルブラストアクションでも出せるよ
BPはその分高くはないけれど、疾風は喰らわないし、効果使えば14000までブーストできるよ、そんな時はSPも1から2へ強化だよ
必要パワーも6、ロボの割にはそんなに高くないし、バイオジェット2号から順番にラッシュしていけば6まで上がるよ
バイオジェットも中々良いよ、ストライクできるし、色んなコンボ先あるよ、同じ青だけでもダイデンジンやゼロノスVF


2
チェンジロボ良いよ
SP1とは別に効果で一撃最大5ダメージ取れるよ、しかもダメージは相手コマンドをダメージにして置くよ
効果の発動はアタックかストライクをした時、だから、カウンターを含む多くの対策を発動前に潰せるよ

(まだ続くけど寝落ち)
posted by ムノー at 21:53| Comment(0) | レンジャーズストライク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

褒めちぎりとちょっと苦言

前回を踏まえてヤマニングローバルのあくまでもゲーム上の魅力を
って、ウイポ9では所有できない=そもそも種牡馬入りできるか怪しい、など、あくまでもウイポ8の話です
ゲーム関係ない魅力まで語るときりがないのでなるべく避けて

1 87年生
開始直後ではなく、牧場経営に余裕ができつつある年代の馬ですから、買い逃しはまずありません
最速ペースで拡張してると分場開設する頃なので、分場イベント絡みで資金がカツカツの可能性はありますが

2 銅札馬
周回プレイじゃなくても余裕な札負担

3 充実したサブパラメーター
所詮は銅札、所詮GU止まりな馬なのでスピード=メインパラメーターこそ低いですが、サブパラメーターは健康以外高めです、骨折休養した馬なので健康は低いですが、2歳重賞勝ち→骨折休養後重賞勝ちなので成長型も早鍋です

4 恵まれた系統
素の状態だとプリンスリーギフト系です、よって系統特性持ちですSP系
曾祖父(父父父)のテスコボーイが確立してしまうと特性を失いますが、そこさえ気をつければ自身、父、父父どこを確立してもSP系キープ
しかも親ナスルーラ系なので同型爆発も狙えますし、爆発型は母父のニジンスキー=親ノーザンダンサー系でも狙えます
2代迄の4頭の系統がバラバラなので、血脈活性化配合も8本型狙えます

5 豪華な血統表
繁殖入り後、次世代の能力決定(=配合理論)に関わる3代目までの祖先の内、素の状態で確立済み=種牡馬因子持ちが、ノーザンダンサー(母父父)、ニジンスキー(母父)、サーゲイロード(母母父)と3頭いて、ノーザンダンサーは昇格済み
テスコボーイ(父父父)とトウショウボーイ(父父)は割と簡単なプレイヤー介入で確立されられますし、父ミスターシービーも「プレイヤーが頑張れば⁄父を所有していてグローバルの確立を頑張ればついでに」確立させられます
テスコボーイはSP系キープの為に敢えて確立されない方がメリットありそうですが、それでも素で3つ、(テスコ除いて)追加3つの種牡馬因子6は中々豪華です
唯一の大種牡馬因子持ちのノーザンダンサーは、孫生産時には血統表から押し出されてしまいますが、ニジンスキーの昇格が充分間に合います

苦言
・もう少し遅く産まれてくれてたら、種牡馬晩年に海外牧場に送れたし、ウイポ9でも所有できた
・札無し史実馬もいるし、国内セリ上場馬もいるから、別にお得感まではない
・スピード無さ過ぎ、なので能力因子もない、サブパラも欠点が(健康以外)無いってだけで優れてるポイントはない
・親系統でナスルーラ、ハンプトン、ノーザンダンサー、ロイヤルチャージャーでは、血脈8本狙うにはメジャーな系統が多過ぎる
・プレイヤー干渉がないと直系父系は種牡馬因子スカスカ、代重ねで大種牡馬因子が血統表からすぐ消える

つまり、わざわざ使うだけの馬ではないけど、使いたいなら充分使えるって馬なんですね

以上の特徴を踏まえて箱庭環境を整備すると、以下のような準備が必要となります

1 トウショウボーイ、ミスターシービー、ヤマニングローバルと3代確立
これで名種牡馬因子が3つ増えて、プリンスリーギフト系は親昇格してナスルーラ系から独立します
この後全て架空馬ですが、グローバルの子、孫と確立させていきもっと若い(近い)世代を親昇格させていきます

2 早期にニジンスキーを親昇格
ヤマニングローバルを繁殖で用いる分には、血脈活性化がしやすくなるというだけの効果、それだけでもノーザンダンサーから外れるので小さくない効果ですが、グローバル産駒を繁殖で使う際に大種牡馬因子を確定で持つことになるのが大きなポイントです
1の流れでトウショウボーイをまず確立させますが、同時期に日本国内支配率でニジンスキー昇格がベストです、トウショウボーイで名種牡馬因子も確定になります
どちらも失敗すると、グローバル産駒を繁殖で使う際の種牡馬因子は産駒の母(=グローバルのお相手繁殖牝馬)依存となります

この2点は絶対条件ですね、後は考え方次第で選択肢はありそうですが
大種牡馬因子確保という意味では孫世代生産時に母(というか子の配合相手)側で大種牡馬因子を用意してもらいその間でヤマニングローバルを昇格、でしょうか
posted by ムノー at 09:02| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

好きだから

ウイポで主役に据える馬もレンストで主力にするカードも、結局の所「好きだから」が最大の理由で他の理由は後付けやこじつけですね
他のプレイヤーから人気の○○、というのは大抵自分も嫌いじゃない、むしろ好き、なんですが、それはゲーム上で強いから
なのでメインはあくまで「自分が元々好き」だったモノとして、「強いから好き」なモノにはメインのサポートに回ってもらう、これが理想
いくら自分が好きでもあまりにも「ゲーム上で扱い辛い」と、さすがに使うの諦めるんですが、「長所を最大限に活かして豪華サポート」すれば多少なりとも戦えるとなれば頑張れるもんです

ウイポでヤマニングローバルを突出して使ってるのはまさに長所があるから
好き、の度合いで負けてないのに殆ど使わないナイスネイチャとの差はまさにそこにあります
一番好きと思われるトウカイテイオーをあまり使わないのは、プレイヤー以前に製作側が優遇してとんでもなく強い架空の後継馬が登場するからですね、サードステージ

レンストにおけるナイスネイチャポジション(好きだけど使わない)はジェットイカロスですね、弱過ぎる
ロボをカード化して貰えなかったマスクマンよりはマシですが、それ以外でのワースト争いができるレベル
本編の描写で苦戦連発してしょっちゅう腕がモゲてるイメージありますが、まさかそれでカードの内容もショボい原作再現かフザケンナ、です
ってか元々ロボが好きってよりは作品が好きなんですが、レンストのシステム的に「この1枚が勝負カードだ!」となるとロボのカードになっちゃうんですよね、戦隊メンバーはコンビネーションで攻めるので
後年参入したライダーなら7点先取で勝ちなゲームで、1人で3〜4点稼いじゃうようなエースなライダーいますけど、原作再現的に正しいけどそりゃ乗っ取られますわ
おっと脱線、ヤマニングローバルポジション(見所はあるから頑張って使う)がバイオロボとチェンジロボですね

しかしまあ、年代の古さですわ
1983年 ミスターシービー(ヤマニングローバルのパパ)三冠馬に、シンザン以来19年振り
1984年 シンボリルドルフ(トウカイテイオーの親父)三冠馬に
    超電子バイオマン放送
1985年 電撃戦隊チェンジマン放送
    ミホシンザン2冠
1987年 サクラスターオー2冠も…、ヤマニングローバル誕生
1988年 トウカイテイオー、ナイスネイチャ誕生
1991年 トウカイテイオー2冠
    鳥人戦隊ジェットマン放送

俺の青春(意味深)だからしゃあないか、83年が中2、91年は大4
posted by ムノー at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

レンスト魂使用デッキ

ギガンティックザワールドで使用した緑黒チェンジロボ
黄3枚 ニンジャブラック
緑17枚 3積みがタカカン、ゴーグリーン、アクセル(無職)
   2積みがチェンジロボ、ジェットチェンジャー、ヘリチェンジャー、ランドチェンジャー
黒26枚 3積みがゴーゴン、ヨゴシュタイン、ボンベバンキ、キリカゲ、アポロガイスト、ルナドーパント
   2積みがゴルゴム、ケガレシア、サイクロンドーパント
   1積みがスーパーアポロガイスト、トリガードーパント
計46枚

<iframe id="gachalog_frame" width="95%" height="1000" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0" scrolling="no" src="https://www.gachalog.com/share/63603384?with_image=1&with_price=1&with_text=1"></iframe><script type="text/javascript">window.addEventListener("message", function(e){ document.getElementById("gachalog_frame").style.height = e.data + "px";}, false);</script>

回した感じだとケガレシアとヨゴシュタインは逆が正解だったかなあ
タカカン2に削ってパーツ3積みにして、序盤にパーツ来たらチャージに切り易くした方が良かったなあ
タカカン積んでても、パワー2のカードがない?とかで殆ど意味なかったって話も

スコアストライカーズで使用した黄青緑
黄14枚 マックジャバー、アギトSF、シュリケンジャー(XG4)、ハリケンイエロー各3積み⁄風雷丸2積み
青9枚 タイムジェット2、ゴールドプラチナム、ドギークルーガー各3積み
緑15枚 チェンジロボ3積み⁄アドレスブック、バトルシャーク、BFロボ(2nd)、ジェットチェンジャー、ヘリチェンジャー、ランドチェンジャー各2積み
黒3枚 ルナドーパント3積み
マルチ5枚 チェンジドラゴン(XG)、ファイブレッド(XG)各2積み⁄ゴセイゴーカイ1積み
計46枚

<iframe id="gachalog_frame" width="95%" height="1000" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0" scrolling="no" src="https://www.gachalog.com/share/36610394?with_image=1&with_price=1&with_text=1"></iframe><script type="text/javascript">window.addEventListener("message", function(e){ document.getElementById("gachalog_frame").style.height = e.data + "px";}, false);</script>


ヒドラー兵に特徴男は付いてなかったので、ルナじゃなく普通の黄のパワー0のカードの方が良かったです、マジピンク
このミスでチャージ1回分余計なターンが必要になってそうですが、そんなことは誤差レベルなぐらいに引けませんでした、バトルシャーク
ゴセイゴーカイが1積みなのは持ってないから
シュリケンジャーも足りなかったんですが代用認めてもらっての参戦でした

ドギーで(相手はヒドラー兵なので)敵軍ターン中にドロー
タイムジェットとハリケンイエローでパワー加速して
ラッシュさせたヒドラー兵はアギトで山札に戻し
アギト用バイクはマックジャバーにして余剰分は捨ててドロー加速に
コマンドにルナドーパント置いてチェンジロボのストライクで相手コマンドはダメージに
後はBFロボで無限ストライク(コンボ用にシュリケンジャー)
だったのですが、バトルシャークが引けなくて

バトルシャークでロボサーチしてそのままBFロボの追加条件にするつもりがシャークより前にロボ手札に来ちゃうし
マックジャバーやアドレスブック使って捨札に、チェンジロボ合体でパーツ捨札、バトンタッチ何回か、で、BFロボの追加条件書き換えちゃったし
そもそも書き換え前のSユニット5枚満たすのはかなりキツいデッキなのに、そっちの方が早かったとかね…
posted by ムノー at 08:38| Comment(0) | レンジャーズストライク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

自己顕示欲

行ってみようよ、名古屋トヨペット♪
なノリで、行ってきました、レンスト魂6

非公認非公式のイベントを続けてくださっている有志の方にはホントに感謝です、回を重ねて6回目にして初参戦できました

まずはメインの大会
今回は合体ロボ大会の為、勝てば1点、勝敗に関係なくロボのラッシュで合体パーツ数に応じたボーナス点取得のレギュレーション
予選4回戦、ポイント上位4人が決勝トーナメント進出でした

自分は(ほぼ)緑黒チェンジロボ(46枚)で挑戦

1回戦、対青単炎神
約10年振りのプレイだけあって、序盤グダグダで相手の方に迷惑をおかけする
巻き戻しはしないですんだのが幸いですが、ゴーゴンラッシュしたのにバトルに出し忘れて効果不発とかどんどん苦しくなっていく…
それでもボンベバンキで車両を封殺して、ゴーゴンで相手コマンド4枚まで縛ることに成功
が、パーツを引かないので合体できない
そうこうする内に相手のパワーにデモストが置かれます
相手は超電子頭脳貼ってるので捨札豊富
これでこちらも、今更パーツを引いても一気に合体しないとパーツをやられる状態になって膠着に
そして明日の最後のコマンドで、ガンバルオーをラッシュされて、ガンバルオーでゴーゴンをやられます
あとは一方的に蹂躙、なんですが、相手もよりボーナスを稼ぎたいので大きくは攻めてきません
そして数ターン後今更気付く「ケガレシアいるから炎神合体できないじゃん」
あとの祭ですね
結局制限時間終了間際&相手山札残り1枚ってところで、相手にとどめをさしてもらえた感じで敗戦
結局こちらは最後までパーツが揃わず
相手もガンバルオーの後はG6しか出せず想定程はポイント稼げず(それでも10ポイント?11ポイント)

2回戦 黄青ハリアーで炎神&折神
相手のデッキはコンボデッキの類いで、旋風神ハリアーの効果の「捨てたらもう1回自分のターン」を「キングライナー+ブルバルカン」のコンボで無限に続けるというもの
更に「捨札は車両ならイエローアーマーでラッシュ、他はスーパーアポロガイストで山札へ」「パワーはG6で捨札送り、キングライナーやボンパーでラッシュ、クライマックス刑事で山札」と、使い回し万全体制で
コンボ動き出したら山札全部引いて(けど任意の1枚をパワーから山札に送り、デッキアウト負けはしない)、エンジンオー、ガンバルオー、セイクウオーにダイテンクウ、と並び、G6、G9、(G12も?)、サムライハオーと出されて完敗です(ボーナスと合わせて85点?獲得)
途中まではボンベバンキとゴーゴンで相手を抑えこめましたが、今度はSユニット全然引けない
なんせ初手7枚にロボにパーツから2種が手札に、3ターン目ぐらいにはパーツ揃って、チャージもできないぐらいにカツカツに
相手のコンボ完成直前には今度はコマンドが足らずに合体見送り
相手がストライクを1ターン待ってくれたので合体だけはできましたが

3回戦 オメトロ緑単ボウケン
無印ダイタンケンとXGダイボウケンで、恐らくアルティメットダイボウケン狙いなデッキ
前回コマンド不足に泣いたのを意識し過ぎたか、黄をコマンドにほぼ置けなくなるプレイミス
合体はできたけど、サンダーボルト不発で、ストライクレースは追い付けずに敗戦

4回戦 青単炎神
1ターン目にパワー0でボンベバンキラッシュしてしまうポカやってすみません
この回もまたパーツ引けないわ、ほとんどゴーゴン効かないわでしたが、ケガレシア2体並べたりボンベバンキで相手も抑えこみ
相手のデネブでゴルゴム引いて、相手の圧縮冷凍はスルーしてケガレシア1つパワーに飛ばされるも続く2発目をゴルゴムで阻止(2発目なら圧縮でも止められた)
終了間際に2ターンかけて3点+4点で勝利

ゴルゴムは、対Vコマンダーや異次元からの翼やダイノミッションを想定していたんですが、最後に仕事してくれました
当てが外れたのは「相手のガンマジンでドロー加速」が一回もできなかったこと

自分のメタ読みはまだまだだなあと
車両の使い回しは多少想定していましたが、ハリアー突っ込んでまでしてあそこまでポイント稼げるんだって発想もなく
2回戦のお相手は予選1位抜けから優勝していきましたからね


決勝トーナメント中〜終了後撤収前の約3時間には企画も3つ行われていました
内2つに参加
レンストテスト 20問、19点で満点ならず
スコアストライカーズ  一応満点の40ダメージながら時間かかりすぎ

スコアストライカーズとは、相手デッキはヒドラー兵40枚のみと、ほぼ無抵抗なデッキ相手に、1ターンで何ダメージ叩きだせるか、というものです
通常ルールでは7点先取で勝ちですが(10点とか14点に伸ばす効果を持つカードはあるけどそれは別として)、そこは無制限です
ただし、デッキアウトしたらそこで終了です
レンストのダメージは基本的には「パワーゾーンのカードをダメージ分裏返す、裏返すカードがない場合その分を山札の上から引いて裏向きのまま置く」となっていて、ヒドラー兵は必要パワー0なのでパワーにはカードが置かれません
相手の山札は相手の手札、コマンド、ラッシュしたヒドラー兵の分減っていきますので、無限ストライクのコンボを決めるだけでは残り山札分しかダメージ取れません
手札に関しては原則使いきる形になるよう、レギュレーションとして発表されているので安心ですので、コマンドと展開済みユニットを、山札に戻すか直接ダメージにしてパワーに置くって効果を、無限ストライクのコンボを使うターンに発動できれば、フルに40ダメージが取れます
相手ダメージを回復する効果を同時発生させて、再度ダメージを取ることも可能と気付いた方もいましたが、今回はそこはルール上無視(無効)と裁定されていましたから、マックス40固定です

同点の場合は少ないターン数で達成した方が上位でしたので、「1ターンの間で相手のユニットとコマンドを空にして40ダメージ取るコンボ」を、どれだけ少ないターンで準備できるか、の勝負でした

自分は黄青緑のBFロボ+チェンジロボ+アギトSF(46枚)でチャレンジ
結論からいえば18ターンもかかり、残り山札4枚でした
3色も使うような甘いデッキだから事故ったってことでしょうか
最速なら7ターンぐらいで出せる筈なんでしたが大事故です

自分の前に挑戦してた方は「黄緑マジレジェンド+レッドパンチャー」で、10ターンで達成してましたが
カード効果から逆算すりゃ一番シンプルな組み合わせなんですが、「マジレジェンドは出すのがかなりしんどい」「レッドパンチャーは同じ無限ストライクの可能なBFロボより、出すのは楽だが無限コンボの条件がキツい」ことから、コイツより早そうだから採用したのになあ
デッキの事故っぷり込みでインパクトはあったんじゃないかなあ


予選で優勝者にぼろ負けしたり、テストで満点には届かなかったり、無駄に爪痕だけは残した気がします
posted by ムノー at 23:34| Comment(0) | レンジャーズストライク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

ループ用多段ニックス

無限ループの多重ニックスの可能性をもうちょい追ってみる
というのも国内ループは維持が精一杯、むしろ爆発力20そこそこしかなくてジリ貧でも、海外持ちだして確立とか、ループと別の系統導入とかで、一気に爆発力上げられる可能性があるから
導入系統を確立する際にニックス操作とかね
1系統ずつ追っていく
A系統
第1世代を配合する際ニックスに必要なのはBFHG
第2世代配合時はCDHF
第3世代配合時はEGHD
1次ニックスの相手(確立時にニックスでなくてもその内ニックスになる)がBCE
2次(ダブル)ニックスの相手=4次ニックスの相手がDFG
3次ニックスの相手がH


posted by ムノー at 19:29| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

種付けループ

8系統の種牡馬と、同じ父を持つ繁殖牝馬を8系統所持して、3代目までアウトブリード、4代目以降は5×5のクロスがビッシリ(けどゲーム上はアウトブリード)なループの配合が以下
各世代の4配合を記すが、実際は雌雄入れ替えたものと合わせて世代8配合行う

1世代目
A×B、C×D、E×F、G×H
2世代目
A×C、E×G、B×D、F×H
3世代目
A×E、B×F、C×G、D×H

系統別に見ると、牡馬目線だと
A系統の相手 B系→C系→E系
B系統の相手 A系→D系→F系
C系統の相手 D系→A系→G系
D系統の相手 C系→B系→H系
E系統の相手 F系→G系→A系
F系統の相手 E系→H系→B系
G系統の相手 H系→E系→C系
H系統の相手 G系→F系→D系
シングルニックス基準なら3系統ずつに収束する

牝系基準だと
B系→A系→C系→G系→H系→F系→B系(以下ループ)
A系→B系→D系→H系→G系→E系→A系(以下ループ)
D系→C系→A系→E系→F系→H系→D系(以下ループ)
C系→D系→B系→F系→E系→G系→C系(以下ループ)
この4パターンに収束

この配合の欠点は8系統同時進行で代重ねしていくので、牡馬はまだしも牝馬の所有数が圧倒的に足りない
本場・分場に20頭ずつ計40頭しか置けないのに8系統だから、1系統あたり5頭
3世代置くとなると2-2-1頭、何とか2世代ずつで回すにしても3-2頭しか置けない
牝馬が少ない=生産頭数が少ないなので、当たりの産駒を得るのが難しくなる
1系統の1世代辺り20頭ぐらいしか生産できない(牝馬2頭で10年生産)ので、牡馬牝馬の性別で分けると10頭ぐらいずつ、牡馬は一子相伝なイメージで当たりは1頭引けりゃ充分ですが、牝馬は当たりを5頭ぐらい引きたいのに
あと当然確立もできません、確立できるほどの大量生産ができないので
確立できない=代を重ねる度に種牡馬因子が減っていく&母父○が絶対成立しない事を意味するので、爆発力も低めとなります
無限ループ完成後に成立する配合理論は
種牡馬施設lv.3(爆発力3)、血脈活性化8本型(爆発力8)、SP昇華lv.3(爆発力5)
この3種、計16が成立確定で
シングルニックス(爆発力2)、W名牝系配合(爆発力4)は周回重ねれば常時成立になる可能性が高いですが合わせて6
運が良ければ因子活性で爆発力上乗せされますが、配合画面では合算されないボーナスな存在
アウトブリードは成立していますが爆発力にはならない
活力源化種牡馬因子、母父○、(メールorボトム)ライン覚醒、完全型活力補完は成立しないことがほぼ確定で
100選配合なんかも遅い年代の為ハードルが高い、三冠配合も難しく、サヨナラ配合もまず狙えないので
お笑い・お似合い・お披露目、が上乗せされたらラッキー、って程度です
インブリードや同系(爆発)は狙わないタイプのループだし、稲妻・疾風はデメリットあるから避けたいので、これで終わりです
しめて爆発力22ですね

低っ
両親の能力が高くて数打てれば問題ない爆発力ながら、数が打てないので代を重ねる内にじわじわと「両親の能力」が下がりそうです
posted by ムノー at 22:10| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

確立予定をねじ込んでみる

絶対に必要な確立、手間が少ないからついでにやっておく確立、余裕があればやっておきたい確立、と色々な要素の系統確立があります
89ロベルト確立
90ブラッシンググルーム確立
91ダンジグ確立
92トウショウボーイ確立、(率で)ニジンスキー昇格
93マルゼンスキー確立、(率で)ミスタープロスペクター昇格
94ロイヤルスキー確立
95リヴァーマン確立、(2系統確立で)ネヴァーベンド昇格
96ヌレイエフ確立
97ストームバード確立
98リアルシャダイ確立
99シアトルスルー確立
00サドラーズウエルズ確立
まず途中まで進めたデータなのでロベルト・ブラグルはそのまま立てる方向で
ロベルトは早期のヘイルトゥリーズン親昇格の為にも、リアルシャダイを使う際に種牡馬因子が1つ増える意味でも、後々リアルシャダイ+ブライアンズタイムの2系統確立で昇格させるって意味でも大事
ブラグルはそう大事でもないけど半自動で立つんだからキッチリ立てておけば、後のサクラローレルを種付けする際に種牡馬因子1つ分だけお得に
ダンジグは勝手に立つ系統、この予定の91年に立ってもらわないと他の確立の邪魔になるのでこの年であって欲しいけど、仮に失敗しても立つのは確定
トウショウボーイはヤマニングローバルのお爺ちゃん、後の種牡馬因子的にも親昇格的にも絶対に立ってもらわないと困るし、この92年でないと後ろがつかえてる
マルゼンスキーは能力高い、種牡馬因子多いと自家生産馬のレベルアップに重宝してるので、更に因子が増えて母父◎も付くんだから立てたい、一番の理由は前年に立つレベルに支配率を上げておきながらトウショウボーイの確立を被せることでマルゼンスキーの確立を阻止、その結果ニジンスキーを先に親昇格させる狙いで、早期にニジンスキーを昇格させられるか失敗してしまうかで、ヤマニングローバルの使い勝手に雲泥の差が出ること
ロイヤルスキーは確立しないとSP系ではなく、これの確立が後々のアグネスタキオンに活きるし、アグネスフローラがグローバルと相性良くなるかでも大差、この94年がリミット
リヴァーマンはネヴァーベンド親昇格の為に必要で、直仔のトリプティクや同じネヴァーベンド系牝馬のトウカイローマンやマックスビューティーといった初期有能牝馬には重要、こちらもリミット年

ストームバードはストームキャットの父=ジャイアンツコーズウェイの祖父、直接的にはコーズウェイ確立時に因子1つ分爆発力を稼げる程度しか価値がないが、ここが立たないとストームキャットの確立が遅れたり最悪失敗しかねない、なんせノーザンダンサー系なだけに種牡馬入りのハードルが高いので
とはいえ20世紀の確立で一番どうでも良い候補ではある

ヌレイエフとシアトルスルーも自分は全く使う予定がない系統なので確立しなきゃしないで良い、と思っていたが、どちらもエルコンドルパサーの血統表内に名前があったので一応価値はあった、優先度は低いが

リアルシャダイはモロに配合に組み込んでいるので確立必須
サドラーは勝手に確立する

一応20世紀はどれも確立して欲しいが、強いて言えば後半の確立は失敗するならしても良いってのが3つ

01ストームキャット確立
02サンデーサイレンス確立、(2系統確立で)ヘイルトゥリーズン昇格
03デインヒル確立
04ゴーンウエスト確立
05ミスターシービー確立
06グリーンデザート確立、(2系統確立で)ダンジグ昇格
07ヤマニングローバル確立、(3代確立で)プリンスリーギフト昇格
08フォーティナイナー確立、(率で)サンデーサイレンス昇格
09ブライアンズタイム確立、(2系統確立で)ロベルト昇格
10キングマンボ確立、(率で)ストームキャット昇格

ストームキャットは勝手に確立するタイプ、確立すれば昇格も勝手にするタイプ
遅れると後ろの確立に邪魔なのでここが望ましい
サンデーサイレンスとデインヒルも勝手に確立して確立後は勝手に昇格するタイプだが、02、03年は史実においてそれぞれ急死した年=非所有だと種牡馬引退リミット年、この年に確立できるかは正直微妙ではある、アグネスタキオンやデインヒルダンサーは所有して活躍させるけど
このタイミングを逃すとこの後の確立予定馬の方が高齢なのでどんどん後回しになって邪魔

ゴーンウエストは全く使う予定はない、単にミスプロを少しでも分割できると良いなってだけ
自然確立はかなりしやすいタイプ

グリーンデザートは後々子孫を配合に使うかもしれないのと、ダンジグの確実な&早めの親昇格の為の確立、引退年さえ延長すれば自然確立するタイプだし、確立支援に生産しても牝馬は無駄にならなくて都合良いタイプ

ミスターシービーはヤマニングローバルの父、主役のシービーの確立のついでに引退間際での確立狙いで、グローバルも当然確立

フォーティナイナーは引退年延長で自然確立するタイプなのでミスプロ分割用に、もしかしたら子孫を配合に使うかも

キングマンボもミスプロ分割用兼引退延長で自然確立するタイプだが、こちらはあわよくば親昇格、直仔のエルコンドルパサーは思いっ切り配合に組み込む予定

ブライアンズタイムは直接配合に使う予定はないが、ロベルト昇格でリアルシャダイを使い易くする予定で確立

種牡馬として所有予定の馬が多いので、順番に多少の融通は利くものの、種牡馬の所有枠の問題がある為かなり綱渡りになりそうな年代
優先度はゴーンウエストが大きく低いぐらい

この年代の末期は直後のジャイアンツコーズウェイ系確立の準備でてんやわんやと予想されているので、前半に将来を見越した生産で、上手いこと順番調整しないといけない

で、この年代中に、ワカオライデン確立を嵌め込めないものかってのがテーマ

posted by ムノー at 20:11| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

締め配合のパターン

基本的にはグローバル産駒の内、分派として確立を続けていくものの子孫が締め配合の候補になる
序盤配合で相手がSP系でないもの
トウカイローマンとかマックスビューティーから産まれた強い牡馬は、基本的には使わないor晩年に海外でサヨナラ配合して、そこから選んだ後継種牡馬は確立するかもしれない

    父父13 父父父09 父父父父1
                 父父母父2
父15      父母父10 父母父父3
                  父母母父4
    母父14 母父父11 母父父父5
                 母父母父6
母        母母父12 母母父父7
                  母母母父8

締め配合に組み込むと最も若くてもヤマニングローバルが4代目=表ぎりぎりとなるのが確定
仮に09がヤマニングローバルの直仔だとする
13の馬は09の晩年に海外生産された馬(2020前後に誕生)となり、その母父2はエルコンドルパサー辺りが有力
13の息子15は、13を確立する過程で生まれた有力馬となるので、その母父10はディープスカイやシャマーダルやキングストンヒル辺りってことになるし、遡って3や4はアグネスタキオンやジャイアンツコーズウェイやマスタークラフツマン、4は他にガリレオなんかもあるか
5〜8及び11、12、14は流動的過ぎてなんとも

序盤配合で相手がSP系
相手がザボス辺りの超マイナーか、まあ普通なレイズアネイティブぐらいか、超メジャーなミスタープロスペクターなんかかは流動的だが、産まれた後継種牡馬が13、ヤマニングローバルが9で相手牝馬の父が2とする
この場合、13を10年代(14年前後)に確立するパターンとなるので、後継種牡馬15はその過程で誕生(主に00年代後半)、15の母父10はリアルシャダイ系(主にリアルシャダイ自身)かロイヤルスキー系(主にワカオライデン)となる
4はここまで名前が出てきて使われてなかった系統(ザボス、レイズ、ミスプロ、リアルシャダイ、ロイヤルスキー)
15の相手系統は15の生年次第か
15がまだ若い(13確立時に現役競走馬だったり幼駒だったり)なら後に確立を狙いそう、14は架空馬や、史実馬ならディープスカイ、シャマーダル、キングストンヒル辺りとなるし、既に結構な年齢であれば締め配合とは無関係にとっとと確立を狙い(エルコンドルパサーやジャイアンツコーズウェイ辺りの牝馬と配合)、締めとしてはサヨナラ配合狙いで

序盤〜中盤に最多であろうロイヤルスキー系
相手が史実牝馬ならロイヤルスキー直仔、自家生産牝馬なら大半がワカオライデン産駒となるだろうが、恐らく配合数はトップ争いするであろうロイヤルスキー系との配合
09がヤマニングローバル、2がロイヤルスキーやワカオライデンになるであろう配合で、10はリアルシャダイが最有力も、もう少し後のフォーティナイナーやグリーンデザートになるかもしれず、更にもっと後のジャイアンツコーズウェイ辺りまでは可能性があるか?
14は架空馬の可能性も高いが史実馬であるならシャマーダル、ディープスカイ、キングストンヒル辺り、14の父11はそれぞれの父であるジャイアンツコーズウェイ、アグネスタキオン、マスタークラフツマンに、あとエルコンドルパサー辺りか
12は流動的

中盤のメイン配合、リアルシャダイ系
グローバルの仔出しが上がってくる&牝馬の質が上がってくることもあり産駒の質がハッキリよくなるのがこの世代だが、誕生(生産)時期がタイミング悪くて恐らく確立→締め配合候補にはならない
海外持ち出しからのサヨナラ配合にも微妙にタイミング合わなさそうだが、代を繋いでいる内に確立する世代も出るかもしれない
2がリアルシャダイ、09がヤマニングローバル、13が産まれた種牡馬となり誕生は04年頃(ヘイルトゥリーズン系親昇格以降種付け)〜15年頃(牝馬の高齢化で入れ替え)
後半(10年代)生の世代は20年代以降に確立候補に選ばれる可能性がワンチャンあるが、相手牝馬の血統=父10母父4は、ジャイアンツコーズウェイ、エルコンドルパサー、マスタークラフツマン、アグネスタキオン辺りが候補になる
最終的な締め配合の相手は流動的で読み辛い

晩年の主力ジャイアンツコーズウェイ系
少数生産のグリーンデザート系やフォーティナイナー系、最後の最後(グローバル種牡馬引退の14年)ギリギリ間に合うかもしれないエルコンドルパサー系やガリレオ系もあるが数の主力はジャイアンツコーズウェイ系か
コーズウェイも確立後からなので早くても11年からの4年しか付けないが
09がグローバル、2がコーズウェイとなる
相手牝馬の父10母父4は、年代的に10はエルコンドルパサーやガリレオ、マスタークラフツマン、アグネスタキオン以降の確立予定馬となり、4に多いのはロイヤルスキーやリアルシャダイ
posted by ムノー at 20:34| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

序盤、中盤、終盤の本命配合

序盤は自家生産牝馬の質もまだ不揃いなのと、後の時代に向けてバラエティーに富んだ後継を残す為に色々な配合を行う
中盤、終盤は確立作業の兼ね合いでその時の牝馬でやっていくしかないが、牝馬側が勝手に変わるから良し?

序盤の本命はアグネスフローラ、本領発揮はロイヤルスキー確立後からだし、仔出しがより上がるのは再現馬のフライト&タキオン兄弟がGT勝った後の21世紀から=フローラはグローバルと同い年の87生なので繁殖引退間際となり、グローバルとしても繁殖中盤ですが、三冠配合で最低限の底上げは可能
ロイヤルスキー系牝馬は確立の為に架空馬の数も増える筈で、フローラの全姉妹もアグネスレディが有能かつロイヤルスキーとの相性も良い為期待が持てる
序盤の対抗はナスルーラ系の同型爆発型で、トウカイローマンやマックスビューティーが「ブレイヴェストローマン×ファバージ牝馬」で、グローバルを種付けする時点ではトウショウボーイが確立する(初年度は無理)ので3本爆発に
リヴァーマン確立でネヴァーベンドが昇格すると成立しなくなるので期間限定ですが、逆に産駒が繁殖入りしてから血脈活性化させ易いメリットがあります
親ナスルーラ爆発はナスルーラ、グレイソブリン、ブラッシンググルームなんかでも可能で、プリンスリーギフトの昇格=ヤマニングローバル確立するまで狙えます
数や牝馬の質的にはトニービン産駒が、SP系持ち等爆発力の面ではブラッシンググルーム系が狙い目です
期間限定といえばニジンスキーが親昇格する前=初年度限定ですが、ノーザンダンサー爆発も狙えます
ダンジグの孫世代ならSP昇華も付いてベストですが、ノーザンダンサー4×4クロスも付いてしまいます
最も92年なんて年代はノーザンダンサー直仔牝馬がゴロゴロいる時代(パシフィカスとか)、子系統も(ノーザンテーストを確立させられないので)他にニジンスキー、リファール、確立直後のダンジグのみですから、ほぼ間違いなくインブリードになってしまいますが
後は初期牝馬(イットーとか)にサウンドトラックやレイズアネイティブやミスタープロスペクターなんかを付けた架空牝馬がお相手となります

中盤の配合は、序盤牝馬の減少に合わせて入れ替える形となりますが、ほぼロイヤルスキー系牝馬です
確立目的で量産するのはロイヤルスキー系の他にリアルシャダイ系もありますが、ヤマニングローバルを直接種付けすると血脈活性化が少なくとも1本減少してしまうからです
サンデーサイレンスが確立した後でなら、ヘイルトゥリーズン系が親昇格するので行けるようになりますがそれは中盤というより終盤
ヤマニングローバルではなく、ヤマニングローバルの後継種牡馬を付ける分には、リアルシャダイ系牝馬も問題なく使えるんですがね、こちらはサンデー確立より早くから可能っぼいです

終盤の配合は再びバラエティーに富んでくるでしょう
中盤使えなかったリアルシャダイ系と配合できるようになりますし、確立支援で少数生産したグリーンデザートやフォーティナイナーの産駒牝馬とも配合できます(グリーンデザートとはノーザンダンサークロスが発生してしまいますが)
最後の最後には大量生産したジャイアンツコーズウェイの産駒牝馬もお相手になるでしょうし、場合によってはエルコンドルパサーやガリレオの産駒牝馬も間に合うかもしれません
アグネスタキオン牝馬も間に合う可能性はありますが、タキオン確立前なのでSP昇華になりませんし、仔世代に温存した方が良いかもしれません、まあグローバル直仔種牡馬の内、ロイヤルスキー系を持つものはタキオン牝馬には使えませんが
posted by ムノー at 07:55| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

確立予定年表作り

新たなる?確立候補の生年を確認
シャマーダル02(父ジャイアンツコーズウェイは97生で所有できず12に引退)
キングストンヒル11(父マスタークラフツマンは06生で所有できずに20年代前半に引退)
オーストラリア11(父ガリレオは98生で所有しないと12?頃引退)(ニューアプローチ産駒のドーンアプローチが10生、オーストラリアの代役候補)
ディープスカイ05(父アグネスタキオンは98生で所有しないと)
シーザスターズ06、ゴールデンホーン12(共にケープクロス産駒=グリーンデザートの孫)


82年ボールドルーラー昇格
83ミルリーフ確立
86ミスタープロスペクター確立、ここまで3週目と同じデータ

89ロベルト確立
90ブラッシンググルーム確立
91ダンジグ確立
92トウショウボーイ確立、(率で)ニジンスキー昇格
93マルゼンスキー確立、(率で)ミスタープロスペクター昇格
94ロイヤルスキー確立
95リヴァーマン確立、(2系統確立で)ネヴァーベンド昇格
96ヌレイエフ確立
97ストームバード確立
98リアルシャダイ確立
99シアトルスルー確立
00サドラーズウエルズ確立
ロベルト、ブラッシンググルーム、トウショウボーイ、ロイヤルスキー、リヴァーマンはリミット年で、隙間を埋める形で確立するダンジグ、マルゼンスキー、ヌレイエフ、ストームバード、シアトルスルーも事実上リミット年も同然
ヌレイエフとシアトルスルーは後のエルコンドルパサーの為には重要
リアルシャダイとサドラーズウエルズは余裕あるが以降の年代が詰まっているのでピンポイントに狙って確立させたい

01ストームキャット確立
02サンデーサイレンス確立、(2系統確立で)ヘイルトゥリーズン昇格
03デインヒル確立
04ゴーンウエスト確立
05ミスターシービー確立
06グリーンデザート確立、(2系統確立で)ダンジグ昇格
07フォーティナイナー確立
07ヤマニングローバル確立、(3代確立で)プリンスリーギフト昇格
08フォーティナイナー確立、(率で)サンデーサイレンス昇格
09ブライアンズタイム確立、(2系統確立で)ロベルト昇格
10キングマンボ確立、(率で)ストームキャット昇格

ミスターシービー80、グリーンデザートとストームキャットが83、ブライアンズタイムとフォーティナイナーが85、サンデーサイレンスとデインヒルが86、ヤマニングローバル87、エーピーインディ89、キングマンボが90生
エーピーインディの引退が史実だと11年、ウイニングポスト8の初期版は非所有だと09年
自分の配合計画上では全く無意味なので確立して欲しくないんですが10年に確立されそうですね
シーキングザゴールド85に確立して欲しいけど、他の確立を平行してたらまず無理だし(07引退・所有不可)
同じ使わない予定ならゴーンウエスト84に自然確立してもらえば、フォーティナイナーやキングマンボが確立し易くなって有意義なんだけどなあ(非所有時05引退)
昇格の方もなかなか綱渡り


11ジャイアンツコーズウェイ確立、(率で)サドラーズウエルズ昇格
12(率で)デインヒル昇格
13ガリレオ確立
14架空グローバル産駒確立、(率で)ジャイアンツコーズウェイ昇格
15シャマーダル確立、(率で)キングマンボ昇格
16エルコンドルパサー確立
17デインヒルダンサー確立
18アグネスタキオン確立
19マスタークラフツマン確立、(率で)ガリレオ昇格
20オーストラリア?確立
21以降
ディープスカイ、キングストンヒル、ゴールデンホーンらの確立
(率で)マスタークラフツマン、エルコンドルパサーの昇格
グローバル産駒及び子孫の複数確立

デインヒルダンサー93、エルコン95、コーズウェイ97、ガリレオとタキオン98、シャマーダル02、ディープスカイ05、クラフツマンとシーザスターズ06、ドーンアプローチ10、オーストラリアとキングストンヒル11、ゴールデンホーン12
11年生まれがどちらかしか入手できない
母馬購入→自家生産の裏技の可能性としては
オーストラリアが母ウィジャボード01
キングストンヒルが母オデッセウス97
ウィジャボードが競争馬としても強いし、

名種牡馬因子及び大種牡馬因子の数を確保すべく、なるべく連続確立をさせていくのが
キングマンボ(確立・昇格)―エルコンドルパサー(確立・昇格)―架空直仔(確立)
サンデーサイレンス(親)―アグネスタキオン(確立・SP化・余裕あれば昇格)―ディープスカイか架空直仔(確立)
デインヒル(親)―デインヒルダンサー(確立)―マスタークラフツマン(確立・SP化・昇格)―キングストンヒルか架空直仔(確立)
ストームキャット(親)―ジャイアンツコーズウェイ(確立・SP化・余裕あれば昇格)―シャマーダルか架空直仔(確立)
ガリレオ(親)―オーストラリアか架空直仔(確立)⁄またはニューアプローチ(確立せず)―ドーンアプローチ
の、5ラインと、余裕があれば
ダンジグ(親)―グリーンデザート(確立)―ケープクロス(確立せず)―シーザスターズかゴールデンホーン(確立)
のラインを追加
確立までは手がまわりそうにないがとにかく維持を狙うのが
ロイヤルスキー系(確立・SP化・親ボールドルーラー系・ワカオライデン経由)
リアルシャダイ系(確立・SP化・親ロベルト系)
テディ系(親テディ系・メジロデュレン経由)
オーエンテューダー系(親ハイぺリオン系・ドクタースパート経由)
ニアークティック系(親ニアークティック系・カシマウイング経由)
ブラッシンググルーム系(親ナスルーラ系・サクラローレル経由)
サーゲイロード系(親ロイヤルチャージャー系・メガスターダム経由)
レイズアネイティブ系(親ネイティブダンサー系・リンドシェーバー経由)
辺り、海外で滅んで日本固有系統になるのが望ましいが
これに加えて本来のヤマニングローバル所属系統の
プリンスリーギフト系(昇格・ビッグアーサー経由?)
トウショウボーイ系(昇格・セキテイリュウオー経由?)
ミスターシービー系(昇格?・シャコーグレイド経由?)
もあるので何とかなるか
旧プリンスリーギフト系絡みはヤマニングローバル系とクロスが発生し易くなるので余り組み込みたくないが、確実に日本固有系統になる強みがあるので、保護予定の8系統のうち、ブラッシンググルーム、サーゲイロード、レイズアネイティブ辺りが海外で根強く残ってしまった時の保険にはなる
ガンガン確立していく(理想は)6系統の主流系統と、主流の血を取り込みつつ日本固有の系統として8系統(以上)をキープ
これらを全て、ヤマニングローバル系の受け皿としてグローバル系を派生させていく
代を重ねる過程でグローバル派生の親系統が増えるに連れて主流系統と置き換え
また、主流系統を代々確立していく結果日本固有化して保護系統と置き換え
あまりに代重ねして血統表から史実馬の名前が消えるのも萎えるので、完成時は
ヤマニングローバルから数えて5代目ぐらいを目安にしたい
グローバルが血統表から消えた直後辺りで、ゲーム上ではアウトブリード扱いだが実はインブリードしてる、とか、グローバルは87生と今となっては古い馬なので、若い世代の史実馬はギリギリ血統表内に残っているだろうという狙い

種牡馬施設lv.3、血脈活性化8本、SP昇華lv.3、(ボトム)ライン覚醒lv.2がノルマとして爆発力は3+8+5+6で22
母父が○以上、活力源化種牡馬因子が5以上、ニックスも何れかは成立、牝系配合も成立以上で爆発力を最低2+5+2+2で11以上追加で計33、これが母父◎の活力源化が8でニックスがトリプルで名牝配合なら11→21なのでこの時点で43、上限なら追加は4+15+8+4で31だがそこまでは望めない
だがこの時点で30後半の爆発力を確保するのが目標で、これに個別で条件上乗せを期待したい
百選配合(爆発力4)や三冠配合(爆発力4)、サヨナラ配合(爆発力5、Wサヨナラなら8)、完全型活力補完(爆発力3)に、活性因子(スピード因子活性で爆発力3)といった辺りで、2つも成立すれば5以上上乗せなので、トータル爆発力は40を超える
爆発力40以上≒理論上は上限値というのが過去のヘビープレイヤー達による検証結果(50あろうが60近くあろうが統計上は40と同じ)なので、40超えたら締め配合レベルです
この先は繁殖馬の能力と当たりを引く運と生産頭数の問題で、常時締め配合レベルであれば数もクリア、繁殖馬の質も続けていればクリアされます

ヤマニングローバル系の分割は
グローバルが87生、トウショウボーイ系確立の為に91年の年末(4歳時)に競争引退、よって初年度産駒は93生(史実馬だとダンスインザダークやエアグルーヴ世代、NHK杯→NHKMCや秋華賞新設された96クラシック組)
初期産駒(3年目の95生世代ぐらい迄)から1頭後継を選び、14年の確立=初分岐を目指す
グローバル自身の種付けも続行(むしろ後継より優先?)しつつ、2000年代は(所有できない)ジャイアンツコーズウェイを最優先で種付け、グリーンデザートやフォーティナイナーやキングマンボの確立支援に、生産はしないが産駒所有でブライアンズタイム支援も行う為14年は決して余裕があるわけではない
グローバルはその14年を最後に種牡馬引退(27歳)、ラストクロップは15年生(史実馬だとアーモンドアイやブラストワンピースらの18年クラシック世代だが、プレイするのがウイポ8 2017なので、収録史実馬は14年生の一部(ソウルスターリングら)までで、15生はサードステージらのスーパーホース初年度世代)
17年年末迄に海外牧場開設、架空年代突入の18年はグローバルの初年度産駒が25歳=3年目の95生迄の種牡馬は海外に出せばサヨナラ配合対象となる
国内は最初に分派した産駒の直仔の確立を目指しつつ、末期のグローバル産駒からも1頭選び確立を狙っていく

20年代初頭、可能なようなら別のサヨナラ対象馬を海外にそれぞれ送る
サヨナラが不可能な時点で、若い有力馬(サヨナラで生まれたような)を送り、その地域で確立を目指す
海外確立が成功すれば、そのまま支配率を高めて一気に親昇格させる
その頃にはヤマニングローバル本流は再びサヨナラ対象になりそうでもあり、当の確立した種牡馬(グローバル孫世代)も別地域に再移動でサヨナラ対象になれる

これ(日本で2系統確立同時進行、欧米は1系統ずつ確立&昇格)を繰り返して、主に欧米で分派親系統を増やす
ノーザンダンサー並み(派生親系統がニジンスキー、ダンジグ、サドラーズウエルズ、ストームキャット、デインヒル、ガリレオ…)に増えればグローバル系だけで配合回せるようになる

posted by ムノー at 10:31| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする