2020年02月04日

確立予定をねじ込んでみる

絶対に必要な確立、手間が少ないからついでにやっておく確立、余裕があればやっておきたい確立、と色々な要素の系統確立があります
89ロベルト確立
90ブラッシンググルーム確立
91ダンジグ確立
92トウショウボーイ確立、(率で)ニジンスキー昇格
93マルゼンスキー確立、(率で)ミスタープロスペクター昇格
94ロイヤルスキー確立
95リヴァーマン確立、(2系統確立で)ネヴァーベンド昇格
96ヌレイエフ確立
97ストームバード確立
98リアルシャダイ確立
99シアトルスルー確立
00サドラーズウエルズ確立
まず途中まで進めたデータなのでロベルト・ブラグルはそのまま立てる方向で
ロベルトは早期のヘイルトゥリーズン親昇格の為にも、リアルシャダイを使う際に種牡馬因子が1つ増える意味でも、後々リアルシャダイ+ブライアンズタイムの2系統確立で昇格させるって意味でも大事
ブラグルはそう大事でもないけど半自動で立つんだからキッチリ立てておけば、後のサクラローレルを種付けする際に種牡馬因子1つ分だけお得に
ダンジグは勝手に立つ系統、この予定の91年に立ってもらわないと他の確立の邪魔になるのでこの年であって欲しいけど、仮に失敗しても立つのは確定
トウショウボーイはヤマニングローバルのお爺ちゃん、後の種牡馬因子的にも親昇格的にも絶対に立ってもらわないと困るし、この92年でないと後ろがつかえてる
マルゼンスキーは能力高い、種牡馬因子多いと自家生産馬のレベルアップに重宝してるので、更に因子が増えて母父◎も付くんだから立てたい、一番の理由は前年に立つレベルに支配率を上げておきながらトウショウボーイの確立を被せることでマルゼンスキーの確立を阻止、その結果ニジンスキーを先に親昇格させる狙いで、早期にニジンスキーを昇格させられるか失敗してしまうかで、ヤマニングローバルの使い勝手に雲泥の差が出ること
ロイヤルスキーは確立しないとSP系ではなく、これの確立が後々のアグネスタキオンに活きるし、アグネスフローラがグローバルと相性良くなるかでも大差、この94年がリミット
リヴァーマンはネヴァーベンド親昇格の為に必要で、直仔のトリプティクや同じネヴァーベンド系牝馬のトウカイローマンやマックスビューティーといった初期有能牝馬には重要、こちらもリミット年

ストームバードはストームキャットの父=ジャイアンツコーズウェイの祖父、直接的にはコーズウェイ確立時に因子1つ分爆発力を稼げる程度しか価値がないが、ここが立たないとストームキャットの確立が遅れたり最悪失敗しかねない、なんせノーザンダンサー系なだけに種牡馬入りのハードルが高いので
とはいえ20世紀の確立で一番どうでも良い候補ではある

ヌレイエフとシアトルスルーも自分は全く使う予定がない系統なので確立しなきゃしないで良い、と思っていたが、どちらもエルコンドルパサーの血統表内に名前があったので一応価値はあった、優先度は低いが

リアルシャダイはモロに配合に組み込んでいるので確立必須
サドラーは勝手に確立する

一応20世紀はどれも確立して欲しいが、強いて言えば後半の確立は失敗するならしても良いってのが3つ

01ストームキャット確立
02サンデーサイレンス確立、(2系統確立で)ヘイルトゥリーズン昇格
03デインヒル確立
04ゴーンウエスト確立
05ミスターシービー確立
06グリーンデザート確立、(2系統確立で)ダンジグ昇格
07ヤマニングローバル確立、(3代確立で)プリンスリーギフト昇格
08フォーティナイナー確立、(率で)サンデーサイレンス昇格
09ブライアンズタイム確立、(2系統確立で)ロベルト昇格
10キングマンボ確立、(率で)ストームキャット昇格

ストームキャットは勝手に確立するタイプ、確立すれば昇格も勝手にするタイプ
遅れると後ろの確立に邪魔なのでここが望ましい
サンデーサイレンスとデインヒルも勝手に確立して確立後は勝手に昇格するタイプだが、02、03年は史実においてそれぞれ急死した年=非所有だと種牡馬引退リミット年、この年に確立できるかは正直微妙ではある、アグネスタキオンやデインヒルダンサーは所有して活躍させるけど
このタイミングを逃すとこの後の確立予定馬の方が高齢なのでどんどん後回しになって邪魔

ゴーンウエストは全く使う予定はない、単にミスプロを少しでも分割できると良いなってだけ
自然確立はかなりしやすいタイプ

グリーンデザートは後々子孫を配合に使うかもしれないのと、ダンジグの確実な&早めの親昇格の為の確立、引退年さえ延長すれば自然確立するタイプだし、確立支援に生産しても牝馬は無駄にならなくて都合良いタイプ

ミスターシービーはヤマニングローバルの父、主役のシービーの確立のついでに引退間際での確立狙いで、グローバルも当然確立

フォーティナイナーは引退年延長で自然確立するタイプなのでミスプロ分割用に、もしかしたら子孫を配合に使うかも

キングマンボもミスプロ分割用兼引退延長で自然確立するタイプだが、こちらはあわよくば親昇格、直仔のエルコンドルパサーは思いっ切り配合に組み込む予定

ブライアンズタイムは直接配合に使う予定はないが、ロベルト昇格でリアルシャダイを使い易くする予定で確立

種牡馬として所有予定の馬が多いので、順番に多少の融通は利くものの、種牡馬の所有枠の問題がある為かなり綱渡りになりそうな年代
優先度はゴーンウエストが大きく低いぐらい

この年代の末期は直後のジャイアンツコーズウェイ系確立の準備でてんやわんやと予想されているので、前半に将来を見越した生産で、上手いこと順番調整しないといけない

で、この年代中に、ワカオライデン確立を嵌め込めないものかってのがテーマ

posted by ムノー at 20:11| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする