2019年05月11日

91年6月1週

レオダーバンがNHKマイルカップ→ダービーの、春変則二冠を制した所です
デビューの遅れ(入厩が1月)から、なんとか重賞は勝たせたものの疲労が溜まり調子は落ちで、やむなく皐月賞は回避させて放牧、そっから立て直しました
皐月賞は架空の自家生産シービー産駒が優勝(→そっからケンタッキーダービーに向かい惨敗)、イブキマイカグラが2着、シャコーグレイドが3着、架空○外が4着で、トウカイテイオーはなんと着外
1〜3着は自己所有、テイオーはクラブ送りです
普通にやったら当然のようにテイオーが勝って、2〜4着だったのですが、リセットの賜物です
3頭出しを活かしてあれこれ、まあリセットは10回ちょいで行けましたが

マイルカップは自家生産ワカオライデン産駒とレオの2頭出しで、あっさりレオが勝ちましたが1―2フィニッシュを狙ってリセット
フルパターン(25通り)やっても叶わず
CPU生産・CPU所有のワカオライデン産駒が2着になるパターンにしました(リセット中何度も勝たれたので、イージーじゃなかったら厳しかった)

迎えたダービーはレオ、イブキ、シャコーの3頭出しにテイオー
やはりほとんどの場合テイオーが圧勝でしたが、リセット7回(=8度目)で、レオ勝ちイブキ2着のシャコー5着がきたので妥協

その間牝馬は所有しているイソノルーブルが、桜花賞は制しましたがオークスは(リセットしても)2着

外国馬として購入したスワーヴダンサーは英2000ギニー勝利

この状態からオートで年末、手動で年末処理、明けて支配率確認、をしたところ、レオが予後るパターン含めて日本のニジンスキー支配率は11.8%〜12.1%に
更にオートで進めると、92年の年末にトウショウボーイはとりあえず確立、12%以上のデータなら同時にニジンスキー昇格です

グローバル自身にとっては血脈活性化が多少組み易くなるものの、元々牝馬を用意済みだから大して変わりなく、むしろお爺ちゃんトウショウボーイの確立で種牡馬因子が増えたり同型爆発が組み易くなることの方がデカイですが、グローバルの直仔が繁殖入りした際に、大種牡馬因子が確定で確保なことが何よりデカイ
ここを逃すとトウショウボーイが昇格するまで自前で用意できる大種牡馬因子がないので10年以上、というか20年近く遅れる訳で
直仔の配合という意味では血脈活性化もヌレイエフやノーザンテースト入ってる馬(ヒシアマゾンとかダイナカールとか)と配合し易くなりますからニジンスキー昇格は本当にありがたい
例に上げた馬と直接つけることはまずないですが、SP昇華配合狙いでそれこそリアルシャダイ系とかロイヤルスキー系とかグリーンデザート系(確立前でダンジグ系)を挟んでの配合
そうそう、ダンジグ系もダンジグ昇格前からガンガン行けますね
って直付けはノーザンダンサークロスが発生するし、1世代後となるとダンジグも昇格済みの可能性結構ありますが


他の確立をするのに増え過ぎたニジンスキー系は、自牧場から放出(売却)することで速やかに減っていくでしょうし、1年後にはマルゼンスキーが確立して分離しますから、20世紀中には大したことのないレベルまで下がるでしょう
ロイヤルスキーとリヴァーマン確立させたらヌレイエフやサドラーズウェルズらが勝手に確立する年代ですし、そうこうしてる内にリアルシャダイとミスターシービー確立させてすっかり過去のものに

12.1%の時の種牡馬数は29(13)頭、種付け料合計は22750(11950)万円、現役産駒数は277(138)頭+α(いずれも()内はマルゼンスキー系所属分)
ワイドバトルの種牡馬入りを失敗(カリブソングを強制種牡馬入り)、このデータじゃ菊花賞(レオダーバン)、天皇賞(秋)やマイルCSやチャンピオンを取ってない(マルゼンスキー×ハギノトップレディの7歳覚醒と5歳遅めの全兄弟)ので、種付け料はもうちょい上げられる余裕がありますが、上げ過ぎるとトウショウボーイが立たなくなるので失敗してしまう恐怖
1000万≠0.3%ぐらいですかね
プリンスリーギフト(トウショウボーイ)系が同じく16(10)頭、13400(11750)万円、202(102)頭+αで9.1%
2年猶予のあるボールドルーラー(ロイヤルスキー)系が16(9頭)、6500(5150)万円、275(212)頭+αです
種付け料の少なさを現役産駒数でカバーしてますね、10000万まで絶対に届かないんですがなんとか立ちそうですから(8500ぐらい)

ニジンスキー系12.1%の詳細(単位は万円、頭)
リキサンパワー    500 16 所有
スーパークリーク 1500   0 所有
コクサイトリプル   350   0 非所有
ヤエノムテキ   1500   0 所有
ロングハヤブサ  1200   5 所有
スズマッハ      300   5 所有
スワーヴダンサー 1250   0 海外幼駒、所有
スカイクラシック 1500   0 海外幼駒、所有
ラシアンルーブル   700 12
ヤマニンスキー    550 14 初期種牡馬
インドプルボン    500 29 輸入時所有
ダンスオブライフ   400   4
ラッキーソブリン   300 28
ミュージックタイム  150   0
グランドオペラ   50   6
ナグルスキー    50 10
小計16頭     10800 139

マルゼンスキー   2900 32 初期種牡馬
※1アシトップスキー 1500  0 自家生産架空馬、所有
サクラチヨノオー  1500   0 所有
ブラックスキー   1500   0 所有
ヤマノスキー    1100 30 所有
※2アシトップマルゼン1050  0 自家生産架空馬、所有
サクラトウコウ     750 26 所有
レオダーバン      700   0 所有
スズカコバン      350 16 非所有
カリブソング      300   0 所有、強制種牡馬枠(川崎記念他、本賞金約28000万円)
マルゼンスター     150   8 非所有
サクラダイオー     100   0 非所有
ホリスキー      50 26 非所有
小計13頭     11950 138

総計 29頭 22750万円 277頭
※1 架空のマルゼンスキー産駒、母ハギノトップレディ、成長型遅めで5歳いっぱいで91年暮れに引退
※2 ※1の全兄の架空馬、成長型覚醒で7歳いっぱいの91年暮れに引退

マルゼンスキー系と、その他のニジンスキー系がほぼ同じ程度(ややマルゼンスキー系が上?)の数値なので、マルゼンスキー系の支配率は6%あるでしょうね
本来5%で系統確立なので、確立阻止したトウショウボーイ系はグッジョブです

普通ならマルゼンスキー系が確立目前の4.5〜4.9%で、他のニジンスキー系で残りの7.1〜7.5%を稼いで昇格→その後マルゼンスキー系確立、という手順のところを、他のニジンスキー系6%ぐらいで昇格できました
このテクニックを他でも使えないかと思ったのですが、リファール昇格→ダンシングブレーヴ確立なんかだと、そもそもリファールをそこまで支配率高めるのも自家生産だろうから2系統確立で良いんじゃとか
フォーティナイナー確立後に、フォーティナイナー昇格→エンドスウィープ?確立には行けるかも、キングマンボ辺り重ねたら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。