2019年06月15日

支配率05

04年末にグリーンデザート系確立
05年末にヤマノスキー系が確立するのも確認済み
06年末にフォーティナイナー系も多分確立するし、1年の遅れで済むならデインヒルが先に立つだけ
なので先を見据えたプレイが必要となります
10年迄は、順番待ちをしているだけのエーピーインディが割り込んできます
このまま行けばデインヒルの翌年の08年に立ちます
ヤマニングローバルを9年に(エーピーインディと入れ替わりも可)
キングマンボを10年に立つようにして、そこまでは毎年確立です
グローバルはまあ立つでしょうし、キングマンボもほっといても立つ頃なので、そこはそんなに心配していません
で、ディストーティドヒューモア(12年がリミット)、ジャイアンツコーズウェイ(13年がリミット)を、間に合うように立てたいところです
ヒューモアは失敗するかもしれませんがそれは失敗した際のダメージがより大きいコーズウェイを優先しているからですね
11年が空いている&ヒューモア失敗だと2年空いてしまうかもしれません
ちょっと支援してやれば今からでもブライアンズタイム確立は間に合いそうですが(04年5.5%、種牡馬10/13→05年5.3%、種牡馬10/12)そこは無視
ロベルト系親昇格するからブライアンズタイム系使う予定がなくてもメリットあるんですが、とにかくコーズウェイ全力
本来グローバル産駒の架空馬を割り込ませたかったのですがまだ候補となる種牡馬も得られず、早くても15年以降の確立になりますし
エルプラドやアグネスタキオンはこれから取りかかって14年以降(エルプラドのリミットは16年)が目標、後は勝手に立つとしたらガリレオですね



ミスターシービー系
03年4.9%→04年5.3%→05年5.5%
ヤマニングローバル系種牡馬7頭(増減無)、6200万円(350万減)、87頭(28増)
内、ヤマニングローバル自身2450万円(150万増)、40頭(2増)
その他系種牡馬6頭(増減無)、1350万円(増減無)、70頭(5減)
合わせて種牡馬13頭(増減無)、7550万円(350万減)、157頭(23増)
明け6歳の覚醒馬(G1を10勝)と明け3歳の早熟馬(同3勝)も所有していて、2歳馬ら他にも種牡馬入りに期待できる馬はいるので、08年に確立できそう
引退タイミングを間違えて、フォーティナイナー系より先に確立しないように注意(ニックスの都合上)


マルゼンスキー系
00年5.0%→01年5.3%→02年5.2%→03年5.7%→04年6.8%→05年7.3%
ヤマノスキー系種牡馬14頭(1増)、8700万円(950万増)、134頭(5増)
内ヤマノスキー自身が3150万円(350万増)、53頭(15減)
その他系種牡馬4頭(増減無)、600万円(50万減)、22頭(1減)
合わせて種牡馬18頭(1増)、9300万円(900万増)、156頭(4増)

この年末に確立します、現役競走馬に満額行けそうなのがいたり、支配率上げ過ぎ問題が発生です


ダンジグ系
日本00年5.8%→01年6.8%→02年7.5%→03年7.8%→04年8.1%→05年ダンジグ系3.4%+グリーンデザート系4.6%
世界は6.1%→7.2%→7.5%→7.5%→7.3%→ダンジグ系5.6%+グリーンデザート系1.9%

日本国内では
グリーンデザート系種牡馬11頭(1増)、6500万円(1500万減)、114頭(33減)
グリーンデザート自身は引退、前年は3000万円、42頭

デインヒル系種牡馬4頭(1増)、1800万円(250万増)、61頭(1減)
内デインヒル自身は1150万円(100万増)、32頭(1増)
その他系種牡馬4頭(増減無)、1450万円(50万減)、37頭(1増)
合わせて種牡馬8頭(1増)、3250万円(200万増)、98頭(増減無)


世界の種牡馬数では、グリーンデザート系は13頭(増減無)
グリーンデザート系が抜けたダンジグ系は28頭(1増)、内、デインヒル系13頭(2増)

グリーンデザート自身の引退分で、グリーンデザート系の支配率は下がったの確実ですが、仮に引退していなくても日本5%に達していたかと問われると、多分無理でしたね
世界2%での確立です
そしてデインヒル系も、ほぼ間違いなく世界2%に届いて後は順番待ち
ダンジグの親昇格もデインヒル系の確立待ちですが、何気に欧州支配率が04年10.6%、05年がダンジグ系10.1%+グリーンデザート系1.3%なので、率で昇格する可能性もあったし、デインヒル確立前に率で昇格もありそうです



ミスタープロスペクター系
日本00年9.0%→01年9.9%→02年10.2%→03年11.2%→04年12.3%→05年13.5%
米州21.5%→22.4%→23.8%→25.3%→26.6%→27.4%
世界12.3%→13.0%→13.7%→14.7%→16.3%→16.8%

日本国内にミスプロ系種牡馬は29頭(2増)
フォーティナイナー系は9頭(2増)、5400万円(2000万増)、96頭(14増)
フォーティナイナー自身は2350万円(150万増)、44頭(6増)
キングマンボ系は3頭(1増)、2550万円(700万増)、86頭(5増)
キングマンボ自身は1250万円(300万増)、54頭(6減)

フォーティナイナー系の種牡馬の増加は、輸入が1頭(5年目8歳、プリサイスエンド、400万円、エンドスウィープ産駒)に新種牡馬が1頭(ビワシンセイキ、7歳、1050万円)の計2頭(共に所有)
キングマンボ系の種牡馬の増加は新種牡馬キングカメハメハ(4歳、550万円)の分

世界ではミスプロ系種牡馬は78頭(2減)
フォーティナイナー系は11頭(1増)
キングマンボ系は7頭(2増)
日本の新種牡馬以外にキングマンボ系にルールオブロー(4歳、600万円)が欧州で新種牡馬に

ディストーティドヒューモアが種付け料200万→450万→950万→1000万

ビワシンセイキ、1000万超えも当然な金殿堂馬なのですが救済枠で無理やり種牡馬入りでした
確立してミスプロから離脱するまで気を抜けません
その先の親昇格の為には駄馬すら頭数として種牡馬入りさせたいですから、殿堂馬外すとか無理無駄
フォーティナイナー系確立が06年に前倒しになるか、デインヒルが先の07年確立かは、この05年の年末処理次第と思われますが
世界2%に届いているか否か、結構ギリギリのラインですからね
他系統含めた全種牡馬、特に新種牡馬に、高額種牡馬がどれだけいるか次第でのボーダーラインの揺らぎで成否が左右されそうな
フォーティナイナー(85)、デインヒル(86)の世界支配率2%ラインと、ヤマニングローバル(87)の日本支配率5%ライン(ブライアンズタイム(85)も案外近いかも)



ストームキャット系
欧州02年1.3%→03年0.3%→04年0.7%→05年1.2%
米州6.4%→8.7%→9.5%→9.2%
世界2.8%→3.2%→3.7%→3.8%
日本0.7%→0.8%→0.9%→1.0%

ストームキャット系種牡馬は世界で22頭(2減)
所属地別では米州18頭(3減)、欧州2(1増)、日本2(増減無)
ジャイアンツコーズウェイは1350万円(50万増)、産駒34頭(13増)、8歳5年目、アメリカ所属



サンデーサイレンス系
04年7.5%→05年8.6%
サンデー系種牡馬25頭(2増)
アグネスタキオンは900万円(300万減)、12頭(初年度産駒)、4年目7歳

タキオンはさておき、サンデーの親昇格は着々と近づいていて10年迄には昇格ですね
あまり話題になりませんが昇格も年に1系統のみ
ダンジグ系やプリンスリーギフト系とぶつかると後回しにされます
待たされている間にサドラー系やストームキャット系が条件満たすと割り込まれて更に待たされることになるのですが多分大丈夫でしょう

ヘイルトゥリーズン系は変わらず3頭、1.3%でした


サドラーズウェルズ系
世界04年4.0%→05年4.3%
日本2.2%→2.7%
欧州9.6%→9.0%
世界でサドラー系種牡馬19頭(3増)、日本に7頭(2増)
エルプラド(16歳、13年目)、400万円(250万増)、19頭(増減無)
┗メダグリアドーロ(6歳、1年目)、300万円
ガリレオ(7歳、4年目)、150万円(50万減)、24頭(初年度産駒)

これから確立作業に入りますが、確立前に欧州支配率で昇格して欲しいですね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。