2019年05月22日

支配率1997

前年末にヌレイエフが確立し、この年はストームバードが確立します(確認済み)
翌年以降にシアトルスルーを阻止してリアルシャダイ確立、となれば理想的なのですが、シアトルスルーはおそらく(世界ではなく)米国支配率で確立するので、歳下のリアルシャダイで阻止するにには
シアトルスルー系の現役競争馬を勝たせない→シアトルスルー系種牡馬の種付け料が上がらない
これ以外できません
諦めて、99頃の連続確立を目指します
サドラーズウェルズ(81)、リアルシャダイ(79)、ミスターシービー(80)、ストームキャット(83)、サンデーサイレンス(86)、デインヒル(86)と確立してる間に、次の確立予定分の支配率上げて
グリーンデザート(83)、フォーティナイナー(85)、ヤマニングローバル(87)と確立
ゴーンウエスト(84)、エーピーインディ(89)の割り込みがあるかもしれないが少なくともエーピーインディは後回しになる(生年から)
ヤマノスキー(81)はリミットが08年になるけど準備整い次第割り込めるから問題ない

と、今後の目標に向けて、97年の現状把握です
多分サドラーは支配率はクリア済みで順番待ち何だろうなあ

トウショウボーイ系
94年5.6%→95年6.3%→96年6.0%→97年5.8%
下げ止まりません
種牡馬のラインアップはシービー系もその他系も前年と変わらず
シービー系種牡馬8頭で7500万円(950万減)、現役産駒88頭(20増)
(シービー自身は1800万円、34頭)
その他系は6頭で2150万円(750万減)、46頭(6増)
合わせて14頭、9650万円(1700万減)、134頭(26増)
揃って微減も、グローバル産駒の活躍も始まったし問題ないか


マルゼンスキー系
94年5.6%→95年5.4%→96年5.6%→97年5.5%
ヤマノスキー系が4頭(1増)で2950万円(800万増)、57頭(14増)、ヤマノスキー自身は1250万円(300万増)
その他系が9頭(1減)で3600万円(2300減)、111頭(28減)
合わせて13頭(増減無し)で6550万円(1500万減)、168頭(14減)
マルゼンスキー引退での減少幅をよく埋めたってところで、ヤマノスキーは順調と言って良いかと
ヤマノスキー系が2%、残りで3.5%が目安ですかね
スズカコバンも引退して、息子のササノコバンにチェンジしました



ロイヤルスキー系
95年5.7%→96年6.1%→97年6.3%
無駄に増え続けています
ワカオライデン系を諦めたからには、抱え込んだ種牡馬を放出→引退させなくとはなりません
種牡馬17頭(内ワカオライデン系6頭)は変わらず


世界のボールドルーラー系支配率4.3%→97年3.8、アメリカでは9.1%→97年8.4
ストームバードが立ったということは、シアトルスルーはギリギリ届いてなかったんでしょうね、なんか下がってるし

ロベルト系
94年5.2%→95年5.9%→96年6.6%→97年8.1%
リアルシャダイ系種牡馬が11頭(2増)で7000万円(1700万増)、166頭(25増)
(リアルシャダイ自身は3100万円、92頭)
その他系が8頭(1増)、4800万円(1450万増)、130頭(16減)
大きく伸びましたがブライアンズタイム系の伸び(新種牡馬ナリタブライアン)もあるので
今後マヤノトップガンらも控えてますから、相場を押し上げる厄介な要因になりそうです
ブライアンズタイム系の確立を諦めたので、ナリタブライアンはシンジケートへ、余命僅かです
ステージチャンプは7歳現役、6歳終了時にG1を10勝なので1000万円超えは堅いところまで
チャンプ引退で5%に届くかギリギリ足りないかって予想しています
96年で引退させても、たとえ5%超えようがストームバードの方が優先されますし


ダンジグ系
95年2.7%→96年3.2%→97年3.6%、世界だと3.9%→4.0%→4.6%
日本国内では
グリーンデザート系種牡馬4頭(1増)、3350万円(900万増)、現役産駒50頭(2減)
(グリーンデザート自身は1900万円)
デインヒル系種牡馬1頭(自身のみ、増減無し)、500万円(増減無し)、28頭(5増)
その他系種牡馬5頭(1減)、1400万円(150万減)、現役産駒50頭(6減)
合わせて種牡馬10頭(増減無し)、5250万円(750万増)、128頭(3減)
伸びた分はグリーンデザート分なので、推定で2%弱まできましたかね

世界の種牡馬数では、ダンジグ系全体で25頭(2増)、内グリーンデザート系6頭(1増)、デインヒル系は自身のみ
グリーンデザート系、世界2%の方が早いかな?


ミスタープロスペクター系
95年4.3%→96年5.5%→97年5.8%、世界だと7.7%→9.0%→9.7%、米国15.2%→16.8%→18.3%
日本国内ではフォーティナイナーもキングマンボも自身のみ、全種牡馬19頭(増減無し)
フォーティナイナーが700万円(増減無し)、32頭(2増)
キングマンボが150万円(増減無し)、13頭(13増)
米国にいるフォーティナイナー産駒種牡馬は1減で2頭
世界全体のミスプロ系種牡馬は60頭(4増)



この年確立するストームバード系の状態は
ストームバード自身は米国で400万円、現役産駒3頭
米国にいる後継種牡馬は直仔がサマースコールとストームキャット、ストームキャットの産駒が4頭の計6頭で3900万円
日本には後継種牡馬不在
欧州(含むアジア・オセアニア)に直仔がブルーバードを含む3頭に孫が2頭の5頭で850万円
ノーザンダンサー系の支配率は米国20.1%、世界23.0%
米国のノーザンダンサー系種牡馬がストームバード系(7頭)を含めて18頭なので、米国5%だと思われますが
世界だと65頭中の12頭、こっちの2%も超えてそう
posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

ベストな架空自家生産牝馬の条件

対ヤマニングローバル特化型で、1発で完成(次世代は考えない)、量産できる(同じ血統構成の馬をたくさん用意できる)って条件で
父馬の能力が高い
父馬がSP系
父馬が能力因子を2つ持つ
父馬が(遅くとも2010頃迄には)確立できる
配合した際に血脈8本になる=父馬の父系と母父が、親系統でプリンスリーギフト、ハンプトン、ノーザンダンサー(ニジンスキー)、ロイヤルチャージャーではない
ヤマニングローバルとニックスになる←これはそうなるように操作する
父馬の父、父々、母父も確立しているのが望ましい←必須ではない

まずはこの縛りで、配合後母父となる馬を絞ると、確立予定の馬の内ジャイアンツコーズウェイ、ガリレオ、辺りだと10年頃確立の年数条件がギリギリで、確立が確実に間に合いそうなのはキングマンボ辺りまで
エルコンドルパサー、アグネスタキオン、エルプラド辺りは間に合わないと見るべき
で、能力因子2つ持ちとなると、序盤に確立予定のブラッシンググルームやリアルシャダイやロイヤルスキーもアウト
ほぼミスプロ系の何かとなり、間に合えばジャイアンツコーズウェイ、ガリレオはありという所で、ミスプロ系はシーキングザゴールド、フォーティナイナー、キングマンボに、間に合えばディストーデッドヒューモアか
この父馬達を確立目当てに付けまくるとして、ニックス操作の為にもグローバル牝馬にはそりゃ付ける、んだが他はリアルシャダイ牝馬やロイヤルスキー(=ワカオライデン)牝馬に付ける流れだろうなあと
ロイヤルスキーなら親ボールドルーラー系だし、リアルシャダイはロイヤルチャージャー系だけどヘイルトゥリーズン系が昇格
史実馬中心に世間に出回っていそうな血統の馬もサンデー牝馬中心だろうから、テキトーにミスプロ付けて、産まれた牝馬にグローバル付けるのが正解ということか

これらの牝馬が用意できるのは最速でも95年頃、ある程度数が揃ってくるのは00年代以降、ニックスや確立といった準備が整うのは早くても05年辺りから
シーキングザゴールド・フォーティナイナーが85年生でそっから種牡馬になって産まれた産駒牝馬が更に繁殖入りして、であり
それら種牡馬やヤマニングローバル自身(87年生)が系統確立できるのも早くて05年前後
よって締め配合的なミスプロ系牝馬とグローバルの配合は、グローバルの種牡馬生活晩年のものであり
それまでは、ロイヤルスキーやリアルシャダイとのニックス成立を目指す、というよりそれらの確立、自身の確立で相互に付けあったり、史実の有力牝馬との配合理論より能力を前提にした、或いは後では成立しなくなる同系爆発に賭けた配合を行ったり、架空牝馬を含むマイナー血統牝馬と交配してメールライン活性化に賭けたり
という形で産駒を増やしていくことで、アプローチが異なる為牝馬が産まれたらミスプロ系種牡馬を付けるのにちょうど良く、牡馬であれば後継種牡馬にして、グローバルの代用も可能、という形に


グローバルを直接、或いは1代重ねてミスプロ系牝馬に着けた後は、確立作業タイミングとしてはマスタークラフツマンや架空馬のメジロデュレンやサクラローレルの後継種牡馬を確立したい頃
フォーティナイナーやキングマンボが順調に親昇格済ませていればミスプロ同士の配合も行けるので、グローバル系を大量確立して分岐をつくるための受け皿牝馬はこの形で行きたいなと

ざっとこんな配合、変わりそうなのはキングマンボがフォーティナイナーになったり、フォーティナイナー産駒のディストーデッドヒューモアになったり、はたまたシーキングザゴールドになったりってところ
┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃ヤマニ┃ミスター┃トウショウボーイSP  ┃テスコボーイ確立せず ┃
┃ ┃ングロ┃シービー┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃ーバル┃(80)名瞬┃シービークイン    ┃トピオ確立無理       ┃
┃架┃(87) ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃SP系   ┃ヤマニン┃ニジンスキー ()SPST    ┃ノーザンダンサー()大 ┃
┃ ┃ 確立┃ペニー ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃因子無┃    ┃ロウワーライツ    ┃サーゲイロード()名   ┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃キングマ┃ミスタープロスペクター┃レイズアネイティブ() ┃
┃ ┃ 架 ┃ンボ(90)┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃名SPPW┃            ┃ヌレイエフ()     ┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃リアルシャダイ(79)名ST┃ロベルト(69)名SPST  ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ 架空馬or史実馬    ┃ロイヤルスキーorワカオライデン他 ┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛
で、産駒が牡馬だったらその相手はこんな感じか?
┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃フラワ┃ディストーデ┃フォーティナイナー大 ┃ミスタープロスペクター┃
┃ ┃ーアレ┃ッドヒューモア┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃イ  ┃名   ┃ダンジグズビューティー┃ダンジグ        ┃
┃架┃ 名 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃プリンセ┃リシウス       ┃ミスタープロスペクター┃
┃ ┃   ┃スオリビ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃ア   ┃ダンスイメージ    ┃サドラーズウェルズ   ┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃ジャイア┃ストームキャット大  ┃ストームバード名   ┃
┃ ┃ 架 ┃ンツコー┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃ズウェイ┃ マリアーズストーム  ┃ラーイ     ┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃アグネスタキオン   ┃サンデーサイレンス   ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ 架空馬or史実馬    ┃           ┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

更にその先だと(史実馬中心だと)こんな相手?
┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃キング┃マスター┃デインヒルダンサー名 ┃デインヒル大     ┃
┃ ┃ストン┃クラフツ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃ヒル名┃マン名 ┃スターライトドリームス┃ブラックタイアフェアー ┃
┃架┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃オデッセ┃レインボークエスト  ┃ブラッシンググルーム名┃
┃ ┃ 馬 ┃ウス  ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃サラジョージナ    ┃パーシャンボールド  ┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃ナイト ┃ドバヴィ (02)     ┃ドバイミレニアム(96) ┃
┃ ┃ 架 ┃オブ  ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃サンダー┃ フォレストストーム(06)┃ガリレオ(98)     ┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ガリレオorエルプラド ┃サドラーズウェルズ大   ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ 架空馬or史実馬    ┃           ┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛


posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ハッピーバースデー

今日4月11日はヤマニングローバルの誕生日
生きていれば32歳を迎えるところでしたが、3年前に逝ってしまっています(1987-2016)
ウイポで所有すれば27歳シーズン=2014年迄種牡馬として使えます
95〜01の7年(96〜02生)12頭の産駒しか残せませんでしたが、ウイポなら最速で91年から種付けできます
という訳でウイポ的にどれだけ優秀な種牡馬かアピールしていこう、というのが今回のお話です

サブパラメーターは健康以外全て優秀です
ウイポは無理使いをしなければ大きな故障はほとんどありませんし、牧場施設が充実してれば幼駒時代の小さな故障(ソエとか)は全く出なくなりますから、健康が低いのは大したハンデではありません
デビューできない程虚弱な馬は生まれないシステムですし、加えてゲーム内の配合理論でインブリードのメリットが非常に低いのでアウトブリードを選ぶプレイヤーがほとんどですから、なんの問題もないといえましょう

スピードだけは優秀な種牡馬と比べると見劣りします
ですがゲームの配合理論はスピードを上げる為のものですし、爆発力の高い配合を選んでいけば埋められるものです、サブパラメーターを上げるより簡単です

血統表ですがまずはデフォルトの状態
3代父がテスコボーイ(プリンスリーギフト系)、トピオ(ファイントップ系)、ノーザンダンサー(ノーザンダンサー系)、サーゲイロード(サーゲイロード系)で、父ミスターシービー、母父ニジンスキーです
よって血脈活性化の判定はナスルーラ、ハンプトン、ノーザンダンサー、ロイヤルチャージャーの4本を確保できています
種牡馬因子は大種牡馬がノーザンダンサー、名種牡馬がニジンスキーとサーゲイロードです
また系統特性がSP系です
ヤマニングローバル自身に能力・特徴因子がないので隔世遺伝の対象となり、成立する場合はミスターシービーの瞬発力因子が強調されます

このままの状態でも平均以上に使いやすい血統で、特にミスタープロスペクター系牝馬とは好相性ですが、ゲームの進め方次第でより優秀な内容になります
直系父系は3代父テスコボーイをかなり簡単に系統確立できます(確立年度はテスコボーイが引退する85年の年末が基本)し、祖父トウショウボーイも(特にテスコボーイ確立時は)そう苦労することなく確立可能です(リミットは93年)
テスコボーイを確立すると系統特性を失ってしまうデメリットもありますが、種牡馬因子を簡単に増やせます
この先はプレイヤーの頑張り次第ですが、ミスターシービーやヤマニングローバルを確立する、サクラユタカオーを確立する等する事で、プリンスリーギフトやテスコボーイの親昇格も可能です
ナスルーラから外れることで、血脈活性化がし易くなります
最短コースだと90年代後半、ってか世紀の変わり目ぐらいに
・テスコボーイ―トウショウボーイ―ミスターシービーの3代確立でプリンスリーギフト昇格
・トウショウボーイ+サクラユタカオーの2系統確立でプリンスリーギフト昇格(テスコボーイを確立していたらテスコボーイが昇格してプリンスリーギフトは子系統のまま)

昇格といえばニジンスキーも充分狙えます
ノーザンダンサーから外れるのはナスルーラから外れる以上に効果絶大でしょう
・日本もしくは世界支配率を上げて昇格(90年代前半パターン)
・2系統確立で昇格(90年代後半以降、大抵はマルゼンスキー+何かで、グリーンダンサー、カーリアン、ラムタラ等)
・3代確立で昇格(21世紀以降、どれも孫世代の確立は力業)

血統表内にプリンスリーギフトはいない、テスコボーイもギリギリですがニジンスキーはヤマニングローバルの産駒世代にも3代目(父の母の父)として残ります=孫世代の4代目
孫をつくる配合の際に大種牡馬因子を確保できる、という点において、ニジンスキーは極めて重要なポジションです

と、このように改良せずとも及第点、簡易に手を加えるだけで子孫の代でも使い勝手の良い有能な血統構成を持っています


配合パターン
〜90年代中盤
史実で種付け初年度が95年であり、この時ヤマニングローバルは8歳
故障がなければタイトルひっさげて5歳ぐらいから繁殖入りしていたかもしれないIFの年代ですので、この年代でないと成立しない配合を優先して上げてみます
ミスタープロスペクター系、それも可能なら直仔の牝馬は、次世代考えないならベストな相手になるでしょう
次世代を考えるならマイナー系統との配合、母父◎付きのパーソロン直仔牝馬がベストですが、探せば他にもヒンドスタンやエタン、ミルリーフ等いるでしょうし、
母父○にこだわらなければより選択肢は広がります

まだSP系のまま(テスコボーイが確立していない)なら、昇華配合も視野に入れておくべきで、この年代であればオーエンテューダーやテディ、なんならザボスまで、マイナーなSP系が健在です
ここでそれらと配合しておけば次世代で血脈活性化配合を狙い易くなるのみならず、ライン活性化も視野に入ってきます
また、SP系のままというならリスク覚悟で、同型配合爆発型、を狙い易いのもこの年代ぐらいでしょう

世紀またぎ、00年代
前の年代で誕生した、自身の産駒とも種牡馬として対決しないといけません
この年代の史実馬は、圧倒的サンデーサイレンス産駒の時代
サンデー牝馬とは問題なく付けることができますが、特筆できるような好相性ではありません
牝馬の母父がノーザンテーストだったりすると、配合時にノーザンダンサーのクロスが発生で地味にやり辛い年代です
前の年代で誕生した息子=産駒種牡馬が活躍する年代かもしれないですね

10〜14年
グローバルの繁殖引退までのカウントダウン年代ですが、この年代に繁殖入りする牝馬であれば、もはやノーザンダンサーが血統表内にいるのは稀ですし、プリンスリーギフトもニジンスキーもレアな血統、親昇格済みなら尚良し、って感じでガンガンつけていけますね
ほっといてもミスプロやダンジグが流行、ましてや昇華配合狙いで進めて来てるならジャイアンツコーズウェイやエルプラド、はたまたオグリキャップやラムタラ等が確立してSP系は増えているので種付け相手は困りません
困りませんが、意識的に用意した専用嫁というべき架空牝馬が完成してても良い頃ですね
posted by ムノー at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

よし来春

9の年度版が出るとして
・今問題視されてるバグが解消している
・馬エディットができる
・クラブ作れる、分場またはクラブ牧場持てる、海外牧場持てる
・開始年代が早まる
この4つの内3つ以上が果たされてたら買おう
でなければ8の2018を買おう

とにかく初期馬が2択なのが、自分のモチベーションを大きく下げてますわ
もし今2017を楽しめてなかったら即9に飛び付いたかもですがその場合
・架空馬でヤマニングローバルの全弟を作って、ひたすらそいつを繁栄させるのを目指す
のを、2周目でやってたでしょうね
1周目?そんなんプレイのコツをつかむまでやったら後は引き継ぎデータ作りするだけですわ
posted by ムノー at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

9出ましたねぇ

今んとこ、買う気にはなれないですねぇ
騎手や調教師との人脈がなかなか広がらない、とかは、ある意味リアルですし昔のウイポみたいでそれはそれで楽しめそうではありますが、
先方から押し掛けてきて出逢うイベントがなくなったとか、厩舎の所属騎手なのに出逢いイベント発生しなきゃ知り合えないとかで、絆コマンド強要されるのは何か違うだろうと
そして91年にゲーム開始って設定で、開始時に持てる馬がレオダーバンかシャコーグレイドの二択のみで、引き継ぎプレイだろうがどうにもならないというのはかなり悲報
どっちもまあまあ好きな方の馬ですが、トウカイテイオーもナイスネイチャも持てない、まして1歳上のヤマニングローバルは絶対に無理とか、何がプレイの多様性だよと(笑)
グローバルが持てるか持てないかでやる気全然変わるんだなあと痛感したのでした
3でもパック版ならオリジナル種牡馬で持てたぞ(笑)
posted by ムノー at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

2馬身1/2

負けましたねぇ、危惧していた通り圧倒的に
8頭立てで8着、7着馬から2馬身1/2差
名古屋(の市)章、末広がりの8というより
あばれ8着鼻つまみですわ

うーん、今週中(2月中ではない)に86年終わらせて、残りの3月で何とか90年まで終わらせられたとして、順調に進んでた仮定での状況が
・分場ある程度増築済み
・ミスプロ、ロベルト、ブラグルが確立
・ニジンスキーそろそろ昇格
・トウショウボーイをこの年確立予定
・ロイヤルスキーが確立に向けて支配率上昇中
・87生生まれ(当ブログではヤマニングローバル、アグネスフローラ世代ですが一般的にはメジロ御三家世代)が明け4歳、3歳がテイオー世代、2歳がブルボン世代、春に誕生するのがナリタブライアン世代

4月は自分の環境変わるので多分あんまり進められない、1年は進めておきたいが頑張っても2年が限界
5月も同様だけど、間のGWに頑張って3〜4年進められれば、5月の月末で96年の年末辺り
やり直し不要レベルの環境であれば
・ニジンスキー、ネヴァーベンド昇格、ダンジグ、リヴァーマン、トウショウボーイ、ロイヤルスキー、マルゼンスキー確立
・リアルシャダイにも目途がついてるとよいな

うーん、こっから(自分の望んだ血統で)強い馬作るのはちょっと難しいなあ
最低10年、できたら20年後ぐらいの環境なら何とかなると思うけど
6月の締切では無理か

ゲームをそのまま続けて、8月のお盆で頑張るとかしても2010までは行かないか
11月ぐらいで史実終わるとしたらかなりハイペースで頑張ったといえそう
でもそこまで大きなやり直しなく進められたら、まさに集大成な馬を送り出せる気がします
古馬戦ならなんとか送り出せるかなあ
間に合うよう頑張るしかない

3歳戦エントリーは5月末まででも、古馬戦なら秋までいけそうですし
オートを上手く使えても、種付けで1日、年末処理と海外幼駒購入で1日、その他(主に誕生)で1日かかるので、最大でも週で2年しか進まないのが自分の限界
でもそのマックスをキープできれば、5月末までに26年、11月末までなら追加で52年の計78年進められます
頑張れ自分
posted by ムノー at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

初レースにドキドキ

「ポットはん」氏主宰の対戦レースに登録しまして今月愛馬デビューです
対戦レース参戦はウイポ6時代以来、ウイポで2回目(デビューはダビスタでそれ入れて3回目)となります
ダビスタの時(既にウイポ派でしたが、雑誌主催)は成績を期待する以前に、締切ギリギリで生産を終わらせろくに育成していない馬で、当然のようにボロボロの結果でしたが、その時の目的にしてた血統表の美しさでは、優勝は逃したものの入賞を果たして誌面に血統表が載る、満足いく成果が得られました
ウイポ6ではネット(ブログ)を介しての、顔も本名も知らない仲間内で、その中の男気のある方が主宰者をやってくれて開催された大会で、とりあえず惨敗はしないで済みました

今回の目標は、「最後方独り旅」にだけはならないで、なんとか馬群には残っていてくれ、ですね
毎月出走馬は募集されていますが、3歳戦の登録は6月まで、ということなので、今から82年スタートして自分のプレイスタイル&プレイ時間では満足いく馬の生産を間に合わせる自信がない、そこで既存データ=2周目を先に進めることでそれなりの馬を作って登録したって状態です
2周目プレイを87年以降オートですっ飛ばしたのは、マスタークラフツマン系の系統特性確認の為だけではなく、もう1つの目的があったということです
おそらくゲーム冒頭のJCみたいなことになり「世界に通用する強い馬つくり」を心に掲げることになるのでしょう

ポットはん氏から出馬表が昨夜公開されました
「自分とポットはんさん以外、みんな2018や、2017プレイヤーどこぉ」
「任天堂switchは俺だけかーい!」
と、早くも「ビデオデッキはβ派」みたいなマイノリティっ振りを晒した気がします
自分の馬にとって距離適性外の1300戦が選ばれたのがどう響くのかも注目したいです、ライバル馬の主な勝ち鞍を見る限り、他馬の多くも自分同様距離不足みたいですから、実力差が縮まる紛れとなるのか、はたまたより残酷な結果が待つのか

これから結果を毎日ドキドキしながら待つことになりますが、その間に3周目を進めなくてはなりません
3周目からの出馬が間に合うのであれば、以下の条件を満たす馬にしたいですからとにかく生産です
・今回の馬より強い(ある意味当たり前な目標)
・血統表内にヤマニングローバルの名前が残ってる
2つ目は何気に重視したいです
今回出馬表見てて、やっぱり知ってる名前=史実馬があった方が色々燃えましたから
でもグローバルの場合、能力的にも(3周目はエディットで強化しましたがそれはそれで萎えるし)、血統的にも(種牡馬因子は多いけど、SP昇華はレベル1止まりだし、能力因子ないし)、年代的にも(これが一番デカイ理由かも、父系統や牝系を確立したり昇華配合向けに血統整えたりが優先されて締め配合やる余裕がない)、直仔で強い馬は難しいので、少し条件緩めて
直仔でも、種牡馬因子盛り盛り、トリプル以上のニックス、母父◎、SP昇華レベル1、メールライン覚醒レベル2等で爆発力30ぐらいは可能なので、締めるつもりで牝馬を用意しとけば後は運で強い馬は産まれるんでしょうけどね
グローバルが繁殖生活を送る90年頃〜14年は個々の配合の完成度より次世代のことを優先した確立プレイの時間帯で、ニックスなんぞは配合時は無視に近い、ニックスといえば今の配合では成立してないが確立後に対象になることを意味する時代ですし

どうせなら、おっ、しっかり組んであるなあ、狙った締め配合だなあって血統にしたいので、グローバルは4代父(表ギリギリ)、SP昇華レベル3、因子活性キッチリ、みたいな馬を代表にしたいですね、またそのぐらいでないとなかなか通用する馬は産まれないかなあと
系統確立優先の配合してると、SP昇華のレベルがなかなか上がらないんですけどね、そこは要注意かなと

IMG_20190203_142156_1.jpgIMG_20190203_142156.jpg(画像回転の仕方が判らない、済みません)
ウチの代表になったアシデインヒル号です
アシは冠号で葦からとりました、デインヒルはオートで勝手についただけで血統の何処見ても入ってません()
血統表を若い世代から史実馬中心に追っていきます
両親は共に架空馬、父のアシビショップは確立していますが配合時は(もしかしたら誕生時も)確立前でした(後に親昇格もしています)
アメリカの牧場に送ってボトム活性レベル2と、若干のニックス、SP昇華レベル2辺りが主な成立理論です(爆発力30前後)
祖父母世代も3頭が架空馬、唯一の史実馬が母父のエルコンドルパサーです
アシデインヒル生産(両親を配合した)時点でも確立済みの為母父◎は成立していました
曾祖父母の世代も、エルコンドルの母(=サドラーズギャル)以外の牝馬は架空馬
牡馬の方は上から、ヤマニングローバル(確立済み、昇格はアシビショップ確立時)、ケープタウン(確立させてない)、キングマンボ(=エルコンドルの父)、アシプレス(架空馬、確立させてない)
アシプレスはヤマニングローバルの直系孫です、つまりゲーム上ではアウトブリード扱いですがヤマニングローバルの3×5インブリード馬です
同じようにミスプロも5×4クロスがありますね(ケープタウン祖父とキングマンボ父)
ノーザンダンサーなんかもうぐちゃぐちゃに入ってます
4代父母は3代父母が架空馬だったとこだけ紹介
父々母エタンフレームの両親はエタンとドラゴンフレーム
ドラゴンフレームはゲームの初期固定架空馬でフロリースカップ系に属した(母々がシラオキ)パーソロン牝馬です
仔出しがクソ高いイメージがありますが、マイ牝系に指定するには82年でもギリギリ年齢超えてます
父母々アイアザミの両親はヤマノスキーとメロウマタング
札以上に強いマルゼンスキーの初期の産駒ヤマノスキーと、ロジータの母メロウマタングです
母々父アシプレスの両親はアシブリッジとアキガーベラ、ここまで遡ってもまだ架空馬でした
アシブリッジはヤマニングローバルの直仔で系統確立させてます(親昇格はしていない)、血統的にはエタン牝馬にグローバルという、このアシデインヒルの血統表で父々にいるアシスイフトとほぼ同じ構成だった記憶があります(全兄弟の可能性もある)
確立した際にSP系失わなくてホッとしました
アシブリッジ確立後、後継直仔を(アシプレスを含む)3頭ぐらい確立失敗して孫世代になってしまいました、日本支配率10%超えですが親昇格の12%にもギリギリ届かない微妙な名種牡馬っぷりを発揮してます
アキガーベラはクラブ送りにした自家生産馬としか判らないですねー、もうちょっと牝系図が使い易いと振り返りが楽なのですが
SP系持ってますから父はフォーティナイナーかリアルシャダイかってとこですが
母々々アイカンパニーの両親はグリーンデザート(所有忘れ)とアイタテガミ
アイタテガミは牝系確立してますが、分離元はどこだろう…探すの大変なんですが
分離元は滅びること多いし
こちらもSP系ですから、フォーティナイナーかリアルシャダイ辺り(アキガーベラと被らない側か?)でしょうね、世代的に

ごく初期(80年代)を除けば系統確立用(確立成功とは限らない)か系統保護用しか配合してないのと、インブリードはたとえ血脈活性化を並立させてようがほとんどしていないことから、ある程度は予想できるんですけどね、架空馬の血統
posted by ムノー at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

史実期間終了

2018年1月まで進めました
インフルエンザでダウンしたからこそプレイ時間がたっぷり取れるというね(苦笑)
38度超えでボーっとしてますが
前回07年フォーティナイナー確立、まで書きましたが、07年は加えてサンデーが親昇格してます
08年ディンヒル確立
09年エーピーインディ確立
10年キングマンボ確立、サドラー親昇格
ここまでは予想通り
11年は確立はお休み、ストームキャット親昇格
12年グローバル確立、ディンヒル親昇格
13年ジャイアンツコーズウェイ確立(引退年ギリギリ)
14年エルプラド確立
15年ガリレオ確立
16、17年確立なし
ガリレオはいずれ親昇格するでしょうから、マスタークラフツマンが確立してSP系に戻れば、元ノーザンダンサー系から異なる親系統で5本、SP系確保ですね
グローバル産駒架空馬の確立とエルコンドルパサーの確立、どっちも間に合わなかったのは予想外だし
エンドスイープが確立しないまま引退になりそうなのは失敗

海外牧場も無事できましたがまずは確立してからだなあ
posted by ムノー at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

サンプル

牝馬ループの考え方のイメージが湧くように、今回のプレイで使う血統で史実馬多めで仮に血統表を作ってみました
4代血統表にするつもりでしたが表示が大きく崩れるので4代目は牡馬のみ表記しました
実際にこの配合を予定しているわけではありません
多分ライデンリーダーやシンコールビーは所有しませんし

┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃   ┃    ┃ライスシャワー (89) ┃リアルシャダイ(79) ┃
┃ ┃ 架 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃アグネスパレード (91) ┃バンブーアトラス(79)┃
┃架┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ドクタースパート (86) ┃ホスピタリティー(79)┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ライデンリーダー (92) ┃ワカオライデン(81)┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃メガスターダム (99) ┃ニホンピロウイナー(80)┃
┃ ┃ 架 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃シンコールビー (00) ┃サクラローレル (91) ┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ 架空馬(09頃に生産) ┃メジロデュレン (83) ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ダイワスカーレット(04)┃アグネスタキオン(98)┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

といってもそれなりにリアリティは考えて組んでいます
両親の年齢がとんでもなくかけ離れた配合は避けてますし、確立の順番の予定、確立しない馬の後継馬作るタイミング(サヨナラ狙えるか否か)とかの時期(ゲーム内の年数)的にはあり得そうなものを、アウトブリードを避ける方針で組みました
メジロデュレンのお相手はトウショウボーイ牝馬辺りを想定してますが、直接ダイワスカーレットも行けなくはないです
メジロデュレンやドクタースパートは確立予定がない零細血統なので、後継馬はサヨナラ配合狙いですね

4代父の8頭がリアルシャダイ以外が日本馬な辺りが自分らしさでしょうか?


アウトブリードで組んではいますがサンプル用で適当に組んだので、代重ね途中で発生してたらごめんなさい
ゲーム上でアウトブリードなだけで実はマルゼンスキーの5×5(ライスシャワーとメガスターダムのそれぞれの母父)、ロイヤルスキーの5×6(ワカオライデンの父、アグネスタキオンの母父)、牝馬のアグネスレディも5×6(アグネスパレードとアグネスタキオンのそれぞれの祖母)、もっと遠い所含めたらヘイルトゥリーズンやナスルーラ、ノーザンダンサーなんかもクロスしてて結構カツカツです

組み上がった血統はアウトブリード、血脈8本、SP昇華lv3、活力源化名種牡馬因子3つに、種牡馬施設で爆発力19
ニックスや牝系は多分つきませんし、ライン活性にもなりません
が、このレベルをキープし続けられるのであれば、じきにニックスが成立しW名牝配合にもなるだろうってのがテーマの箱庭です
活力源化はどんどん減ってしまいますが

両親のSP合計が130以上、爆発力20前後、アウトブリード、を永続的に維持する体制を整えて、供給されるそこそこの強さの馬の中から、後は海外牧場を利用して名馬を作ろうって計画ですから
このサンプル馬みたいな血統の牝馬を量産して海外牧場に持っていき、そこで勝手に流行しているガリレオ系、ダンジグ系、ミスプロ系、そして日本から持ちだして無理やり流行させる(自分にとって主役の)ヤマニングローバル系辺りと配合して、メールライン活性を上乗せする
あるいは一部の高齢種牡馬を海外に持ち出してサヨナラ配合を上乗せする
これだけで爆発力は20後半まで上がります
後は進めて行く中で、これは、って馬ができたら爆発力40超えを狙う感じです
種牡馬施設3、血脈活性化8本、SP昇華lv3までが確定(計16)ですので、トリプルニックス(6)、母父◎(4)、ライン活性(lv2で6)、W名牝(4)、活力源化種牡馬因子(2以上)で38以上になり、狙いを定めて組むことは可能です

前置きの筈が脱線してしまいましたが本題です
3代目の8頭の系統を上から、A系統、B系統、C系統…としましょう
A系統リアルシャダイ系(ライスシャワー=リアルシャダイ産駒)
B系統バンブーアトラス系(アグネスパレード=バンブーアトラス産駒)
C系統オーエンテューダー系(ドクタースパート)
D系統ロイヤルスキー系(ライデンリーダー=ワカオライデン産駒)
E系統サーゲイロード系(メガスターダム)
F系統ブラッシンググルーム(ナスルーラ)系(シンコールビー=サクラローレル産駒)
G系統テディ系(メジロデュレン産駒)
H系統アグネスタキオン系(ダイワスカーレット=アグネスタキオン産駒)

ループを作るには性別逆転させてもう8頭用意しないといけません
A、C、E、G系統は牝馬を用意します、同じ系統ならなんでも良いです
B、D、F、H系統は牡馬を用意します、同じ系統ならなんでも良いです

イメージし易いように有名史実馬がいるところはそれを採用しますか
(実際のプレイでは自家生産架空馬の方が多いと思いますが)

A系統シャダイカグラ
B系統バンブービギン
C系統ファンドリポポ
D系統シンプウライデン(チェリーラスターが良かったがウイポにいない?)
E系統フラワーパーク(スプリンターだからまず使わないと思うが)
F系統サクラセンチュリー
G系統テディ系牝馬
H系統ディープスカイ

G系統、適当な牝馬が思い付かず
今作はダマスカス系が独立してるせいもあって、テディ系の有名牝馬ってメジロデュレンより歳上(ダスゲニーとかね)
ディープスカイと配合は無理過ぎぃ

他にも幾つか(主に年齢的に)無理めの組み合わせがありそうですが話を進めます
ループの1世代目は性別裏返しの配合をしますから、上の血統表にある
ライスシャワー×アグネスパレード、に対して、バンブービギン×シャダイカグラ
これがA系統×B系統、B系統×A系統ですね、以下同様に当てはめ
ドクタースパート×ライデンリーダー、シンプウライデン×ファンドリポポ
メガスターダム×シンコールビー、サクラセンチュリー×フラワーパーク
テディ系×ダイワスカーレット、ディープスカイ×テディ系
と、8種類の配合を行います
実際のプレイでは時差もあるのですが
また、特に牝馬はですが使用する馬は複数用意して構いません、むしろ複数用意すべきです
でないと当たりが引けず駄馬しかいないってことになりかねません
産まれた馬達をどんどん走らせどんどん繁殖に上げます
この際に、1種類の配合から必ず牡馬、牝馬各1頭は確保していきます

ループの2世代目です
上の表内ではライスシャワー産駒牡馬×ドクタースパート産駒牝馬(A系統×C系統)、メガスターダム産駒牡馬×テディ系牝馬(E系統×G系統)を行ってますが、この世代も8種類の配合を行います
バンブービギン産駒牡馬×シンプウライデン産駒牝馬(B系統×D系統)
ドクタースパート産駒牡馬×バンブービギン産駒牝馬(C系統×B系統)
シンプウライデン産駒牡馬×ライスシャワー産駒牝馬(D系統×A系統)
サクラセンチュリー産駒牡馬×ディープスカイ産駒牝馬(F系統×H系統)
テディ系牡馬×サクラセンチュリー産駒牝馬(G系統×F系統)
ディープスカイ産駒牡馬×メガスターダム産駒牝馬(H系統×E系統)
こうなります
テディ系だけわかり辛いですが1世代目の配合で産まれた馬を用います
やはり、各配合から牡牝1頭ずつ以上を後継とします
産まれたタイミングの都合で選別する余地なく繁殖に使う場合もあるでしょうが、可能な限り能力優先で選択します(血統的には全兄弟を比較してるようなものです)
能力と言ってもスピードやサブパラの数値だけでなく、因子も重要(スタミナ因子最優先)ですが

3世代目の配合です
上の血統表ではライスシャワーの孫の牡馬×メガスターダムの孫の牝馬(A系統×E系統)の配合を行ってます
残り7つの配合は以下のようになります
バンブービギン孫牡馬×サクラセンチュリー孫牝馬(B系統×F系統)
ドクタースパート孫牡馬×テディ系牝馬(C系統×G系統)
シンプウライデン孫牡馬×ディープスカイ孫牝馬(D系統×H系統)
メガスターダム孫牡馬×シンプウライデン孫牝馬(E系統×D系統)
サクラセンチュリー孫牡馬×ドクタースパート孫牝馬(F系統×C系統)
テディ系牡馬×ライスシャワー孫牝馬(G系統×A系統)
ディープスカイ孫牡馬×バンブービギン孫牝馬(H系統×B系統)

4世代目の配合は1世代目の配合と同じ、ここからループとなります
上の血統表の馬がA(リアルシャダイ)系の馬となり、牡馬であれ牝馬であれB(バンブーアトラス)系の馬と配合することになります
B系の馬の血統表はこうなります

┏━┳━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃   ┃    ┃バンブービギン (86) ┃バンブーアトラス(79) ┃
┃ ┃ 架 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃シャダイカグラ(86)  ┃リアルシャダイ (79) ┃
┃架┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃シンプウライデン ( ) ┃ワカオライデン (81) ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ファンドリポポ  ( ) ┃ホスピタリティ (79) ┃
┃空┣━━━╋━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃サクラセンチュリー ( )┃サクラローレル (91) ┃
┃ ┃ 架 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ フラワーパーク ( ) ┃ニホンピロウイナー(80)┃
┃馬┃ 空 ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃ディープスカイ ( )  ┃アグネスタキオン(98) ┃
┃ ┃ 馬 ┃架空馬 ┣━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┫
┃ ┃   ┃    ┃  架 空 馬 ( )  ┃メジロデュレン (83) ┃
┗━┻━━━┻━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┛

4代父は全て同じ馬が並んでいますが、配合する時は5代目になるのでインブリードは発生しません(笑)
posted by ムノー at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

11年振り

テスト入力です
posted by ムノー at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

改・考えた事

昨日は眠気に負けて、とりあえずで宝塚前にアップ、夜7時迄落ちてました。
いやはや、見れなかったけど凄いレースだった様ですね。

では書きそびれてた雑談を。

現行日記の内、Aモードフルオートをまとめてみたものですが、書くのに約5時間、それも今みたいに外出先で書ける訳ではないのでかなりしんどいです。
加えて情報量、メールで更新しているのですが使用機種の限界が10000バイト。86年の分は9800バイト位だった筈、限界です。
ちょっとやり方考えてみます。早くリスタートしたいし。

そして日記書く上でもう一つ。
片手コントローラーが欲しい。

以前、アスキーグリップなるものを愛用していましたが、PSだったかスーファミだったか。定かでない程昔の話。
格ゲーをやってみた(感想、無理)記憶からPSだと思いますが、あーゆーのがあると便利ですね。
今の時代だとモーションセンサー内蔵して「Wiiの真似」出来ないと駄目なのかな。出して欲しいです。


書きたかった小ネタ、後2つはゲームでも競馬でもない話。
土曜日夜からの夜勤での通勤時、往路と復路それぞれでの出来事、どちらも野球関連。
出勤時、いかにも野球観戦の後って人種がまだいっぱいいました(我が家はナゴヤドーム至近です)。デーゲームだったのに夜10時頃(終了は7時過ぎ)。
まあ食事でも済ませてたんでしょうが、何故か逆方向(これから球場に向かう)カップル(夫婦?)がいました。俺みたいな近隣住民が、観戦後に繁華街にでも行ったんですかねぇ。
存在自体謎なカップルの、男の方が着ていたのはユニフォームレプリカ風Tシャツ。ドラゴンズの背番号205。

限定品です、確か3000枚しかない。凄ぇーっ。
中村紀洋育成選手バージョン(現在は選手契約、背番号9)です。羨ましい。

そして帰宅時の出来事は。
WINSに寄って午後1時頃、同じくJR大曽根駅北口にて。
この日の試合は午後2時開始(だった筈)。
混雑してます。バス乗り場もごった返していて普段はいない駅員が整理中。

満員を理由に乗車拒否されました。
すぐに次が来るって言われましたが臨時便が無く10分待ち。
地下鉄にすればよかった。ツイてません。

この辺りの事情は他地区の方は鉄チャン以外判らないでしょうから補足します。
大曽根駅は4つの鉄道路線があります。中心→郊外向けで示すとJRが北々東、名鉄が東北東に延びてます。
ほぼ真東、全く平行に延びているのが名古屋市交通局の地下鉄と第三セクターのガイドウェイバス!そう、走っているのはバスなのに鉄道会社扱いってレア路線が有るのです。
他に普通のバス路線もありますが。
で、3セクのバスは高架を、地下鉄は地下を(当然)同じ道で走っています。東へ2駅、ナゴヤドーム前矢田と砂田橋。
そこからバスは北へ、地下鉄は南に向かいます。俺は砂田橋が最寄りなんでどちらでも良いのです。

3セクは何処もそうですが経営苦しいみたいなんで、なるべく使おうと思ってるんですが。
正直自分が行かない日の開催は迷惑だったりします。ってかどうせ1駅乗ってもそっから徒歩5分、大曽根から直接歩いても15分。
経営側にしてみりゃ上客でしょうが、「歩けば」って思います(我が儘・笑)。混むしダイヤ乱れるし。
posted by ムノー at 17:16| Comment(41) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

86年

確立方面。

ニジンスキー
確立済みの為省略
シアトルスルー
12歳、2100万、4頭、37頭、9頭
→スルーオゴールド
6歳、1500万、0頭、0頭、7頭
→スルーピー
6歳、450万、0頭、0頭、3頭
→シアトルソング
5歳、150万、0頭、0頭、2頭
→スルーザドラゴン
4歳、150万、0頭、0頭、8頭

ミスプロ
16歳、2050万、11頭、39頭、10頭
→タンクスプロスペクト
4歳、750万、0頭、0頭、2頭
→ミスワキ
8歳、500万、0頭、3頭、3頭
→コンキスタドールシエロ
7歳、400万、0頭、2頭、5頭
→ファピアノ
9歳、350万、0頭、2頭、5頭
→ドクターコンフィデンス
(前年引退・架空馬)
→クラフティプロスペクター
7歳、350万、0頭、0頭、5頭
→プロシーダ
5歳、300万、0頭、0頭、8頭
→ニーヴァス
(前年引退)
→シルヴァーゴースト
4歳、200万、0頭、0頭、5頭
→グッドシンキング(架空馬)
7歳、150万、0頭、0頭、11頭
→スタッズブラックホーク
9歳、100万、0頭、1頭、2頭
→ストレイトストライク
9歳、50万、0頭、1頭、8頭

ミルリーフ(確立済参考)
18歳、2050万、9頭、39頭、9頭
→ラシュカリ
5歳、900万、0頭、0頭、3頭
→ミルジョージ
11歳、800万、0頭、32頭、17頭
→ワッスル
6歳、750万、0頭、0頭、1頭
→マグニチュード
11歳、550万、0頭、28頭、4頭
→シャーリーハイツ
11歳、550万、1頭(バグ2頭)、19頭、9頭
→→ダルシャーン
5歳、400万、0頭、0頭、8頭
→→エレガントエア
5歳、250万、0頭、0頭、1頭
→パドスール
7歳、250万、0頭、2頭、2頭
→サウスアトランティック
6歳、250万、0頭、0頭、6頭
→テリオス
5歳、200万、0頭、0頭、4頭
→ガルドロワイヤル
6歳、100万、0頭、0頭、1頭

リファール
確立済みの為省略
ダマスカス
確立済みの為省略
パーソロン
確立済みの為省略
ダンジグ
9歳、1600万、1頭、28頭、9頭
→チーフズクラウン
4歳、450万、0頭、0頭、1頭

カロ
19歳、1600万、5頭、22頭、9頭
→コジーン
6歳、1150万、0頭、0頭、11頭
→サイペリアンイクスプレス
5歳、1100万、0頭、0頭、1頭
→ドクターカーター
5歳、550万、0頭、0頭、3頭
→カルドゥン
11歳、300万、0頭、5頭、1頭
→クリスタルパレス
12歳、150万、0頭、1頭、6頭

ノーザンテースト
15歳、1550万、3頭、38頭、15頭
→アンバーシャダイ
9歳、450万、0頭、0頭、11頭
→アスワン
7歳、150万、0頭、3頭、7頭
→ファイヴダンサー
9歳、100万、0頭、9頭、3頭

此処までが種付け料順のベスト10。昨年迄とは大きく順位が入れ替わりました。ダンサー、サーアイヴァーは15位タイ(1350万)、アリダー21位タイ(1250万)と後退、参考ならリヴァーマンは14位(1400万)にアップ。
以下狙う予定及び候補馬。

ボーイ
13歳、1300万、1頭、38頭、20頭
→ミスターシービー
6歳、1050万、0頭、0頭、22頭

マルゼン
12歳、1200万、1頭、39頭、18頭
→ホリスキー
7歳、350万、0頭、0頭、9頭

コジーン
上記(カロ)
アロー
19歳、1150万、1頭、39頭、12頭
→リードワンダー
8歳、350万、0頭、5頭、4頭

ブラグル
12歳、1150万、5頭、9頭、9頭
→ナシプール
6歳、800万、0頭、0頭、3頭
→クリスタルグリッターズ
6歳、600万、0頭、0頭、5頭
→ラナウェイグルーム
7歳、250万、0頭、0頭、6頭
→マウントリヴァーモア
5歳、200万、0頭、0頭、4頭
→レインボウクエスト
5歳、200万、0頭、0頭、10頭

デピュティ
7歳、1050万、0頭、0頭、10頭
ヌレイエフ
9歳、1050万、1頭、22頭、10頭



ヘイロー
17歳、900万、2頭、15頭、10頭
→デヴィルズバッグ
5歳、600万、0頭、0頭、2頭
→サニーズヘイロー
6歳、450万、0頭、0頭、2頭

ボールドラッド(参考に追加)
22歳、900万、3頭、15頭、1頭
→ネヴァーソーボールド
6歳、900万、0頭、0頭、2頭
→バラッドロック
12歳、350万、1頭、8頭、5頭
→→チーフシンガー
5歳、300万、0頭、0頭、3頭
→パーシャンボールド
11歳、300万、0頭、12頭、2頭

セクレタリアト
16歳、600万、1頭、3頭、9頭
→セクレファスター
10歳、100万、0頭、5頭、7頭

ロベルト
17歳、600万、8頭、9頭、6頭
→リアルシャダイ
7歳、700万、0頭、8頭、25頭
→シルヴァーホーク
7歳、600万、0頭、1頭、5頭
→クリスエス
9歳、400万、0頭、1頭、2頭
→ドンロベルト
9歳、250万、0頭、0頭、4頭
→ロベリーノ
8歳、250万、0頭、3頭、1頭
→パイラティール84年引退
→リアファン
5歳、150万、0頭、0頭、3頭
→トレボロ
7歳、100万、0頭、1頭、6頭

インリアリティ
22歳、550万、4頭、8頭、3頭
→リローンチ
10歳、450万、0頭、8頭、7頭
→ノウンファクト
9歳、350万、0頭、10頭、7頭
→ヴァリッドアピール
14歳、200万、0頭、0頭、4頭
→ビリーヴイット84年引退

ラジャババ
18歳、450万、4(バグ?5)頭、7頭、2頭
→ロイヤルスキー
12歳、450万、0頭、27頭、16頭
→エイシンフォロー(架空馬)
6歳、200万、0頭、0頭、5頭
→ウェルデコレイテッド
8歳、100万、0頭、0頭、1頭
→ルイヴィルサミット
6歳、100万、0頭、0頭、4頭
→ジュニアス
10歳、50万、0頭、0頭、1頭

ブレヴェスト
14歳、400万、0頭、31頭、6頭
ファピアノ
上出
サドラー
5歳、100万、0頭、0頭、10頭
フェアリーキング
4歳、100万、0頭、0頭、8頭
ダストコマンダー(今回より参考)
未導入(スペシャル種牡馬)
→マスターダービー
14歳、400万、1頭、6頭、2頭
→→タイキサルス
5歳、200万、0頭、0頭、18頭
→アズマハンター
7歳、250万、0頭、0頭、7頭


続いて零細&こだわり系統情報。


マッチェム系
ササフラ(絶滅寸前により追加)
19歳、550万、1頭、26頭、7頭
→バグ

マンノウォー系
クライムカイザー
13歳、200万、0頭、0頭、5頭
トウルビヨン系
ダイタクチカラ
12歳、250万、0頭、9頭、2頭
リュティエ系
現状特に無し
パーソロン系
現状特に無し
エクリプス系
ヨドヒーロー
16歳、450万、1頭、7頭、4頭
→アスコットエイト
6歳、250万、0頭、0頭、4頭

ホッカイダイヤ(前年引退)
ネアルコ系
タケホープ
16歳、350万、0頭、35頭、10頭
ベンドア系
メイジタイガー
9歳、250万、0頭、0頭、3頭
ダイセキテイ
7歳、200万、0頭、0頭、2頭
ロングエース
17歳、150万、0頭、13頭、3頭
モスボロー系
ボールドアンドブレーヴ
20歳、50万、0頭、12頭、13頭
ヒンドスタン系
現状特に無し
ボワルセル系
ペキンリュウエン
9歳、150万、0頭、0頭、3頭
プリンスローズ系
現状特に無し
リボー系
バンブーアトラス
7歳、350万、0頭、7頭、6頭
スインフォード系
リードホーユー
6歳、250万、0頭、0頭、7頭
ブランドフォード系
現状特に無し
ヒムヤー系
現状特に無し
トムフール系
メイワパッサー
11歳、50万、0頭、9頭、11頭
ハイペリオン系
グリーングラス
13歳、400万、0頭、33頭、4頭
オリオール系
タイテエム
18歳、300万、0頭、39頭、19頭
オーエンテューダー系
ホスピタリティ
8歳、450万、0頭、0頭、18頭
カーレッド系
ホクトフラッグ
7歳、200万、0頭、0頭、3頭
ロックフェラ系
ハイセイコー
16歳、800万、2頭、38頭、15頭
→バグ?
→キングハイセイコー
5歳、300万、0頭、0頭、2頭

タケシバオー
21歳、500万、1頭、39頭、18頭
→ハツシバオー
11歳、150万、0頭、13頭、1頭

ハンプトン系
ダテテンリュウ
19歳、350万、0頭、0頭、10頭
エルバジェ系
シーホーク
23歳、550万、3頭、30頭、10頭
→モンテプリンス、スズカシンプウ、モンテファスト
ファイントップ系
現状特に無し
テディ系
現状特に無し
ダマスカス系
現状特に無し
ダンテ系
現状特に無し
フェアウェイ系
現状特に無し
ネイティヴダンサー系
現状特に無し
エタン系
現状特に無し
レイズアネイティヴ系
キヨヒダカ
8歳、300万、0頭、0頭、6頭
ロイヤルチャージャー系
スピードシンボリ
23歳、500万、0頭、0頭、8頭
ホウヨウボーイ
11歳、300万、0頭、0頭、4頭
サーゲイロード系
ニホンピロウイナー
6歳、1300万、0頭、0頭、15頭
ヘイルトゥリーズン系
パーソナリティ
19歳、150万、0頭、17頭、1頭
ナスルーラ系
テンポイント
13歳、500万、0頭、0頭、5頭
グレイソブリン系
サクラシンゲキ
9歳、250万、0頭、9頭、0頭
プリンスリーギフト系
現状特に無し
ネヴァーベンド系
現状特に無し
ミルリーフ系
現状特に無し
ボールドルーラー系
現状特に無し
ニアークティック系
現状特に無し
ノーザンダンサー系
現状特に無し
ニジンスキー系
現状特に無し
リファール系
現状特に無し


ニックス動向

新系統関連
ミルリーフ対オーエンテューダー、トウルビヨン、ノーザンダンサー、ベンドア、リファール、レイズアネイティヴ

その他にはありませんでした。ちなみに架空種牡馬は前年からのアロマノヴァ、エイシンフォロー、オギギブン、グッドシンキング、デルタファンテンに加えて予想通りのタイキサルスと、カウンティパウダー(ハイペリオン系ノーダブル産駒)といました。

未来から引退種牡馬をチェック。

重要度高い!候補を含めた名種牡馬がいっぱい引退です。
ミルリーフ、ダンサー、ボールドラッド、テスコ、ハビタット、ヒズマジェスティ、インリアリティ、レイズアネイティヴ、ラジャババ(種付け料順)。
日本の競馬史的にはリイフォーやイースタンフリート、シルバーシャーク。マイナー所でハンターコムも。零細好きには(ゲーム内)世界唯一のマッチェム系ササフラやボワルセル系期待のガトデルソル(米国)が痛い。計39頭。

新種牡馬は57頭。

零細方面は産駒が種牡馬入りすると入れ替わりとなるのか?ベイヌーン(ササフラ)、ダイナコスモス(ハンターコム)、アンドレアモン(リュウファーロス)と発見。
大物度としてはダンシングブレーヴにシンボリルドルフ。後の確立候補グリーンデザート、サクラユタカオーもいます。

確立関係ではそれなりに産駒種牡馬が増えてますが、ボールドルーラー絡みは今更感(候補引退後)があります。ディカードレムとか勿体ない。ヘイローみたいに足りないのに増えないのも痛い。


それにしてもチェックの仕方考えよう。遅すぎる。
にしても、バグ気になるなあ。
posted by ムノー at 00:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

考えた事

夜勤明けで朦朧としてます。
お休みなさい。

その前に雑談。

宝塚は3連複のフォーメーション買い。

ポップロック→ウォッカとカワカミプリンセス→残りの内メイショウサムソンとダイワメジャー以外。
計26点。
軸っぽい3頭で決まったり、切った2頭がきたりしたらアウトです。
ポップが来なくても勿論アウト。

期待してるのは渋った馬場を生かしたトウカイポイント粘り込み。応援したいのは今迄追い続けてきたコスモバルクと、何とか父を継いで欲しいマイソールサウンド。

まあメジャー&サムソンが揃って駄目なのも考え難いし、何より武豊がメインってのが相性の上で大ピンチですがね。


駄目だ、眠い。
posted by ムノー at 14:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

敗戦の弁

前年12月迄戻って引退馬等変えたのですが駄目でした。やはり健康AスピードD他S、全く同じ馬。
能力判明した16年で終了。確立なし、昇格が
10年ダンジグ
12年サンデー
以上です。

無念です。
ダンジグが昇格しないって未来に賭け、11年に種付け。
それしか引く方法はないですね。

あまりの可能性の低さに意識遠くなります。
8年から再度やり直して…ってもしかしてメガスタオーシャン三冠チャレンジからやり直し?

流石にやる気萎えるんで、しばらくやらないでしょう。
もしかして2度とやらないかもしれません。

勿論その間、データ収集すべく検証のみは進めますし、それが終われば新たなるデータでリスタート、まあ最初は何度もやり直すでしょうが。エディット調整で。



悔しいなあ。
posted by ムノー at 08:37| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

4度目、そして5度目

ウイポの処理プログラムってどーなってんだ。
1月1週迄戻って種付けしても、(5月1週に付けてたのを)6月4週に種付けしても、全く同じ能力の馬が誕生しやがりました(笑)。
かくなる上は…前(09)年12月4週迄戻り、引退馬を変えてみるか。

幾ら同じ血統表とは言え、配合内容が3〜4割ダウンした配合に負けてちゃ納得行かないじゃないですか。

ちなみにその馬、前回書いたメガスタデスですが、パス取って走らせたら大して強く無い。
やはりぎりぎりSなんでしょう。
同データ内(ほぼ)21世紀以降の所有馬と走らせたところ、どっこいどっこい。
同じ回の日記に登場したティターンフォース、セイリュウカインドとは正に互角、安定感は1番ないけどその分一発の魅力有り。
あれ、ティターンはスピードA止まりなのに。

枠順(=展開)次第でコロコロ入れ代わる結果では有りましたが、彼等は差の無い3番手グループか。とりあえずマンハッタンカフェよりは紙一重程度に強そう。
その上はディープと(強化された)レジェンドハンターが居て、多分所有馬最強は次のどちらかでした。

セイリュウトリガー(父リヴリア)とシュンテン。
10回以上やって最多4勝を上げたトリガー、掲示板を1度しか外さず2勝したシュンテン。

いや、トリガーは架空馬初のスピードSだったけどね、シュンテンは腰甘治らず終いのスピードAなんだけど…。
後、2頭とも超の付く晩成で老化を知らずに引退だったから、少しは育成効果あったかも知れないけど。

確かにシュンテン君、サブパラは完璧です。健康以外。腰甘除けばピークオンなら能力前回ですよ。
けど、パワー(不足)とは微妙に違う処理だろうけど…やっぱり京都は坂がないからか。
スピードAの持病馬に見劣る様では、対戦は出るだけの雑魚扱い。

それでも次のプレイで違う馬引けなかったら諦めてメガスタデスを出します。だって3ヶ月近くも(発売から間もなくから)追い続けた配合と(表示の上では)同じですから。言わば努力の結晶(傷物ですが)。

もし違う馬引けたなら、寝る間も惜しんで強豪引ける様リトライです。引ける保証はないけれど、確率は結構高い筈。母馬の質(サブパラ)も爆発力も桁違いなので。


駄目だったら…やはり「スピードD、健康A、他S、脚質自在」しか生まれなかったなら。
とっとと諦めて、エディットのベースとなるデータ検証を進めます。
1年確認に5時間では、週に2〜3年しか進まないんでエディット開始迄2ヶ月か(笑)。
エディットもかなり時間食うだろうし。
年内にリスタート出来るかなあ。


4回目データからの参考資料(笑)

2019年1月2週現在

10年ダンジグ昇格
18年フリーハウス系確立


ん?フリーハウスって何!
調べたら一応史実馬、海外疎いなあ、俺。
Bモード故誕生ズレてるかも知れないけど、02年に米国三冠&年度代表馬だから、99年誕生。父のスモークスター?もよく知らない。祖父ネヴァーテーブルド?名前で何となくわかる。曾祖父はメジャーだ(笑)、ネヴァーベンド。
何と母父エルバジェ系からスタミナ特性引き継いでます。芦毛の根性馬。ダート馬。
後継種牡馬は全て直仔、全て架空馬で7頭現存全て米国。でも芝馬2頭いるや。ウチの牧場は絡んでないみたいだ。

あれ?確立こんだけですね。
やはりプレイ毎に多少は違うんだなあ。
でもダンジグは必ず10年に昇格してる、何とかならんのか。


年表見てたら知らない内に米国三冠も達成(16年)してます。が、スピードAだしまあいいや。精神力C、パワーと根性A、残りSです。米国で生産となってるけど血統見る限り持ち込み(いや持ち出し?)馬です。父タップハヤカゼ、その両親はリアルシャダイにダンシングキイ(笑)。
ついでに母セイリュウアッパーはウチの生産・所有ですがその父はトウケイニセイだったりします。
精神力Cとは日本じゃ絶対大成しないな(笑)。

通算1727(内G1を426、海外G1は137)勝、まあ前週に金杯勝って1勝加えてるみたいですが。


最後の最期の可能性。
ダンジグ昇格せめて後1年伸びないかなあ。
posted by ムノー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3度目のチャレンジは

やっぱりろくな産駒じゃなかった。ってか、種付けからやり直してる(他の馬は色々付けたり、付ける順番変えたりしてる)のに、同じ配合だからか同じ馬が産まれてる気がする。4度目があるなら1月からやり直してみよう。
そして今度は14年のピュアスノーファームに白毛は生まれなかった。
しかし白毛の代わりなのか、暁誕生。12年の出来事、お目当ての締め配合の直後(ダンジグ昇格で出来なくなった11年の配合)。
勿論配合を決めたのは能力マックスに成長した牧野パパ。
父はサードステージ。母はテイエムオーシャンですからウイポ5じゃ幻の配合(当時パーソロンとトリプルだったがサードステージがいない)?
入厩時には噂のイベントを見て期待が膨らみます。
「テイエムオーシャンはサードステージの代表産駒になれる器です。ウインドバレーと名付ける事を御一考下さい」
SH級ですか。
かってのシュンラン、シュンテン父仔みたくイベント馬で期待したのにスピードA止まり持病付きなんて思わぬ苦労はしないで済みそう。
きちんと育てる気はないものの(笑)、いやそれだけに嬉しい事です。
馬名候補はセイリュウフォースでした。
セイリュウは冠、フォースは4番目と力とのダブルニーミング。
ウインドバレーは良い名前ですが、外(対戦)には相応しいとは言えないし。
二風谷(北海道の地名。トウカイテイオーはこの地の育成牧場出身で毎年夏(笑)リハビリ(骨折療養)に来ていた)→ウインドバレーだから…風の谷…ナ○シカ?
牡馬には付けたくないな。ナ○シカと言えば、師匠がユパ様でトリ(チョコボのモデル)がいて、キツネリスって動物がペットで…って結構忘れてるなあ、ペジテの少年何て名前だっけ。主役メカ(ちなみに大型飛行機から凧の様に射出されるグライダー)の名前はメーヴェだったかな…どれもしっくり来ない。強いて挙げるなら…巨神兵か!(俺の脳味噌が「腐ってやがる」・笑)
と言う訳で、ティターンフォースと命名。
2歳戦はデビュー2連勝→朝日杯5着→ラジオNIKKEI2着と勝ち切れないまま放牧。
皐月賞勝利もダービーはナリタブライアンの孫(両親含め自家生産)に敗れ、秋はセントライト勝ちながら秋天へ、まあ勝ちましたが。
調教師に任せてたらホントにわからん事やってくれます。スピード結局Aだし。

そんな頃、1頭の期待馬の存在が明らかになりました。
11月2週、調教師訪問イベントで預託先が決まった馬は血統表の上じゃまんま締め配合。
父メガスターダム、母父ビコーペガサス、母々テイエムオーシャンです。
ただし、母キンコゴージャスはクラブ馬。期待できないので所有しなかった2番目の仔です。所有馬じゃないが故、ようやく繁殖に上がった初仔の父がメガスターダムとは牧野場長やってくれます。
自分で配合してないから確信出来ないけど、疾風も三冠も成立しない、血脈は上がったけど爆発消滅、活力源化名種牡馬因子も1つ減った(大種牡馬では成立しない)筈で、ニックスはトリプル維持出来てるけど推定18しか爆発力ない配合。勿論母馬の実績(評価額)も能力も1番劣ってて(因子もないし)、なのに夏の牧場での知人イベント、秋の調教師イベント発生。

その翌週、翌週のJCの登録(出走制限)を問われ、調子落ち気味のティターンを1週放牧で回避させる事に。これが彼への初干渉(ここまで完全オート)

明けて16年。
ティターンは有馬を制したらしくG1を3勝で年度代表馬。ってか現役最強馬として王道を歩む様です。
イベントで入厩先の決まった馬…年末処理をオートで済ませたらメガスタデスと命名…はどうなるのやら。
オート進行の結果、ティターンは秋古馬三冠を制し、2年連続年度代表馬として引退、シンジケート組まれてます。JC前週にパス一応取りましたが、スピードはAのままだし、サブパラもイマイチ。まあギリギリのSではどのみち対戦レベルじゃないんだけど、イメージ悪い(問題外)だから。
元々の本命は5歳牝馬にして能力判明(瞬発力以外)、健康A、スピードD、他Sで、脚質自在って事は瞬発力Sだし(笑)。
やっぱり前回と全く同じ馬が産まれてます。疾風配合なのに(笑)。もう1頭(同い年の三冠配合牝馬)はやはり前回と同じ早熟故条件馬で引退。

パスがその時期になったのはメガスタデスのデビューに合わせて。
イベントからちょうど1年後の11月2週にデビュー。年明けの京成杯迄3戦3勝。
お守り交換目当てでオートを止めたのが翌週、3歳の、いや、ティターン引退後のこの時代エースとなって欲しい彼には初重賞を機に3週放牧、皐月賞直行を指示。ん、左回り苦手だと(笑)。

で、現在(昨夜1時半迄プレイ)、もう1年過ぎた18年1月ですが、メガスタデスは3歳を終え8戦7勝2着1回。夏休み空け(だと思う)セントライト記念を取りこぼすも見事に三冠+有馬記念を制覇。相変わらず左回り駄目みたいだし、早めの成長型だから秋古馬は駄目じゃないかな(笑)。
スピードとパワーがS、賢さB、健康、柔軟性、精神力がA。根性・瞬発力は未だ不明の差し馬です。結構オレンジ色の多いチャートなので不明のサブパラは(成長分含めても)AとBかな。
コイツの今後の成長に期待して、一応パス取って3度目のチャレンジは終了予定。
なんか無駄引きした気がしますが。
爆発力28や30で引けないのが18で引いたとは。
同じ率で爆発してくれたならスピード100超えしただろうに。まあ疾風バージョンは瞬発力ダウン以上に母親のパワー不足(Cしかない)が危険ですけど。

さっさと進めて調査に戻らなきゃ。


追記
その後メガスタデスは宝塚迄3連勝、KG&QEを2着。立ちはだかったのは同期の欧州牧場生産馬、セイリュウカインド(父モンジュー、母バンクスヒル(史実馬?母父ディンヒル)、スピードS)でした。
3歳時に英愛ダービーと凱旋門を制した(KG&QEは3着、三冠成らず、WSRCは制す)強者です。コイツ以上に評価されてるダイワメジャー産駒のマイラー(1歳年長、メガスタサミング、母サーガノヴェル)がいますがそちらはスピードA。どちらも一応パス取りました。

しかし、どちら(デス&カインド)も秋はボロボロ、成長型なのか体調(カインドなんて疲労ピーク)なのかわかりませんが。

収穫はデスの瞬発力がSだった事か。

揃って引退、(有馬の詳細不明、勝ち馬はクラブ馬で牝馬、同年秋華賞勝ち、父はディープ産駒、母は期待してたメガスタオーシャン(締め用の欧州マイル三冠牝馬))明けた19年。書き忘れてた血統動向のまとめです。

10年ダンジグ昇格
12年サンデー昇格
16年サドラー昇格
17年ガリレオ確立

あまり差はないですね。
(18年終了時点)通産1720(内G1は423、海外G1は137)勝ってのは年々ペースダウン。まあ種付けすらこの10年オートで自身のデータの配合理論が最低じゃこんなもんでしょ。
17年5月に1600勝、8月にG1の400勝だからそれなりに安定してはいます。
所有馬が3倍で昔と大して変わらないのは史実馬に頼れないのと、放置プレイによりローテーション等馬が実力出しきれていないのと、両方ですかね。

クラブは約10(12〜13)年で通産484(G1は国内のみ18)勝。名声値6148は江奈(5942)を交わし33位、昨(18)年リーディングは過去最高(だと思う)8位。
序盤サードステージで稼いだのが効いてます。

今回いつもより3年延長プレイとなった原因の半分、ティターンフォース(=ウインドバレー?)ですが、思えばこの「メガスタ締め配合テスト」プレイでこの血統とは縁が有るよな無いよな(笑)。
曾祖父シンボリルドルフは、マルゼンスキー確立支援の理由により所有を諦め(ホリスキー所有)、祖父トウカイテイオーは所有しながらもリヴァーマン確立が上手く行かずに現役期間をまるっとオートですっ飛ばしてシンジケートへ。
父サードステージはクラブ立ち上げの目玉として提供。

俺ランキングで「好きな馬」1位に最も近い馬、トウカイテイオー。
次回はもっと良い目を見せてあげたいな。
posted by ムノー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

85年

確立方面。

シアトルスルー
11歳、2050万、3頭、33頭、9頭
→スルーオゴールド
5歳、1500万、0頭、0頭、4頭
→スルーピー
5歳、450万、0頭、0頭、4頭
→シアトルソング
4歳、150万、0頭、0頭、2頭

ミスプロ
15歳、1950万、9頭、39頭、9頭
→ミスワキ
7歳、800万、0頭、1頭、2頭
→ファピアノ
8歳、800万、0頭、1頭、3頭
→ドクターコンフィデンス(架空馬)
7歳、600万、0頭、0頭、5頭
→コンキスタドールシエロ
6歳、450万、0頭、0頭、4頭
→クラフティプロスペクター
6歳、350万、0頭、0頭、6頭
→ニーヴァス
5歳、250万、0頭、0頭、7頭
→スタッズブラックホーク
8歳、150万、0頭、1頭、1頭
→グッドシンキング(架空馬)
6歳、150万、0頭、0頭、19頭
→ストレイトストライク
8歳、50万、0頭、0頭、5頭

リファール
確立済みの為省略
ニジンスキー
確立済みの為省略
ミルリーフ
17歳、1750万、6頭、43頭、10頭
→ワッスル
5歳、750万、0頭、0頭、0頭
→ミルジョージ
10歳、650万、0頭、33頭、14頭
→マグニチュード
10歳、550万、0頭、29頭、6頭
→シャーリーハイツ
10歳、350万、1頭、19頭、9頭
→→ダルシャーン
4歳、400万、0頭、0頭、9頭
→パドスール
6歳、250万、0頭、0頭、3頭
→ガルドロワイヤル
5歳、100万、0頭、0頭、0頭

ダマスカス
確立済みの為省略
ノーザンダンサー
確立済みの為省略
サーアイヴァー
20歳、1500万、3頭、23頭、7頭
→サートリストラム
14歳、500万、0頭、21頭、5頭
→サーペンフロ
14歳、400万、0頭、17頭、5頭
→マリノフスキー
12歳、150万、0頭、8頭、0頭

ノーザンテースト
14歳、1500万、3頭、41頭、18頭
→アンバーシャダイ
8歳、450万、0頭、0頭、7頭
→アスワン
6歳、200万、0頭、0頭、6頭
→ファイヴダンサー
8歳、150万、0頭、5頭、1頭

アリダー
10歳、1500万、0頭、13頭、11頭
スルーオゴールド
上記(シアトルスルー)
マジェスティズプリンス
6歳、1500万、0頭、0頭、0頭

此処までが種付け料順のベスト10(タイで12頭)。
以下狙う予定及び候補馬。
カロ
18歳、1350万、2頭、23頭、5頭
→カルドゥン
10歳、300万、0頭、3頭、1頭
→クリスタルパレス
11歳、200万、0頭、2頭、1頭

ボーイ
12歳、1300万、0頭、36頭、20頭
ブラグル
11歳、1250万、2頭、16頭、8頭
→クリスタルグリッターズ
5歳、600万、0頭、0頭、0頭
→ラナウェイグルーム
6歳、250万、0頭、0頭、5頭

ダンジグ
8歳、1250万、0頭、20頭、9頭
ヌレイエフ
8歳、1150万、0頭、16頭、10頭
ヘイロー
16歳、1100万、2頭、16頭、6頭
→デヴィルズバッグ
4歳、600万、0頭、0頭、3頭
→サニーズヘイロー
5歳、450万、0頭、0頭、2頭


マルゼン
11歳、1050万、1頭、37頭、19頭
→ホリスキー
6歳、350万、0頭、0頭、4頭

アロー
18歳、1050万、1頭、47頭、14頭
→リードワンダー
7歳、350万、0頭、0頭、2頭

デピュティ
6歳、1050万、0頭、0頭、5頭
ロベルト
16歳、800万、8頭、7頭、3頭
→リアルシャダイ
6歳、950万、0頭、0頭、25頭
→シルヴァーホーク
6歳、800万、0頭、0頭、7頭
→クリスエス
8歳、400万、0頭、0頭、3頭
→ロベリーノ
7歳、300万、0頭、2頭、0頭
→ドンロベルト
8歳、250万、0頭、0頭、1頭
→パイラティール前年引退
→トレボロ
6歳、150万、0頭、0頭、6頭
→リアファン
4歳、150万、0頭、0頭、5頭

セクレタリアト
15歳、750万、1頭、4頭、3頭
→セクレファスター
9歳、150万、0頭、0頭、3頭

インリアリティ
21歳、600万、4頭、8頭、2頭
→リローンチ
9歳、400万、0頭、7頭、1頭
→ノウンファクト
8歳、400万、0頭、7頭、5頭
→ヴァリッドアピール
13歳、200万、0頭、0頭、4頭
→ビリーヴイット前年引退

ラジャババ
17歳、600万、4頭、8頭、3頭
→ロイヤルスキー
11歳、450万、0頭、28頭、18頭
→エイシンフォロー(架空馬)
5歳、200万、0頭、0頭、4頭
→ウェルデコレイテッド
7歳、150万、0頭、0頭、1頭
→ルイヴィルサミット
5歳、100万、0頭、0頭、4頭
→ジュニアス
9歳、50万、0頭、0頭、6頭

ファピアノ
上出
ブレヴェスト
13歳、550万、0頭、26頭、6頭
サドラー
4歳、100万、0頭、0頭、10頭


続いて零細&こだわり系統情報。


マッチェム系
現状特に無し
マンノウォー系
クライムカイザー
12歳、200万、0頭、0頭、7頭
トウルビヨン系
ダイタクチカラ
11歳、250万、0頭、5頭、3頭
リュティエ系
現状特に無し
パーソロン系
現状特に無し
エクリプス系
ヨドヒーロー
15歳、500万、0頭、11頭、3頭
ホッカイダイヤ
15歳、300万、0頭、27頭、3頭
ネアルコ系
タケホープ
15歳、400万、0頭、34頭、9頭
ベンドア系
メイジタイガー
8歳、250万、0頭、0頭、2頭
ロングエース
16歳、200万、0頭、15頭、5頭
モスボロー系
ボールドアンドブレーヴ
19歳、50万、0頭、14頭、8頭
ヒンドスタン系
現状特に無し
ボワルセル系
ペキンリュウエン
8歳、150万、0頭、0頭、5頭
プリンスローズ系
現状特に無し
リボー系
バンブーアトラス
6歳、650万、0頭、0頭、9頭
スインフォード系
リードホーユー
5歳、250万、0頭、0頭、6頭
ブランドフォード系
現状特に無し
ヒムヤー系
現状特に無し
トムフール系
メイワパッサー
10歳、50万、0頭、8頭、9頭
ハイペリオン系
グリーングラス
12歳、350万、0頭、25頭、7頭
オリオール系
タイテエム
16歳、550万、0頭、42頭、19頭
オーエンテューダー系
ホスピタリティ
6歳、450万、0頭、0頭、10頭
カーレッド系
ホクトフラッグ
6歳、200万、0頭、0頭、1頭
ロックフェラ系
ハイセイコー
15歳、600万、1頭、44頭、21頭
→バグ?
タケシバオー
20歳、750万、1頭、44頭、14頭
→ハツシバオー
ハンプトン系
ダテテンリュウ
18歳、400万、0頭、0頭、7頭
エルバジェ系
シーホーク
22歳、500万、3頭、34頭、8頭
→モンテプリンス、スズカシンプウ、モンテファスト
ファイントップ系
現状特に無し
テディ系
現状特に無し
ダマスカス系
現状特に無し
ダンテ系
現状特に無し
フェアウェイ系
現状特に無し
ネイティヴダンサー系
現状特に無し
エタン系
現状特に無し
レイズアネイティヴ系
現状特に無し
ロイヤルチャージャー系
スピードシンボリ
22歳、500万、0頭、0頭、7頭
ホウヨウボーイ
10歳、300万、0頭、0頭、4頭
サーゲイロード系
現状特に無し
ヘイルトゥリーズン系
パーソナリティ
18歳、200万、0頭、16頭、3頭
ナスルーラ系
テンポイント
12歳、500万、0頭、0頭、9頭
グレイソブリン系
サクラシンゲキ
8歳、300万、0頭、0頭、1頭
プリンスリーギフト系
現状特に無し
ネヴァーベンド系
現状特に無し
ボールドルーラー系
現状特に無し
ニアークティック系
現状特に無し
ノーザンダンサー系
現状特に無し
ニジンスキー系
現状特に無し
リファール系
現状特に無し


ニックス動向はありませんでした。ちなみに架空種牡馬はドクターコンフィデンス、グッドシンキング(共にミスプロ直仔)、エイシンフォロー(ラジャババ直仔)の他に国内オーエンテューダー系オギギブン(父フィリップオブスペイン)、米国リボー系アロマノヴァ(父ランザガントレット)、欧州ニジンスキー系デルタファンテン(父グリーンダンサー)といました。SHじゃないけど固定架空馬(若くとも5歳)なので、今後のリプレイ時に注意してみます。デルタ以外は重賞勝ち馬(それも複数)なのでそれなりには強いんじゃないかと。

最後に未来から引退種牡馬をチェック。上記に関係するもののみ。

ホッカイダイヤ引退!息子ホッカイペガサスの種牡馬入り待ちに。今年は30頭前後。

新種牡馬は53頭。

確立関係ではカロ産駒がコジーン等3頭、ブラグル産駒もレインボークエスト等3頭。ダンジグとヌレイエフが1頭ずつ。狙ってないリヴァーマン産駒のルション、この年確立したミルリーフ系から更に4頭、シアトルスルー産駒はスルーザドラゴン、そしてトウショウボーイは初後継、シービー。狙うか微妙なフェアリーキング。ミスプロは2頭引退もシルヴァーゴースト等3頭追加。
ボールドルーラー系ではボールドラッド産駒とダストコマンダーの孫タイキサルス(絶対架空馬って名前だ・笑)。ダストコマンダーをスペシャルで導入したら狙えるかも。


零細方面はアスコットエイト、キョウエイレア、ステートジャガー、ダイセキテイ、アップセッター、キヨヒダカ、キングハイセイコー。


チェックに5時間程かかるとは!
リスタート遠いなあ。
ハイセイコーのバグ気になるなあ。
posted by ムノー at 21:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

84年

では詳細です。まずは確立方面から確認です。
種付け料順に年齢、直仔種牡馬数、現役産駒数、今季種付け数、直仔種牡馬情報です。


84年
シアトルスルー
10歳、1600万、0頭、30頭、8頭
ダンジグ
7歳、1500万、0頭、10頭、7頭
ミスプロ
14歳、1500万、7頭、47頭、8頭
→ミスワキ
6歳、1000万、0頭、0頭、4頭
→ファピアノ
7歳、850万、0頭、0頭、7頭
→コンキスタドールシエロ
5歳、450万、0頭、0頭、3頭
→クラフティプロスペクター
5歳、350万、0頭、0頭、3頭
→ニーヴァス
4歳、250万、0頭、0頭、0頭
→スタッズブラックホーク
7歳、150万、0頭、0頭、1頭
→ストレイトストライク
7歳、50万、0頭、0頭、9頭
ニジンスキー
確立済みの為省略
ヌレイエフ
7歳、1400万、0頭、8頭、7頭
リファール
確立済みの為省略
ノーザンテースト
13歳、1300万、3頭、52頭、14頭
→アンバーシャダイ
7歳、450万、0頭、0頭、11頭
→アスワン
5歳、200万、0頭、0頭、5頭
→ファイヴダンサー
7歳、150万、0頭、0頭、6頭
ノーザンダンサー
確立済みの為省略
サーアイヴァー
19歳、1250万、3頭、23頭、5頭
ダマスカス
確立済みの為省略
ミルリーフ
16歳、1250万、4頭、38頭、9頭
→ミルジョージ
9歳、950万、0頭、30頭、11頭
→シャーリーハイツ
9歳、800万、0頭、15頭、4頭
→マグニチュード
9歳、500万、0頭、30頭、11頭
→パドスール
5歳、250万、0頭、0頭、2頭


此処までが種付け料順のベスト10(タイで11頭)、以下は狙う予定及び候補馬のみ

ブラグル
10歳、1200万、1頭、17頭、2頭
→ラナウェイグルーム
5歳、250万、0頭、0頭、4頭
ヘイロー
15歳、1150万、1頭、14頭、2頭
→サニーズヘイロー
4歳、450万、0頭、0頭、2頭
ボーイ
11歳、1100万、0頭、39頭、15頭
アロー
17歳、1050万、1頭、47頭、12頭
→リードワンダー
6歳、350万、0頭、0頭、12頭
ロベルト
15歳、1050万、7頭、9頭、5頭
→リアルシャダイ
5歳、950万、0頭、0頭、21頭
→シルヴァーホーク
5歳、800万、0頭、0頭、2頭
→クリスエス
7歳、650万、0頭、0頭、3頭
→ロベリーノ
6歳、350万、0頭、0頭、1頭
→ドンロベルト
7歳、250万、0頭、0頭、1頭
→パイラティール
9歳、200万、0頭、0頭、1頭
→トロボロ
5歳、150万、0頭、0頭、2頭

デピュティ
5歳、1050万、0頭、0頭、7頭
カロ
17歳、1000万、2頭、21頭、5頭
→カルドゥン
9歳、300万、0頭、3頭、4頭
→クリスタルパレス
10歳、250万、0頭、2頭、4頭
マルゼン
10歳、950万、0頭、37頭、15頭
セクレタリアト
14歳、850万、1頭、5頭、3頭
→セクレファスター
8歳、150万、0頭、0頭、2頭

ファピアノ
上出
インリアリティ
20歳、850万、4頭、6頭、4頭
→リローンチ
8歳、400万、0頭、3頭、4頭
→ノウンファクト
7歳、400万、0頭、3頭、9頭
→ヴァリッドアピール
12歳、200万、0頭、0頭、3頭
→ビリーヴイット
9歳、200万、0頭、1頭、3頭
ブレヴェスト
12歳、500万、0頭、24頭、5頭
ラジャババ
16歳、400万、3頭、13頭、4頭
→ロイヤルスキー
10歳、650万、0頭、22頭、8頭
→ヴェルデコレイテッド
6歳、200万、0頭、0頭、2頭
→ジェニアス
8歳、100万、0頭、0頭、2頭




続いて零細&こだわり系統情報、同様に。ただし産駒種牡馬についての詳細無し。


マッチェム系
現状特に無し
マンノウォー系
クライムカイザー
11歳、200万、0頭、0頭、3頭
トウルビヨン系
ダイタクチカラ
10歳、250万、0頭、0頭、4頭
リュティエ系
現状特に無し
パーソロン系
現状特に無し
エクリプス系
ヨドヒーロー
14歳、200万、0頭、17頭、9頭
ホッカイダイヤ
14歳、350万、0頭、27頭、5頭
ネアルコ系
タケホープ
14歳、400万、0頭、32頭、12頭
ベンドア系
ロングエース
15歳、250万、0頭、18頭、7頭
モスボロー系
ボールドアンドブレーヴ
18歳、50万、0頭、15頭、10頭
ヒンドスタン系
現状特に無し
ボワルセル系
現状特に無し
プリンスローズ系
現状特に無し
リボー系
バンブーアトラス
5歳、650万、0頭、0頭、12頭
スインフォード系
リードホーユー
4歳、250万、0頭、0頭、15頭
ブランドフォード系
現状特に無し
ヒムヤー系
現状特に無し
トムフール系
メイワパッサー
9歳、50万、0頭、7頭、10頭
ハイペリオン系
グリーングラス
11歳、400万、0頭、19頭、4頭
オリオール系
タイテエム
15歳、550万、0頭、42頭、17頭
オーエンテューダー系
ホスピタリティ
5歳、450万、0頭、0頭、10頭
カーレッド系
現状特に無し
ロックフェラ系
ハイセイコー
14歳、800万、1頭、45頭、9頭
→バグ?
タケシバオー
19歳、750万、1頭、45頭、8頭
→ハツシバオー
ハンプトン系
ダテテンリュウ
17歳、400万、0頭、0頭、9頭
エルバジェ系
シーホーク
21歳、450万、2頭、44頭、13頭
→モンテプリンス、スズカシンプウ
ファイントップ系
現状特に無し
テディ系
現状特に無し
ダマスカス系
現状特に無し
ダンテ系
現状特に無し
フェアウェイ系
現状特に無し
ネイティヴダンサー系
現状特に無し
エタン系
現状特に無し
レイズアネイティヴ系
現状特に無し
ロイヤルチャージャー系
スピードシンボリ
21歳、550万、0頭、0頭、8頭
ホウヨウボーイ
9歳、350万、0頭、0頭、8頭
サーゲイロード系
現状特に無し
ヘイルトゥリーズン系
パーソナリティ
17歳、250万、0頭、16頭、6頭
ナスルーラ系
テンポイント
11歳、550万、0頭、0頭、1頭
グレイソブリン系
ドン
18歳、400万、1頭、33頭、2頭
→サクラシンゲキ
プリンスリーギフト系
現状特に無し
ネヴァーベンド系
現状特に無し
ボールドルーラー系
現状特に無し
ニアークティック系
現状特に無し
ノーザンダンサー系
現状特に無し
ニジンスキー系
現状特に無し
リファール系
現状特に無し


ニックス動向は初年度なので無し。

最後に未来から引退種牡馬をチェック。上記に関係するもののみ。

いきなりドン引退。ゼダーンも

フォルリ、アクアク、シンザン、リマンド、ボールドリック、トムロルフ、グロースターク、イクスクルーシヴネイティヴって辺りが史実的、或いは能力的に有力かと。

直接影響が出るのはインリアリティ産駒のビリーヴイット。
後は候補に入れなかったボールドルーラー系辺りが大量に引退(ボールドビター産駒、ワットアプレジャー産駒等)。総数世界で60頭以上。

新種牡馬は44頭。

確立関係ではクリスタルグリッターズ(父ブラグル)、デヴィルズバッグ(父ヘイロー)、リアファン(父ロベルト)、スルーオゴールド、スルーピー、シアトルソング(いずれも父シアトルスルー)、マーファ(父フーリッシュプレジャー)、エイシンフォロー、ルイヴィルサミット(共に父ラジャババ)。それにミルリーフ系から3頭(ワッスル、ガルドロワイヤルとシャーリーハイツ産駒のダルシャーン)にホリスキー。で、サドラーズウェルズ。
零細方面はモンテファスト、ホクトフラッグ、エリモローラ、ハッピープログレス、オペックホース、カツラギエース、メイジタイガー、ペキンリュウエン、ビゼンニシキ。
posted by ムノー at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お休み!

突然の休日(代わりにこれから毎週土曜日出勤、代休は何回貰えるやら?)でっす。
昨夜はやり込みました。3度目のチャレンジは後回し。
ノーマルタイプ、難易度もノーマル、エディットせずに、お守りは引き継ぎも牧場無しって条件でリスタートして、開始直後は2回、後は毎年12月4週のみセーブして2010年迄進めてみました。
導入スペシャル種牡馬は取り敢えずテンポイントとクライムカイザー(こだわり)、ダテテンリュウ、リードホーユー、スピードシンボリにホウヨウボーイ(零細)、で、プリンスローズ系4頭(キョウエイプロミス、コーネルランサー、タニノムーティエ、ヒカリデュール)。
で、初期所有馬は2歳(セリ)ジョーカイラスと現役ニシノイブ(4歳)の両牝馬です。基本的に馬所有せず、サクサク進めた結果の系統動向は以下の通りです。

84年ボールド昇格
85年ミルリーフ確立
86年ミスプロ確立
91年ダンジグ確立
93年シアトル確立
94年ミスプロ昇格
96年ネアルコ滅亡
97年ヌレイ確立、モスボロー滅亡
98年サドラー確立、エクリプス滅亡
2000年サンデー確立、ベンドア滅亡
04年カーレッド、ボワルセル滅亡
06年オリオール滅亡
07年サンデー昇格
08年テディ、マッチェム滅亡
10年ダンジグ昇格


こんな感じでした。テースト未確立は予想してましたが、カロとブラグルの未確立は想定外、下手すりゃリヴァーマンかシャーペンアップ、エーピーインディ辺りも確立するかと思いましたが。
ハンプトン、ヒンドスタン、リュティエ辺りも滅亡予想してただけに意外かも。
零細保護なら無論の事、普通にプレイするだけでも支援してない系統が確立してしまう程度の揺らぎは与えているんだなあと実感。主に海外遠征で、結果的にダンジグ、シアトルの邪魔をして(5年程遅れる)その隙をついて確立してるんでしょう。


さて、次回更新からは年度別に詳細見てみます。
所有馬が晩成だっただけに?重賞4〜5勝含む12勝もしてしまいましたが、牝馬だし影響はほとんどなかった筈。

ボールドとミスプロとダンジグの分岐候補は以下の通り

ボールド
→セクレタリアト
→ラジャババ
(→シアトルスルーは確定済み)


ミスプロ
→ファピアノ
→ウッドマン(その仔→ティンバーカントリー)
→ゴーンウエスト
→フォーティーナイナー
→シーキングザゴールド
→キングマンボ



ダンジグ
→チーフズクラウン
→グリーンデザート
→ディンヒル


なるべく楽そうなのを選びたいところ。
posted by ムノー at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

取り敢えず

最初の10年、Aモードならほぼ確定なんだよね、確立予定。
達成できるかは腕と運とエディ次第だけど、種牡馬引退がほぼ決まっている以上、そして1年1頭ってルールから自ずから決まるってもんです。
88ロベルト、89カロ、90ブラグル、91ヘイロー。
ブラグルとヘイローは入れ代わるかもだけど、両方取るならこのタイミングしかないと。
他の馬は当然、前後に割り振るしかありません。
俺的にはアロー狙いがほぼ決まりですが、92で間に合ったかなあ。後継の年齢からすると87迄ってのはキツいからね。こーゆー所をきっちり確認しないといけません。
87迄と言えば、普通ならほぼ固定。
84ボールド昇格、85ミルリーフ、87ミスプロ。
ミスプロが86にズレる事もしばしば。また、ちょっと意識すれば86はテスコ確立です。
俺の理想はテスコ未確立でトウショウボーイとサクラユタカオー確立。ボーイが何年迄持つかも大事になってきます。92年前後だからヤバイよなあ。
物凄い贅沢を言えば、初年度のボールドを潰したい所。代わりに後のシアトルスルー以外に何かボールドから分岐させておきたいと考えてますが。
で、後はひたすら前倒しで行けたら。
つまりこんな感じです。
84ミルリーフ、85ミスプロ、86ボールドの子系統、87ロベルト、88カロ、89ブラグル、90ヘイロー、91アロー、92ボーイ。

後継種牡馬の関係で、前倒し不可能な馬もいそうですから、この辺りしっかり確認しなくちゃいけません。
この先ですが、ダンジグは早ければ90年頃、テーストもエディによっては80年代に確立する馬なんで、ぽんぽん確立するでしょう。また、手間取る様ではこの先の海外(主に米国)ダンサー分岐&日本国内御三家種牡馬の確立とバッティングしてしまいます。オリジナルな狙いとしてはブレイヴェストローマンが在るので、此処を早目に済ませておきたいってのもあります。
それと、将来的に困る(結構配合し難くてウザイ)ので、ミスプロとダンジグからは分岐を狙いたい所。こちらも候補選定が必要です。
テースト、ダンジグ、ブレヴェスト、サドラー、ヌレイエフ、シアトルスルー、ミスプロの何か(ウッドマン辺り?)、サクラユタカオー、トニービンって感じでしょうか。
サンデーは潰すくらいの勢いで弱めて、確立遅らせようと考えています。でないと他が確立しない。

後は(史実も末期、今世紀に入ってる)ストームキャット&フレンチデピュティの米国ダンサー系にダンジグから何か(出来たら2つ、ジャイアンツコーザウェイ?ディンヒル)、ブラタイ、サンデーの国内ヘイル系、そしてミスプロから2つくらい(まあフォーティーナイナーとキングマンボが有力)ってとこですが、引退時期被りそうな馬ばかりですのでそこは考えて、フォーティー→エンドスィープとか、何とかします。
架空年代に入ったらサンデー系から2つくらい(まあスペシャルとディープだろうなあ、年代的に)、トウカイテイオーを確立させたいので、史実末期からの繰り越し分と合わせるとパンパンの予定です。
もっとも、零細保護もあるので史実期間終わったら苦しいのですが。

マルゼンがいません。
ニジン親が無理っぽい(やるならカーリアンかラムタラも必要)ので諦めです。血は遺したいので、他のニジンスキー系潰します(笑)。
サドラーもほっとくと親昇格しますから、弱めておこうと考えてます。
自分の野望…日本の血で世界制覇…達成の為にリボーとかダンテとかサーゲイロードとか、海外の馬はみんな落としておくつもり。
つまり、ノーマル(エディ無し)でも欧州なんか流行血統に支配されますが、より極端な事になる様な気も。
これでサヨナラ狙い時の効果はたっぷり、リースや売却でも(自分が所有する訳じゃなくても)良い仔が産まれて、「理想の世界」が出来るかなあ?


最後に昨夜のプレイ報告。
2度目のチャレンジ、オート多用の2時間半。
やはり2016年初頭迄進めて得たデータは…。
健康A、他のサブパラ全てS、スタミナはクラシックくらいのスピードD牝馬。
あれ?活性因子に瞬発力やスタミナでもあったのか?
スピードはなんかダウンしてるくらいなんですが(笑)。爆発0に加えて危険度でダウンって事だろうけど。まさに逆噴射、「機長、止めて下さい」って感じの(古いっ、判る人いるのか)。
あとはサドラー昇格せず。ピュアスノーファームにはやはり同じ2014年、白毛誕生。母父も同じオグリ、しかし父はサウスヴィグラスに。
posted by ムノー at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする