2019年08月11日

17年分、殿堂馬保存

ドバイミレニアム
IMG_20190804_070604.jpg
ユートピア
IMG_20190808_175932.jpg
ヴァーミリアン
IMG_20190808_180014.jpg
ウォッカ
IMG_20190808_180014_1.jpg
コメンテーター
IMG_20190808_180100_1.jpg
ホッコータルマエ
IMG_20190808_180207.jpg
ハクサンムーン
IMG_20190808_180454.jpg
グランデッツァ
IMG_20190808_180454_1.jpg
カフジテイク
IMG_20190808_180652.jpg
セイウンコウセイ
IMG_20190808_180652_1.jpg

殿堂入りした年のうちに外されたセイウンコウセイら
後残りの「称号無し史実馬」はいずれも金殿堂で、この年(17年末)に殿堂入りしたファウンドと、特別に残し続けてるヤマニングローバルの2頭のみなので、18年末にはいよいよ別のカテゴリーの馬を抹消です
称号持ち史実馬を消していきますかねぇ
史実馬全滅したら称号無し架空馬ですな

2019年08月10日

確立年表(史実期間後半分)

前回は6月6日に20世紀の分(2000年まで)をまとめてます

01年
ストームキャット確立
カーレッド滅亡
グリーシャンバンナー牝系確立

02年
ミスターシービー確立
ロックフェラ滅亡
モデルスポート牝系確立

03年
サンデーサイレンス確立
ヘイルトゥリーズン昇格
ボワルセル滅亡
モスボロー滅亡

04年
グリーンデザート確立
ベンドア滅亡
シネジータ牝系確立

05年
ヤマノスキー確立
オリオール滅亡

06年
フォーティナイナー確立
ラトロエンヌ名牝昇格
マッチレスネイティヴ牝系確立

07年
デインヒル確立
ダンジグ昇格
ヤマトサクヤ牝系確立

08年
ヤマニングローバル確立
プリンスリーギフト昇格
ハイぺリオン滅亡
エルバジェ滅亡
アルトヴィスカー名牝昇格
トリプティク牝系確立

09年
エーピーインディ確立
サンデーサイレンス昇格

10年
キングマンボ確立
サドラーズウェルズ昇格
プリンスローズ滅亡
ナスルーラ滅亡
ドラゴンフレーム牝系確立

11年
ディストーテッドヒューモア確立
ストームキャット昇格
ダンテ滅亡
ダイナカール牝系確立

12年
ジャイアンツコーズウェイ確立
デインヒル昇格
ファイントップ滅亡
アートレス名牝昇格
ニッソウブラック牝系確立

13年
マチス牝系確立

14年
スターハイネス牝系確立

15年
エルプラド確立
アグネスレディ牝系確立
クリフジ(牝系)滅亡

16年
ガリレオ確立
アイカングローブ牝系確立
エスサーディ(牝系)滅亡

17年
マリンエクスプレス牝系確立


子系統確立
17年間で14系統
計画より常に遅れ気味ですが、ブライアンズタイムを断念した以外まずまず達成
2030頃迄に、エンドスウィープ、デインヒルダンサー、マスタークラフツマン、アグネスタキオン、エルコンドルパサー、キングカメハメハ、(ヤマニングローバルの架空後継種牡馬の)アシリエヤグローと立てて、ドバイミレニアムとディープインパクトが勝手に立つようだと嬉しいな、&更に先にズレ込みそうなれどサクラローレルの架空後継種牡馬と、アシリエヤグロー以外のヤマニングローバルの架空後継種牡馬の確立を目指します


親系統昇格
17年間で7系統
2系統確立で昇格したヘイルトゥリーズン(ロベルト+サンデー、リアルシャダイの分は無関係)、ダンジグ(グリーンデザート+デインヒル)、3世代確立で昇格したプリンスリーギフト(トウショウボーイ→ミスターシービー→ヤマニングローバル)
残る、サンデーサイレンス、サドラーズウェルズ、ストームキャット、デインヒルは地域12%で昇格し、世界10%での昇格はありませんでした
ロベルトの昇格を断念(リアルシャダイ+何かの2系統確立、ブライアンズタイムやグラスワンダーら)したのが心残りです
期間内に昇格しなかったトウショウボーイ(3世代確立)、ガリレオ(欧州支配率)、フォーティナイナー(2系統確立)、キングマンボ(日本支配率or2系統確立)を次の年代で目指します
勝手に(米国支配率で)昇格しがちなエーピーインディもまだ昇格していないのでするかもしれません
ヤマニングローバルの昇格(2系統確立)もなるべく早めにしたいのですが、2030年頃だとそこまで至らないでしょう
ミスターシービーの昇格は流れ次第ですが恐らくさせません


滅亡した父系
17年間で12系統の子系統が滅亡、確立したのが14系統なのでほぼ同じ数が滅んでいます
保護してなければ確立以上のペースで滅亡してたのが確実ですね
親系統はベンドア系(前の年代にザボスとネアルコ、この年代でモスボローとベンドア)、ダンテ系(元々単独で親系統)の2系統が滅亡、こちらはかなり昇格数が上回っていますが、セントサイモン系(リボーのみ)、ハンプトン系(ハンプトンのみ)、ハイぺリオン系(オーエンテューダーのみ)と、同系爆発すら狙えた系統が単独系統になってます
何気にナスルーラ系も昇格(ボールドルーラー、ネヴァーベンド、プリンスリーギフト)と滅亡(ナスルーラ)で、グレイソヴリンとブラッシンググルームの2系統なんて自体です

牝系の確立と昇格
確立14、名牝昇格3、滅亡2でした
滅亡したエスサーディは初期からの牝系、クリフジは勝手に確立して勝手に滅亡の短命でした
確立牝系の内、グリーシャンバンナーやシネジータは勝手に確立したものですが、モデルスポートやマリンエクスプレスは所属牝馬を所有し生産に使っていた時期があったので感慨深いです
スターハイネスも同じですがこれはそもそも最初から牝系扱いにしとけよっていう日本を代表する牝系の1つです
ダイナカールはゲームのシステム的に、普通に再現配合してそれなりに出走してりゃ必ず確立する牝系、むしろゲームにおける確立の定義になってるような牝系
トリプティクやニッソウブラックは自分がプレイで育てた感が強いです、イットーは定番過ぎて
ドラコンフレームは初期固定架空牝馬、アイカングローブはその母のワンダフルセイカンが初期固定繁殖牝馬で自家生産の要でした


総括
確立を阻止したゴーンウエスト、阻止したかったけど無理だったエーピーインディ、確立したかったけど断念したブライアンズタイム、予定になかったけど急遽確立を狙い間に合ったヤマノスキー、と色々ドラマがありましたが、予定通りながら無茶苦茶綱渡りだったディストーテッドヒューモアが一番の問題でしょうか
全体的にはほぼ予定通りも、遅れ気味なのを無理やり間に合わせ続けた結果、ヤマニングローバルの後継種牡馬は何一つ確立していません
繁殖入りが間に合わない世代迄、現役馬の支配率を上げる為に生産は極力避けたいですね

2019年08月09日

ゲームスタートのようなもの

2018年1月1週の状況です
(内)をつけてるものは参考としての2017年1月1週の状況です
プレイヤー馬主、通算3459勝(3362勝)、内G1は1799勝、海外G1は1209勝、現役所有馬38頭(43頭)、名声値99400、所持金3039億7779万円
プレイヤークラブ、通算3281勝(3162勝)、内G1は116勝、海外G1は1勝、現役所有馬102頭(102頭)代表馬キタサンブラック日本ダービー、名声値62548、資金215億4100万円

存続父系は親系統26、子系統56
ニックスと合わせて
親サドラーズウェルズ(分岐元ノーザンダンサー)
エルプラド→ディストーテッドヒューモア、フォーティナイナー、ヤマノスキー
ガリレオ→デインヒル、トウルビヨン、ネイティヴダンサー、リヴァーマン
サドラーズウェルズ→キングマンボ、サーゲイロード、トウルビヨン、リヴァーマン、リボー、レイズアネイティヴ
親サンデーサイレンス(分岐元ヘイルトゥリーズン)
サンデーサイレンス→ニジンスキー、ヒムヤー、ミスタープロスペクター、レイズアネイティヴ
親スインフォード
ブランドフォード→ヌレイエフ、フェアウェイ、リヴァーマン
親ストームキャット(分岐元ノーザンダンサー)
ジャイアンツコーズウェイ→ボールドルーラー、ミスターシービー、ヤマノスキー、ロイヤルスキー
ストームキャット→ボールドルーラー、ミスタープロスペクター、リヴァーマン、リボー、レイズアネイティヴ
親セントサイモン
リボー→エーピーインディ、サドラーズウェルズ、シアトルスルー、ストームキャット、ストームバード、ダンジグ、ヌレイエフ、ノーザンダンサー、ミルリーフ、ロベルト
親ダンジグ(分岐元ノーザンダンサー)
グリーンデザート→サーゲイロード、トウショウボーイ、ネイティヴダンサー、プリンスリーギフト、ボールドルーラー、ヤマノスキー、ロイヤルスキー
ダンジグ→サーゲイロード、ネイティヴダンサー、プリンスリーギフト、ボールドルーラー、リボー
親テディ
ダマスカス→ノーザンダンサー
テディ→無し
親デインヒル(分岐元ダンジグ)
デインヒル→ガリレオ、キングマンボ、サーゲイロード、ニジンスキー、ミスタープロスペクター
親トウルビヨン
トウルビヨン→ガリレオ、キングマンボ、サドラーズウェルズ、ヌレイエフ、ノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、ミルリーフ
パーソロン→ブラッシンググルーム、リアルシャダイ、リファール、ロベルト
リュティエ→トウショウボーイ、プリンスリーギフト、ミスターシービー、ミルリーフ、ヤマニングローバル
親トムフール
トムフール→無し
親ナスルーラ
グレイソヴリン→エタン
ブラッシンググルーム→パーソロン、リファール
親ニアークティック
ニアークティック→無し
親ニジンスキー(分岐元ノーザンダンサー)
ニジンスキー→キングマンボ、サンデーサイレンス、デインヒル、トウショウボーイ、ネイティヴダンサー、ヘイルトゥリーズン、リアルシャダイ、レイズアネイティヴ、ロベルト
マルゼンスキー→リアルシャダイ、レイズアネイティヴ、ロベルト
ヤマノスキー→エルプラド、グリーンデザート、サーゲイロード、ジャイアンツコーズウェイ、ディストーテッドヒューモア、トウショウボーイ、レイズアネイティヴ
親ネイティヴダンサー
エタン→グレイソヴリン
ネイティヴダンサー→ガリレオ、グリーンデザート、ダンジグ、ニジンスキー
レイズアネイティヴ→サドラーズウェルズ、サンデーサイレンス、シアトルスルー、ストームキャット、ニジンスキー、マルゼンスキー、ヤマノスキー、リヴァーマン、ロベルト
親ネヴァーベンド(分岐元ナスルーラ)
ネヴァーベンド→キングマンボ、フォーティナイナー、ミスターシービー、ミスタープロスペクター、ヤマニングローバル
ミルリーフ→トウルビヨン、リボー、リュティエ
リヴァーマン→ガリレオ、サドラーズウェルズ、ストームキャット、ストームバード、ディストーテッドヒューモア、ノーザンダンサー、フォーティナイナー、ブランドフォード、レイズアネイティヴ
親ノーザンダンサー
ストームバード→サーゲイロード、ディストーテッドヒューモア、ヘイルトゥリーズン、リヴァーマン、リボー
ヌレイエフ→トウルビヨン、ブランドフォード、リボー、ロベルト
ノーザンダンサー→エーピーインディ、ダマスカス、トウルビヨン、プリンスリーギフト、ヘイルトゥリーズン、ミスタープロスペクター、リアルシャダイ、リヴァーマン、リボー、ロベルト
リファール→サーゲイロード、パーソロン、ブラッシンググルーム、マンノウォー
親ハイぺリオン
オーエンテューダー→無し
親ハンプトン
ハンプトン→無し
親ヒムヤー
ヒムヤー→サンデーサイレンス、ヘイルトゥリーズン、リアルシャダイ、ロベルト
親フェアウェイ
フェアウェイ→ブランドフォード
親プリンスリーギフト(分岐元ナスルーラ)
トウショウボーイ→グリーンデザート、ニジンスキー、マンノウォー、ヤマノスキー、リュティエ
プリンスリーギフト→グリーンデザート、ダンジグ、ノーザンダンサー、リュティエ、ロイヤルスキー
ミスターシービー→ジャイアンツコーズウェイ、ネヴァーベンド、マンノウォー、ミスタープロスペクター、リュティエ、ロイヤルスキー
ヤマニングローバル→ネヴァーベンド、マンノウォー、ミスタープロスペクター、リアルシャダイ、リュティエ、ロイヤルスキー
親ヘイルトゥリーズン(分岐元ロイヤルチャージャー)
ヘイルトゥリーズン→ストームバード、ニジンスキー、ノーザンダンサー、ヒムヤー
リアルシャダイ→ニジンスキー、ノーザンダンサー、パーソロン、ヒムヤー、マルゼンスキー、ヤマニングローバル
ロベルト→キングマンボ、ニジンスキー、ヌレイエフ、ノーザンダンサー、パーソロン、ヒムヤー、マルゼンスキー、リボー、レイズアネイティヴ
親ボールドルーラー(分岐元ナスルーラ)
エーピーインディ→ノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、リボー
シアトルスルー→リボー、レイズアネイティヴ
ボールドルーラー→グリーンデザート、ジャイアンツコーズウェイ、ストームキャット、ダンジグ
ロイヤルスキー→グリーンデザート、ジャイアンツコーズウェイ、ディストーテッドヒューモア、フォーティナイナー、プリンスリーギフト、ミスターシービー、ヤマニングローバル
親マッチェム
マッチェム→無し
マンノウォー→サーゲイロード、トウショウボーイ、ミスターシービー、ヤマニングローバル、リファール
親ミスタープロスペクター(分岐元ネイティヴダンサー)
キングマンボ→サドラーズウェルズ、デインヒル、トウルビヨン、ニジンスキー、ネヴァーベンド、ロベルト
ディストーテッドヒューモア→エルプラド、ストームバード、ヤマノスキー、リヴァーマン、ロイヤルスキー
フォーティナイナー→エルプラド、サーゲイロード、ネヴァーベンド、リヴァーマン、ロイヤルスキー
ミスタープロスペクター→エーピーインディ、サンデーサイレンス、サーゲイロード、ストームキャット、デインヒル、トウルビヨン、ネヴァーベンド、ノーザンダンサー、ミスターシービー、ヤマニングローバル
親ロイヤルチャージャー
サーゲイロード→グリーンデザート、サドラーズウェルズ、ストームバード、ダンジグ、デインヒル、フォーティナイナー、マンノウォー、ミスタープロスペクター、ヤマノスキー、リファール
ロイヤルチャージャー→無し



2019年08月08日

ニックス情報17、18

16年末にガリレオ系確立、17年の新規ニックスはガリレオ系確立に伴う分のみ
ガリレオ系のニックス相手は、デインヒル、トウルビヨン、ネイティブダンサー、リヴァーマンの4つのみ
確立前のサドラーズウェルズ系と共通する=引き継いだと思われるのがトウルビヨンとリヴァーマン
デインヒルとネイティブダンサーが完全新規ニックス

17年末は確立なし
18年は新規ニックス無し

2019年08月07日

よっしゃラッキー!

過去に、確立確認等でオートを随時止めた時と違い
7月1週で米国フラグ
8月1週で英国フラグ
と、最短で海外牧場揃いました
いやあ、ひどい時なんて7月1週から毎週進めて9月2週にようやく米国フラグ、
10月1週(米国完成)から毎週進めて11月3週にようやく欧州(この時は仏国)フラグ→欧州は種牡馬施設間に合わず、なんてこともありましたからね
海外牧場フル拡張ってどんだけ(期間)かかったっけ?
基本(敷地)は拡大出来なかったと思ったけど
牝馬2段階拡張(5→7→10頭)に牧草2回入れ替え(可→良→優)
あとの施設は導入+拡張2回の3段階ずつ必要で、基本を拡張できないから幾つ作れるんだっけ?

posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

支配率17

16年末にガリレオ系が確立、この17年末には何も確立しないことを確認済み
エンドスウィープ系がリミットの18年になんとか間に合いそうで、間に合えば翌19年にデインヒルダンサー系が確立の見込み
エルコンドルパサー(23年リミット)系がヤバそうなので集中です
アグネスタキオン(25年リミット)、マスタークラフツマン(所有できないので引退時期不安定だが同時期)は目途が立った?


ヤマニングローバル系
09年6.4%→10年6.5%→11年6.9%→12年7.0%→13年6.8%→14年6.9%→15年5.7%→16年5.6%→17年5.8%
種牡馬15頭(増減無)、6300万円(800万増)、218頭(増減無)
微増
初期後継候補だったがSP系を失う為手離した架空馬、アシハラグロー(母トウカイローマン)が引退して、母父も架空馬(ワイルドアゲイン産駒)な馬が入れ替わり新種牡馬
「筆頭後継馬」のアシコクサイジは10年目18歳、現役産駒22頭(4増)、種付け料350万円(50万減)
仔出しが低いのみならず、晩成傾向も強い模様で少ない産駒は殆ど引退していない模様(大半はクラブ所有)


デインヒル系
欧州08年9.7%→09年10.1%→10年11.0%→11年10.9%→12年12.9%→13年13.0%→14年13.2%→15年14.0%→16年14.6%→17年14.7%
世界3.7%→3.8%→4.1%→4.2%→4.9%→4.9%→5.0%→5.4%→5.7%→6.0%
日本1.0%→0.9%→1.0%→1.1%→1.1%→?→1.2%→1.5%→2.0%→2.2%
デインヒル系種牡馬は世界で22頭(1増)
デインヒルダンサー系は7頭(1増)、4500万円(800万増)、85頭(2減)
デインヒルダンサー自身は550万円(100万減)、9頭(増減無)
マスタークラフツマン(8年目、11歳、欧州)、2100万円(400万増)、現役産駒54頭(3減)


フォーティナイナー系
日本12年3.8%→13年3.7%→14年3.7%→15年3.9%→16年4.7%→17年4.9%
エンドスウィープ系種牡馬は10頭(1増)、5150万円(900万増)、108頭(8増)
エンドスウィープ自身は200万円(50万減)、10頭(6減)
アドマイヤムーンは1500万円(400万増)、52頭(13増)
その他系種牡馬は国内に3頭(1減)、600万円(300万減)、26頭(11減)
合わせて種牡馬13頭(増減無)、5750万円(600万増)、134頭(3減)
見かけの0.2%増以上に中身が増えてます、なんせ種付け料がエンドスウィープ系=前年のフォーティナイナー系
この年の新種牡馬は強制種牡馬入りさせたブレイズエターナル(7歳150万円)


キングマンボ系
日本11年3.8%→12年4.6%→13年5.3%→14年5.6%→15年6.1%→16年6.3%→17年7.0%
エルコンドルパサー系種牡馬7頭(1増)、3300万円(600万増)、107頭(9増)
エルコンドルパサー自身は1300万円(200万増)、47頭(3減)
キングカメハメハ系種牡馬は8頭(2増)、6100万円(750万増)、90頭(21増)
キングカメハメハ自身は、2000万円(50万増)、59頭(1増)
その他系2頭(1減)、700万円(600万減)、現役産駒17頭(9減)
全て合わせて17頭(2増)、10100万円(750万増)、214頭(21増)
新種牡馬はエルコンドル系は母ウォッカの自家生産馬(6歳、650万円)、キンカメ系はクラブ経由のドゥラメンテ(5歳、650万円)と非所有だったリオンディーズ(4歳、300万円)
キンカメ系、ギリギリで立ってない感じだから、ちゃんと自己所有で活躍させてたら今頃立ってるなあ
なのにレイデオロもクラブ送りだし、もしそれで立つとしてもこの先確立ラッシュで重なって阻止濃厚


サンデーサイレンス系
04年7.5%→05年8.6%→06年10.0%→07年10.9%→08年12.5%→09年13.6%→10年14.6%→11年15.1%→12年16.2%→13年17.6%→14年17.7%→15年18.1%→16年18.2%→17年17.6%
サンデー系種牡馬36頭(4減)
アグネスタキオン系は8頭(1増)、7000万円(600万増)、125頭(32増)
アグネスタキオン自身は2050万円(200万減)、31頭(4減)
確立近そうなところまで来てますが


サドラーズウェルズ系
世界04年4.0%→05年4.3%→06年4.3%→07年5.3%→08年5.7%→09年5.8%→10年6.4%→11年6.7%→12年6.8%→13年7.5%→14年8.1%→15年9.0%→16年6.4%+エルプラド系2.5%→17年3.8%+ガリレオ系2.3%+エルプラド系2.9%
日本2.2%→2.7%→2.7%→2.9%→3.0%→3.8%→3.9%→4.1%→4.5%→4.9%→5.9%→7.2%→2.5%+エルプラド系4.3%→1.2%+ガリレオ系1.3%+エルプラド系4.4%
欧州9.6%→9.0%→8.4%→10.4%→11.3%→10.9%→12.7%→13.3%→12.9%→14.2%→14.8%→15.3%→15.5%+エルプラド系0.0%→9.7%+ガリレオ系5.2%+エルプラド系0.7%
エルプラド系は15年末に確立済みなんで省略
ガリレオ系が16年末に確立
ガリレオ系は10頭(増減無)、6700万円(450万減)、130頭(4増)
ガリレオ自身は1550万円(200万増)、68頭(8増)
横ばいってか多分微減ですが世界2%で確立です
残されたサドラー系は12頭(2減)
来年からはガリレオ系親昇格に向けて追います
生産は、後継種牡馬確保目当ての最低限しかしませんが(余裕がないので)

2019年08月05日

史実と架空の狭間で

2017年、プレイが中々進みません
やっているソフトがウイニングポスト8-2017(switch版)なので、基本的には2016年のレース(有馬記念、ホープフルS、東京大賞典ら)までしか史実は反映されておらず、17年にデビューする2歳馬はサードステージらの架空馬となります
switch版は他ハードとは異なり、この2017がシリーズ初作品ということもあり、発売日が約半年遅かったので、主に3歳世代にエネイブルら一部追加された史実馬もいますが(現実のエネイブルの怪物振りは予想外だったようで、普通に強い牝馬レベルで、現実と比べればはるかに弱い)、17年は実質的に架空史です
まあ、モードAでやってる訳じゃないので16年までも架空史でしたけどね

で、そんな17年は海外牧場開設イベントがありますし、当然イベントをこなして欧米に牧場を持つ予定
海外牧場を持つ以上、年末処理で海外に送る分の牝馬は事前に確保しておかなくてはいけません、その分足りなくなる国内用牝馬は18年早々に庭先で揃えるとして

ってな感じで、17年は簡単にオートでスッ飛ばす訳にも行かずスローな展開なのです

確立の方は史実馬は以下の感じ
エンドスウィープ系 この年(17年)の年末処理を間違えなければ、18年の年末に確立
デインヒルダンサー系 エンドスウィープに待たされるぐらいの勢いなので19年迄に確立
マスタークラフツマン系 現役馬の活躍次第で最短20年に確立、多少活躍しなくとも種牡馬を欧州に送っていけばじきに確立するので生産はもう大丈夫そう
エルコンドルパサー系&アグネスタキオン系 現役馬(現時点での幼駒を含む)の活躍と種牡馬入りのタイミング次第じゃ、両方ともリミットまでには確立するがかなり際どいのでもうちょい支援=生産必要
ドバイミレニアム系 所有しなかったドバヴィが引退してしまい、恐らく確立しないし、してもドバヴィが確立できない以上あまり意味がない
ディープインパクト系 キズナと2頭だけ所有してるが、このままでは多分確立しない、支援する気なし
キングカメハメハ系 めぼしい後継馬は大半がクラブ経由ながら所有して寿命延ばしているが、恐らく支援しないと確立しない、支援すべきか勘考中
ガリレオ系 16年末に確立するも、後継種牡馬を所有していないことでもあり昇格支援の生産を予定

架空馬の確立は
ヤマニングローバル系 確立予定のアシコクサイジは間に合いそうにないので、より若い馬に切り替えて2030頃の確立を目指す
アシコクサイジ産駒に有力馬がいれば、更にその次の確立を目指す
アメリカ牧場は当面、サヨナラ配合を主として他のグローバル直仔種牡馬の後継馬作りを目指す(ノーザンダンサー系で例えると、ストームバード確立しないでストームキャット確立するような感じ)
サーゲイロード系 とりあえず(可能ならサヨナラ配合で)メガスターダムの後継馬を作り、その後必要であれば後継馬を日本で確立
ブラッシンググルーム系 現在現役馬or幼駒の「サクラローレル後継候補」から1頭を選び、選んだ馬を日本で確立
その他 現在確立中のエルコンドルやタキオンの産駒から、勢い余って父のついでに確立、な馬が現れるかもしれないし、ニアークディック系やロイヤルスキー系を保護(後継作り)した時に良い仔が出たら確立するかもしれない、基本的には日本で

海外牧場は当面(10年ぐらい)は
欧州 マスタークラフツマン系確立、なんなら昇格と、ガリレオ系昇格狙い
米国 日本から持ち込んだヤマニングローバル系種牡馬のサヨナラ配合狙い
で使いながら施設を整備し、その後は
・若い、(元を含む)ヤマニングローバル系種牡馬を持ち込んで確立、可能なら昇格
・他地域で確立させた元ヤマニングローバル系種牡馬を移動させてサヨナラ配合
かなあ
目安としては10年ぐらいのスパンで
日本で2系統(グローバル系の分派1、それ以外の系統(サクラローレル後継等)1)、欧米のどちらかで1(グローバル系の分派)、の3系統確立のペースで

posted by ムノー at 23:00| Comment(0) | 自分用メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

16年分、殿堂馬保存

16年の年末処理の分から、遂に金殿堂の称号無し史実馬を抹消開始
うーん、下手すりゃ17年、遅くとも19年には次のカテゴリを抹消になるけど
「称号持ち史実馬(銅→金)」、「称号無し架空馬(銅→金)」
どっちからかなあ
やっぱり史実馬から消すか

ブラックスキー
IMG_20190804_070237.jpg

ナシュワン
IMG_20190804_070320_1.jpg

シャコーグレイド
IMG_20190804_070320.jpg

シーキングザパール
IMG_20190804_070425.jpg

エルコンドルパサー
IMG_20190804_070538.jpg


例外として称号なくてもヤマニングローバルは残してますが
称号持ち史実馬消したら消そう、2020年代中に消える?

2019年08月03日

支配率16

15年末にエルプラド系が確立、この16年末にガリレオ系が確立するのを確認済み
エンドスウィープ系がリミットの18年に間に合うか、間に合わなければ18年、間に合えば19年にデインヒルダンサー系が確立の見込みの為、生産はエルコンドルパサー(23年リミット)、アグネスタキオン(25年リミット)、マスタークラフツマン(所有できないので引退時期不安定だが同時期)に集中です



ヤマニングローバル系
09年6.4%→10年6.5%→11年6.9%→12年7.0%→13年6.8%→14年6.9%→15年5.7%→16年5.6%
種牡馬15頭(増減無)、5500万円(300万減)、218頭(4増)
微減
「筆頭後継馬」のアシコクサイジは9年目17歳、現役産駒18頭(4増)、種付け料400万円(50万減)


デインヒル系
欧州08年9.7%→09年10.1%→10年11.0%→11年10.9%→12年12.9%→13年13.0%→14年13.2%→15年14.0%→16年14.6%
世界3.7%→3.8%→4.1%→4.2%→4.9%→4.9%→5.0%→5.4%→5.7%
日本1.0%→0.9%→1.0%→1.1%→1.1%→?→1.2%→1.5%→2.0%
デインヒル系種牡馬は世界で21頭(2増)
デインヒルダンサー系は6頭(2増)、3700万円(1750万増)、87頭(12増)
デインヒルダンサー自身は650万円(50万増)、9頭(2増)
マスタークラフツマン(7年目、10歳、欧州)1700万円(750万増)、現役産駒57頭(8増)


フォーティナイナー系
日本12年3.8%→13年3.7%→14年3.7%→15年3.9%→16年4.7%
エンドスウィープ系種牡馬は9頭(3増)、4250万円(2350万増)、100頭(12増)
エンドスウィープ自身は250万円(100万増)、16頭(1減)
アドマイヤムーンは1100万円(250万増)、39頭(7増)
その他系種牡馬は国内に4頭(1減)、900万円(200万減)、37頭(13減)
合わせて種牡馬13頭(2増)、5150万円(2150万増)、137頭(1減)
大きく近づきました
この年の新種牡馬は勝ちまくってたハクサンムーン(7歳1500万円)、全然駄目だが強制種牡馬入りさせたフミノムーン(4歳100万円)、クラブに送ってたエンドスウィープ産駒の架空馬(4歳300万円、CBC賞ら重賞3勝、11戦8勝)
オートで立った例を初めて見て、6.3%、種牡馬数16/19からでした、クラブからもう1頭種牡馬入りしてくれました


キングマンボ系
日本11年3.8%→12年4.6%→13年5.3%→14年5.6%→15年6.1%→16年6.3%
エルコンドルパサー系種牡馬6頭(増減無)、2700万円(250万減)、98頭(14増)
エルコンドルパサー自身は1100万円(50万減)、50頭(6増)
キングカメハメハ系種牡馬は6頭(1増)、5350万円(250万増)、69頭(8増)
キングカメハメハ自身は、1950万円(増減無)、58頭(3減)
その他系3頭(増減無)、1300万円(300万減)、現役産駒26頭(10増)
全て合わせて15頭(1増)、9350万円(300万減)、193頭(32増)
キンカメ系の新種牡馬は史実馬、所有してたコディーノ(6)が250万円


サンデーサイレンス系
04年7.5%→05年8.6%→06年10.0%→07年10.9%→08年12.5%→09年13.6%→10年14.6%→11年15.1%→12年16.2%→13年17.6%→14年17.7%→15年18.1%→16年18.2%
サンデー系種牡馬40頭(1増)
アグネスタキオン系は7頭(増減無)、6400万円(600万減)、93頭(21増)
アグネスタキオン自身は2250万円(150万減)、35頭(6減)
確立近そうなところまで来てますが


サドラーズウェルズ系
世界04年4.0%→05年4.3%→06年4.3%→07年5.3%→08年5.7%→09年5.8%→10年6.4%→11年6.7%→12年6.8%→13年7.5%→14年8.1%→15年9.0%→16年6.4%+エルプラド系2.5%
日本2.2%→2.7%→2.7%→2.9%→3.0%→3.8%→3.9%→4.1%→4.5%→4.9%→5.9%→7.2%→2.5%+エルプラド系4.3%
欧州9.6%→9.0%→8.4%→10.4%→11.3%→10.9%→12.7%→13.3%→12.9%→14.2%→14.8%→15.3%→15.5%+エルプラド系0.0%
エルプラド系確立
エルプラド系は世界で15頭(増減無)、10800万円(2150万減)、77頭(11減)
エルプラド自身は引退、前年950万円、8頭
入れ替わりの新種牡馬はクラブに預けてたエルプラド直仔の架空馬(5歳、300万円、NHKMC勝ちを含む18戦3勝馬)

世界でエルプラド系を除くサドラー系種牡馬24頭(増減無)
ガリレオ系は10頭(1増)、7150万(850万増)、126頭(増)
ガリレオ自身は1350万円(50万増)、60頭(4増)
これで世界2%あるんだなあ

2019年08月02日

15年分、殿堂馬保存

この年は4頭
マイネルマックス
IMG_20190801_073145.jpg
アグネスタキオン
IMG_20190801_073145_1.jpg
ファニーサイド
IMG_20190801_073313.jpg
ロードカナロア
IMG_20190801_073403.jpg

いよいよ「称号無しの史実馬」は銅に続き銀も削除済みに
金殿堂を削っていくしかないか
で、それも削りきったら
「称号有り史実馬」に行くか、「称号無し架空馬」に行くか